カテゴリ:小話( 51 )

内股は可愛いの?欧人が不思議がる日本女子歩き方傾向★歩き方と靴を見直そう!★


e0084001_08375374.jpg
 日本に来日する外国人の多くに(特にヨーロッパ系)、「なんで日本人は、特に女性は内股でチョコチョコ変な風に歩くの?」と聞かれることは以前
ブログで書いた通りなんですが、それが、先日出張先のドイツでも以前日本旅行をしたことのあるタクシー運転手さんに
「なんか日本人って足とか歩き方に特徴があると言うか、変だよね。それは日本で一番気になった。ははは~」
指摘されました。私が靴と足&ドイツフットケアの通訳者として研修を主催しているなんて一言も言っていないのに。苦笑

 よ~くシュミレーションして考えても、内股で歩幅が均等に綺麗にまっすぐ歩けると思いますか?
歩幅は短くなり、不安定で、しっかりと真っ直ぐ歩けません。歩行に必要な筋肉も均等に使われなくなります。

 内股で歩くことによる膝関節・股関節への負担がどれだけ大きいか、将来姿勢や歩行にどれだけ影響するかは、医学的に研究結果としての
統計が出ています。ですからドイツでは出生後健診で股関節の角度を全ての子供が超音波で検査されて、角度以上が認められば、立位になる前に
カエルちゃんの開脚の様な矯正パンツを保険適用で着用となります。

 日本は脱ぎ履きが多い文化だから、草履文化だからと言葉をよく耳にしますが、もう床で靴で生活するようになって何年たつのでしょう。
そして、日本には独特の「上履き」と言う学校指定靴の文化・または制度があります。
ドイツでは特に第二次世界大戦の反省から、学校などの公的機関から指定として半強制的に同じものを着用する、
皆が同じものを購入しなくてはならないと言う事は法律で禁止されていますし、当たり前のこととして有り得ません。
特に足を痛めるような固定性も保護性もなく、歩行をきちんと促してくれないようなバレーシューズのタイプの物、
固すぎる女子高生の通学用指定靴、学校内がお手洗い用のサンダル、またはプラスティック製・来客用スリッパを校内の上履きとする・・・等々、
この様な物はドイツまたはヨーロッパにはまずなく、皆が自分に合った靴を自由に選び、室内靴と外靴を使い分けています。

そしてドイツが世界統計で見ても世界一、一人当たりの平均靴所有数が多いのは、
快適に、そしてその場所に場所に合った靴をきちんと選択して着用すると言った
文化がしっかりと根付いているからでしょう。
 
 しっかりとした脚軸に大切な、幼児健診での股関節超音波チェックを日本が必須項目としてないのなら、
せめて後天的にそうならない様な歩き方と靴の履き方、ここからの啓蒙が大事だと
ドイツ整形外科靴マイスターなどの専門者は口々に言います。

 ドイツでは、自分で歯を磨かせるように、親が子にきちんと靴の脱着と紐結びを教えて幼稚園に入園させるのが一般的。
日本も段々にそうなり、踵をちゃんと収めて、きちんと紐を締める(または折り返しのマジックできちんと足の真ん中を固定する)
履き方が出来る様に日々、通訳M、最近は石垣島や沖縄でも講演会等で奮闘しています^^

 各地で皆さんとお会いできる日が来ますように!


e0084001_13195582.jpg
http://feetback.jp ㈱フィートバック

http://jagss.jp 日独小児靴学研究会
 
人気blogランキング>へ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!

[PR]
by aoyadom | 2018-05-04 10:58 | 小話

日本の常識、ドイツの非常識

皆さん、お元気ですか?

またまたこのお題で考えさせられる事が起こってしまい、ドイツ人相方が憤慨しております。苦笑
レストランなのにピザを手で食べるとか、そんな可愛いことではありません!🤣

まぁ、日本の常識と言ってしまうと、違うよと言われそうですが、なぜか良く日本各地で遭遇するのは、

≪公共で唐突に爪切りでパチパチ爪を切り出す人≫

ドイツ人相方は、20年前に来日した直後に池袋のハンバーガーショップで遭遇して言葉を失い、私と一緒になってからは、石垣行国内線の機内で彼氏の鼻毛を切るカップルが隣席、機内で爪切りは良く遭遇。

今日は、物凄い揺れの船内で、急にパチパチ爪を切り出すおっさんに遭遇。

ドイツではまず見かけないし、衛生的にも許されないでしょう。そして爪ヤスリ・ファイルを持ち歩くことはあっても、爪切りはお風呂場や洗面所に置いてあるもので、持ち歩かないとのこと。

いやいや、これは見ていて気持ちのよいものではないし、切った爪が自分の方に飛んできて目などに刺さったりしたら本当に危ない。
他人の爪が自分の目に実際に刺さった方を知っています。

皆さん、見かけたら止めて貰いましょう!

