思わず涙してしまった通訳・・・。

  通訳と言う仕事は、基本的に訳される方の
気持ちに入り込むことなく、言葉に忠実に訳す事が
大切だと常日頃思って仕事しています。
それは、どちらかの側の立場に流されて通訳してしまうと
必ずトラブルになったり、訳が偏って
感情的になってしまったりするからです。

 そうは思っていても一度だけ、通訳中に
お客様の方の気持ちに流されて泣いてしまった事がありました・・・。恥

 それは、日本にて、お客様である日本人女性が、
「実家にドイツ人のパートナーが両親に挨拶に来るので
食事の席に同席して通訳して欲しい」と言う依頼。

 2人は彼が仕事で来日中に偶然浅草で知り合い
遠距離恋愛を続けてきました。その間に彼が再来日したり
彼女がドイツに彼を訪ねたりがありましたが、この度
彼女がドイツの彼の元に仕事を辞めて引っ越すことに。

 そこで彼が彼女の両親に
その承諾と将来結婚するつもりである事を
彼女のご両親に直接、お話に来たのです。

 彼女は元々友達で会ったと言う訳では
なく、お客様としてお仕事を受注しましたが、
事情が事情なだけに、前もって二人が知り合ったきっかけ
などをお伺いしました。

 そして彼女の実家でご両親・ご本人達、
彼女のお兄さんご家族が集まり、
まず彼から自己紹介と、自分が彼女のことを
思う深い気持ち、是非それを理解して
彼女がドイツに来ることを