次の日本の常識、ドイツの非常識シリーズは、幼稚園や小学校ではかれている、日本独特の習慣靴、≪上履き≫についてです。これも、ドイツでは絶対に有り得ません。この話は長くなりますから、また(*^^*)

日本の上履き勝手に滅亡運動推進委員長
通訳M


[PR]
by aoyadom | 2018-03-31 14:38 | 小話

ブロンドのおじさんは何人な訳??

  

我が家の靴工房で雷が怖くて動かなくなっているリリーです。
e0084001_15382241.jpg
 このリリーをスムーズに散歩したくてたまらない近所の女の子5歳と先日お散歩に。

 「何か習いごとしていいって言われたら何を習ってみたい?」ってお散歩途中で聞いたら、

 「幼稚園で歌う英語の歌や英語を聞くのが楽しいから、英語を習ってみたい!」

 「そっか~、英語を習って、英語でどうしたいの?」と聞いたら、「外国の人と英語で話してみたいの。」と言うのですよ。

 「あのさ、OOさんって(うちのドイツ人相方を○○さんとちゃんとさん付けで呼ぶ5歳女児)って外国人でドイツ人なんだよ。英語も話せるよ。」って言ったら、
スンゴクきょとんとしているのです。
「え?ふ~ん、そうなの?」って本当に分かっていない模様。外国から来た人って言う意識がないみたい。


 なんだか、彼女の中ではちょっと日本語が下手だけど自分たちレベルで話せるブロンドのおじさんが
いつの間にかずっと通訳Mと隣に住んでたって感じみたいで、
外国人とかドイツ語または英語を話す人って意識がないみたいなのです。

 こういう風に、移民国家のドイツや他国は人種差別などはあまり無く、
小さい頃から様々な国の人と自然に共存しているんだな(ベルリンとか特に)
としみじみ思ったわけで、そして子供の純粋な色眼鏡の無さに笑いと静かな感動なお散歩でした^^

 そして、常磐線にはやはりまだホームの待合所で延々と歯磨きをする歯磨きおばさんがいました・・・

 通訳M

  人気blogランキング>へ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 

 

[PR]
by aoyadom | 2018-01-18 15:54 | 小話

焼き鳥とケビン

  なぜか、チェーン店とか大型ショッピングモールが苦手な通訳Mです。
食でも洋服でも雑貨でも個人店でこじんまりしている所が大好き。
なので、ショッピングモールと言うものにはほとんど行かず、年に数回佐野か阿見のアウトレットに行くくらい。

そんな先入観で近所のチェーン系焼き鳥屋さん(大吉)も入ったことがなかったのですが、
「歩いて帰れるし、人も多いし、入ってみようよ!」とドイツ人主人に何度も言われ、数年前に入って以来、
よく足を運ぶようになりました。と言うのも、大吉はお店によって大分仕込み方法やメニューなども違い、
こちらは冷凍ものは一切ないのです。焼きおにぎりもきちんとジャーから熱々の手握りでほくほくの焼き焼き。
カウンターを全てドイツ人で埋め尽くしたこともあるくらい、海外からのゲストにも好評です^^

 こちらの大吉は家族経営で、全てうちの主人が製作したマイスターインソール(整形外科的に足部を診断してその人の足と靴に合った中敷き)を
履いてくれていて、中敷きがないと立ち仕事がつらいともう数年来のご愛用^^

 で、いつもの様に主人と仕事終わりにぐったりしながら飲んでいたのですよ。大吉でしか飲めない
山崎の仕込み水割を。これは実は知られたくない銘酒で、なんと山崎シェリーカスクが入っているブレンドなのにお店で1本700円弱で飲めちゃう!
しかも大吉のみの非売品。昔はローソンで限定発売してたんだけど、マッサンブームから本当に安くて素晴らしいジャパニーズウィスキーが入手困難になりました。泣 
711とかでもミニボトルの良いウィスキーが1000円以下で昔は買えたのですよ~~ホテルでちびちび用に重宝してたのに・・・または海外のお土産にもね^^

 サントリーが大吉の大株主か、経営権を創業者から買ったのか、最近サントリーとの限定コラボが非常に良い大吉で、とにかくまろやかで、飲みやすい。
お料理の邪魔もしません。仕込み水で既に割ってあるから、ロックで。1本で2~3倍飲めちゃうお得感も素晴らしい!

 
e0084001_15124993.jpg
 そんな中、お隣には先輩後輩と思われる女性お二人が座って、「ウィスキー飲む女性ってかっこいいね!うちらもああならなくちゃ!」とか
チラチラと私達夫婦が気になっている模様で楽しく飲まれていました。笑

 そうしたら喫煙に出かけた後輩ちゃんと、トイレに出かけたドイツ人相方が席を立って、カウンターには私と先輩女性が残り。
「話しかけてもいいですか?」とその女性。お店の方も「通訳Mさん夫婦と同じでだいぶうちの常連さんなんです。」と間を取り持って紹介してくれて。

 「もしかしてご主人、ビーグルみたいな可愛い犬を連れて毎朝早朝に駅裏の田圃道をお散歩していませんか?」と。

 「そうですよ、捨て犬だった犬で雑種なんですけど、ビーグルの血は入っているみたいで。主人だと思います^^」

と答えると、「ビーグルのわんちゃんも可愛いし、旦那様も優しそうで素敵で、私の中で旦那様をケビンと勝手に名付けて、あ!おはよう!ケビン!って
毎朝心の中で挨拶していたので、ここ大吉で憧れのケビンに会えるなんてびっくりして!ケビンだ、ケビンだ!とさっきから友達に小声で言ってたんです!」と。爆!

 お手洗いから帰って来た相方に話したら、爆笑しつつ、アンチ亜米利加な独逸人は、「ケビンなんてアメリカ人みたいな名前じゃないからね、
僕は○○だよ~」と自己紹介していました。

 まあ、ブロンドで毎朝犬連れて歩いているのは相方くらいですから、目立つんでしょうね。
地区の班長になっているし、悪いことは出来ません!頑張れドイツ人班長!

 通訳M

  人気blogランキング>へ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 


第2回プラチナブロガーコンテスト









[PR]
by aoyadom | 2018-01-16 08:00 | 小話

残念な残念な日本文化の持ち込み~ドイツ編~



先日、出張のついでにドイツ人主人とフィレンツエに数日寄れて

靴屋さんに入った時のこと。


私と主人(ドイツ人整形外科靴マイスター)の靴を見て、ニコッと笑って

変なしつこい接客もしてこないし、サイズはさくさく出してくれるし、さっと靴べらもさりげなく渡してくれる。


主人はもちろん自分で作ったワンピース(1枚皮)の完全手縫いのフルオーダーシューズ、私は本革黄緑のちょっと

珍しいカジュアルコンフォートシューズに中敷きなどは完全オーダーで主人制作の医療足底板(独アインラーゲン)。


e0084001_15182898.jpg


足元をまず最初にさっと見られるのはドイツとイタリアに共通している事。ここで接客や印象が本当に変わってきます。


しかし、しかし、真逆の事がドイツまで伝わっている逆転現象。2006年のある方の当時の記事ですが、

通訳者としてのキャリア生かしてドイツに赴任向けの人に某航空会社のアカデミーで生活する上での

文化的事情などをセミナーしてくれないかと頼まれたことがあって、諸事情でお断りしてしまったのだけれど、

お受けすればよかったと後悔した記事。


日本の一番良くないタイプの上履きが、

「ドイツには無いし、日本人の子供にはあっているからと先輩赴任者のアドバイスもあるし、

うちの子は甲高幅広の典型的な日本人足だからドイツの子供靴は会わないし、上履きを買い溜めして帰国する!」という・・・


で、ドイツの子供靴は固いし重いし細い!と嘆いてらっしゃる。それがどういう理由でそういう構造なのか、

履かれているか、きちんとフィッティングして貰ったのか、幅やお子さんの足の形状が気になるなら、

専門者にきちんと見て貰ったり足部診断を受けたり、WMS規格の他のものなども試さなかったのか。

海外日本人ママたちが、W字開脚の御姫様座りをドイツでも疑問を持たずにさせていたり、

やわらかい靴を日本で買って帰国するなど、その足靴意識に驚くことが多いです。


やはり日本全体の靴に対する意識と知識が変わらないと、

靴文化と足を守る医療的連携が進んでいる素晴らしい環境にいても何も変わらない残念な例。↓

https://blogs.yahoo.co.jp/kankan0928jp/8907646.html


[PR]
by aoyadom | 2017-11-16 15:18 | 小話

日独ホテル文化論その2 ~5つ星に限りなく近い4つ星を選ぼう!~

 皆さんは海外でホテルを選ばれる時、またはこちらから予約をしていく時、
何を基準にして選びますか?

  通訳Mは仕事上、コーディネートも業務の一環としている時もありますから、
その経験から、特にドイツ・ヨーロッパですと、ホテル選びと予約も
事前にお願いされることもしばしばです。

  私はまず、その時の換算レートから、お客様が訪れる都市の大体のHOTEL相場を割り出し、
まずは相場をお伝えしたうえで、1部屋当たりの予算を伺い、
お客様に予約の際の優先順位もお伺いします。
この優先順位は、つまりは私も非常にHOTEL選びの際にチェックしているポイントです。

 1.立地と周囲の治安(交通の便が良い市内中心部を選択するか、少し市内から離れても静かで治安のよい所か)
 *交通の便が良い=治安が良いとも限らないので、ここは要注意。
市の中心部から少し離れていても地下鉄やバスなどで容易にアクセス出来る環境なら、
ちょっと安めで豪華なホテルに泊まれる可能性大です^^

 
e0084001_22251099.jpg

 2.シャワーだけでよいか、湯船も必要か
 *日本人的にはロングフライトの後は、足を伸ばしてゆっくり湯船に浸かりたいもの。
湯船付は欧米では事前にきちんと確認して更にリクエストしないと、
湯船付のお部屋ゲットは難しいです。立ちシャワープラス湯船なんて
豪華な水回りだと完璧ですよね^^

  
e0084001_22233274.jpg


 3.朝食は必要か、否か。
 *ドイツ人ほどヨーロッパの国々の中で朝食を、一日の始まりを大事にする民族はありません。
ホテルの朝食を他国と比べてみれば一目瞭然。
イタリアが甘いパンにマキアート位で済ませるのに対し、
ドイツのホテルでは朝からパン・ハムまたはソーセージなど肉類・チーズ・卵・果物・
ちょっとした生野菜・ジュース・温かい飲み物とフルでサーブされます。
ドイツの場合、朝食の質が、すなわちホテルの顔と言っても過言ではありません。その位ドイツ人は
朝食を大事にし、ホテルの朝食内容を見ています。


e0084001_1644224.jpg

  
  
e0084001_1656683.jpg

 
 4.フィットネス施設やサウナ・プールは必要か、否か。
 *冬期が長く寒いドイツはサウナ文化が発達しています。フィットネスやプールで
体を動かしたり、サウナで汗を流すことは時差ボケ解消に一番効果的。
ロングフライト後のサウナやプールは浮腫んだ脚をすっきりさせ、快眠を約束してくれますし、
時差ボケで早起きしてしまった時にも
朝食前にサクッと体を動かせるって気持ち良いですよね。

e0084001_2221314.jpg


 5.WIFIなどネットを利用するか。
 *ヨーロッパでは大抵のお手頃3つ星がWIFI無料接続に対し、
4,5星になると有料接続の所が多いのです。

この5つを全て満たしたい時、例えば、立地が市内中心部、豪華朝食付き、フィットネス施設有り、
バスタブ有、WIFI無料、それはやはり4~5つ星、
パリやロンドンだと2万円台中盤~3万円位になるでしょう。

  しかし、予約のコツさえつかめば大丈夫。

  ホテルの直営サイトからの~日前予約だとネット・朝食無料などの特典も結構あり、
大手のホテルディスカウントサイトからの予約ですと、額面はお得に見えても、
朝食やネット接続で結局高くついたり、税金が別途だったり、
キャンセルポリシーが厳しかったり、色々制約もあり、
ネットでホテル直接事前予約が意外とお得だったりする場合もあるのです。
予算からホテルを割り出したら、大手予約サイトの幾つかとホテル直接予約と
必ず比べてみて下さいね。


 現在は円安で1ユーロ140円弱ですから、1万円で約70ユーロ。日本からの旅行は割高ですね。
ドイツでは大都市の3つ星が朝食付きでようやく予約できるかなと言う感じです。
ちょっと中心地から離れた所や地方都市なら70ユーロでも、とってもきれいで
素敵な4つ星に近い3つ星に遭遇することも多々あります。
また、1部1晩14000円位の予算があれば、フランクフルトの様な大都市の市内でも素敵なホテルは見つかります。
総じてドイツは他のヨーロッパ諸国と比べてホテルのCPが非常に良いと思いますが、3つ星の質には
開きがありますので、特にハード面が整っているか、事前にみっちりチェックしましょう。
でも、フランス・イタリア・ポルトガル・スペインの3つ星ホテルに比べたら、ドイツの3つ星ホテルは
かなり質が良く設備面でも衛生面でも整っています。

  また、ドイツでは、「ドイツ以外のヨーロッパの国々に行ったら、ホテルの星を一つ落とせ」という
位、ドイツのホテル評価の星は基準が高いです。それは、ドイツ人が水回りのお掃除など、衛生面を
徹底して管理している所以でしょう。
ドイツでも、ドイツで言う外国人経営のド田舎ペンションに泊まった時は、ドイツ基準ではなく、本当にびっくり・がっかりしたので、ドイツでも勿論、例外はあります・・・。

 ぜひぜひ皆さんも自分だけのお気に入りのホテルを海外で、ドイツで見つけて
リピートしてスタッフとも声を掛け合うような仲になってみて下さい。
ドイツ・ヨーロッパでは、自分からどこかに入る時には
(エレベーターや朝食ルーム、サウナ、レセプション、会議室、診療室などなど)
後からお邪魔しますみたいな感覚で、こんにちはと自分から声をかけることが常識。

そこから心地よいコミュニケーションが生まれることもしばしば。

 私にもいつ行っても家に帰ってくるようなホテルがいくつかあります。
出張中のホテルは非常に大事な空間であり、その部屋できちんと休めることは
出張や旅の際の非常に重要な要素です。
本当に大好きな定宿に帰って来る時は、ドイツで海外で、一番ほっとする瞬間です。

   
e0084001_16383923.jpg

  (こちらの写真もBerlinの定宿、VILLA KASTANIAの地下温水プールです^^)

   
  人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!

[PR]
by aoyadom | 2014-09-13 16:34 | 小話

通訳M独論・日独ホテル文化論その1 日本的ツインの呪縛

 
  人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!


 最近、年齢を重ねたせいか、どんどん吉本的な古典的笑いに弱くなってきた
通訳Mです。

 先日も朝から酔っぱらっているであろうオッサンが、自転車で近所の坂道を軽快に
走り過ぎ、そのまま見事沼地に突っ込み、真っ逆さまに自転車ごと沼地に突き刺さりました。
未だに思い出すと笑いが止まらない日独夫婦です。
もちろんお声がけしました。でも頑なに救助をお断りされ、
うちの犬までも救助のため吠え続けましたが、どうしても歩き去ってくれというリクエストでした・・・。

  頑なに拒否ではないのですが、ヨーロッパのプチホテルに行くと、
よく日本的なツイン(1部屋に2ベット)を理解してくれなくて、
何?え?何言ってるの?という事が多々起きます。

  これは、実は2人部屋=「ツイン」・「ダブル」と言うのは、ベット台数とサイズが混同している、
日本人独特の思い込み
なんです。
2台のベットの事なら英語で「twin-bedden room」と言わないと通じません。
ドイツ語でも同じ言い回しで、2台の独立したベットを2人部屋に欲しいと、ガッツリ伝えておかないと、
通常キングサイズのベット1台が2人部屋に宛がわれます。

e0084001_21462514.jpg


  同じ部屋でも布団は別々という文化を背景に、「日本人にはツイン」という考え方を広めたのは、60年代から始まったパッケージ旅行の流行で、80年代に更に拡大し、二人一室の料金でハーフツインというシステムの、誰かと同室になれば一人で参加しても割増料金にならないですよと言う、平等条件。
80年代から日本の旅行会社は「例外なくツインルーム」が常識化しました。

 しかし、海外のホテルでは、基本どんなベットサイズかを言わないと通じません。クイーンやキングなら2人部屋3人部屋ですし、日本の旅行会社が作り出した概念のまま、2人ならツインが(ベットが2台)
当たり前と考えるのは、日本的勘違い習慣

 2人で1部屋を共有するのは、通常カップル・パートナーが1部屋を共有するのであって、
ベット1台は当たり前。
欧米の常識では、ビジネスでの宿泊で1部屋を2人で使用するのは考えられませんから、
カップルとみなされたり当たり前の感覚で、2人部屋でもベット1台の部屋になるのです。

  なので、日本的感覚で友人と1部屋をシェア、ツインルームでベット2台と考えるなら、
必ずきちんと予約とチェックインの際にリクエスト・確認が必要です。

  個人手配の皆さん、特に気を付けて下さいね^^
次回も通訳Mの熱き、日独ホテル論は続きます~!

  
e0084001_12245643.jpg

(写真2枚とも私がドイツ・ベルリンで一番大好きなプチラグジュアリーホテル・VILLA KASTANIAの2ベットルーム・2枚目の写真↑が日本的なツインルーム^^笑)

  

 
[PR]
by aoyadom | 2014-09-11 12:25 | 小話

ドイツジョークとは・・・!

  よく素朴な疑問で、日本の方から「ドイツにも冗談とかジョークってあるの?」って
意外と質問される事が多いんです。

 そりゃあ、ドイツだって、もちろんありますよ~^^
どの国にも、その国とその文化、その国言語を背景とした冗談があります。

 しかし、日本が言葉遊び的な冗談が多い中、
ドイツでは冗談を言い合う時、上記で述べた2重言葉的な冗談
(布団が吹っ飛んだ、の様な)は「無い事はない」ですが、
あまり用いません。

 それに、日本の冗談は言葉の意味を多く知らないと
外国人であっては、なかなか分かりません。

 それに反して、ドイツのジョークは、例え言葉で分かっても、
文化的・政治的背景が分からないと、ジョークの根本的意味合いを
理解できない事が多いのです。

 例えば、下記のジョーク。これは比較的日本の方にも
理解できるかなあと思い、用意してみました。

 この様にドイツのジョークは一つのストーリーになっている事が多いです。

 日本でも公務員の人員削減や給料削減が議論されていますが、
ドイツでも公務員は昔から、楽して稼げる最も安全な職業と見なされ、
それが羨ましがられ、逆にけなされ、ブラックジョークの対象になる事が多いです。

 その公務員を対象にしたブラックジョークの一例。

3 Jungs unterhalten sich wer den schnellsten Vater hat.

 3人の男の子達が、誰のお父さんが一番早いかおしゃべりしていました。

Sagt der Erste:mein Vater ist Rennfahrer,der ist natuerlich am schnellsten!

 一人目の男の子が言います。僕のお父さんはレーサーだから一番早いに決まってる!

Sagt der Zweite:mein Vater ist Pilot,der ist viel schneller!

 2人目が言います。僕のお父さんはパイロットだよ、だからもっと早いよ!

Da sagt der Dritte:mein Vater ist Beamter,der ist am schnellsten!
Der hat um 4 Uhr Feierabend und ist schon um 3 Uhr zu Hause!


 そこで3人目が言います。僕のお父さんは役所勤めの公務員だけど、一番早いさ!
だって、夕方4時に仕事終わりなのに、3時には家に居るもん!


 と言う公務員を馬鹿にした辛口ブラックジョーク。分かって頂けたでしょうか?
また後日、ドイツのジョークをご紹介しますね。


  人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2013-08-12 12:10 | 小話

思い出され、考えさせられ・・・

  バリが大好きで、過去何度となく通っています。
そして、大抵お気に入りになった所を数箇所繰り返し泊まり歩いてきました。

 お気に入りのVILLAの一つのSPA.で、ペディキュアをしていた時の
ネイリストとの会話を、友人とチャットしていて急に思い出しました。


 ネイリスト 「いつも一緒にいらしてくれるパートナーの方はご主人ですか?」

 私 「そうですよ、ドイツ人です。」

 ネイリスト 「結婚してどの位ですか?」

 ここからは一通りいつもよく聞かれるような質問で、自分達は日本で仕事を通じて知り合い、
彼はもうその時には日本で就業していた事、子供はいないこと、
結婚して何年目になることなどをお話しました。

 そうすると当然の様に、「それでは、貴方は日本人なのだから、あなたがご主人の両親に
仕送りしているのですよね?」と聞くわけですよ。

 私はものの10分位の会話で、客である立場の人に
金銭的な事を聞いてくることと、質問の内容に対する答えがYESであるのが
当然であると信じて疑わないセラピストに唖然としつつ、

 「ん?何で私が仕送りするんですか?私達がドイツの義理の両親に誕生日やクリスマスに
プレゼント代わりなどにお金を貰う事はあっても、
私達、ましてや私から金銭を送金するような事はありませんよ。」

 セラピストの彼女は、ドイツが先進国で豊かな国である事もよく分からなかったのか、
とにかく女性であっても、男性であっても、日本人だったら、相手の家族に仕送りを
するのが当たり前だと思っているようでした。なので、私の答えにはかなり疑問だったようで、
苦笑しながら、顔が?だらけ。

 「どうして仕送りしないのですか?」と再度聞かれたので、

 私 「送金してと頼まれたり、必要だなと思えばやったかもしれませんが、そう言われた事も、
必要だなと感じたこともないので、私が日本から義理の両親に仕送りした事はありません。」

 そう言われても、彼女は納得したような感じではありませんでした。
かえって余計に不思議顔されて、黙られてしまう始末。

 日本はODA資金の多くを東南アジア諸国に経済・財政援助と言う
形で協力してきました。
 
 そのことやバブル時代の日本人の金銭の使い方などが、
いつの間にか日本人であれば、金銭的援助をするのは当たり前と
思われているのかもしれません。

 私の周りでも、どうしてもアジア諸国の人と付き合うと
金銭的に頼られてしまったりすることが多かったり、仕送りが前提として
条件で出されたりしてしまうという話をよく聞きますが、
大抵が日本人男性、そして相手が日本以外のアジア諸国女性の場合でした。

 あ、でも作家の岩井志麻子がタイ人男性に要求され貢いでいたなと
思い出してみたり。彼女も言っていたけど、結局は、お金を持っている人が
出して当たり前、出して貰って当たり前と言う感覚がまだ根強いのでしょう。

 しかし、お金を持っている人が全てで、それを頼ってしまうのも当たり前と
考えてしまうならば、成長はありません。これぞ援助の悪循環。
もちろん成長を妨げている環境も問題ですが、日本人が、金銭的に頼られる存在であるならば、
金銭的だけでなく、発言力もあり、しっかりと自分達の存在を示す事も大切なんじゃないかと
最近のニュースも見つつ、考えさせられた今日この頃です。

  
e0084001_13355894.jpg


  ↑ちなみに、そのペディキュアを受けたスペースの写真が出てきました~苦笑

 
 人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 

 
[PR]
by aoyadom | 2012-09-09 13:37 | 小話

ガーネットが導く縁

 
e0084001_5412081.jpg
 

 在独の日系会社でジュエリー担当だったのと、
そこから始まった宝石彫刻家たちとのお付き合いで、
私のジュエリー業界との関わりも17年近くになるのだけれど。

 石を巡る不思議な物語に出会った。
私の誕生石は1月のガーネット。

 その昔、まだ社会主義国だったチェコの友人宅に
訪れたのがきっかけで、産地であるチェコ産ガーネットを
16歳の時に購入。


 しかし、その後に知るガーネットの持つ深い意味と歴史により、
誕生石なのに、所持することを敬遠していた私。
特に人の想いが入るアンティークのガーネットは買わずにいた。

 東欧では、その血の様に濃い赤色により
昔からガーネットは「血族を繋ぐ」と言われ、
王冠などにはめられてきた。
 
 または、戦友に再び会えるとも言われ、
別れの時に贈り合ったり。

 ちょっとここでは、公開できないけれど、
知り合いの知り合いの方が
欧州で購入したカット済みアンティークのガーネットを
日本で加工して写真を撮ったら、
写真からブロンドの笑った女の子がくっきりと浮かび上がっていた。

 あまりにも笑顔で、はっきりと石に写る女の子。
ご本人は、怖がるどころか、
何かいい事がありそうと言っていたそう。

 そんなご本人、聞く所に寄ると、最近かの地での遠距離恋愛が実り
石に導かれるように、渡欧。

 私の思い込みかもしれないけれど、何だかガーネットの意味を改めて実感したのだ。

 これからは認識新たにガーネットに接してみよう。

 人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2012-02-20 05:31 | 小話

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by Mitzi
プロフィールを見る
更新通知を受け取る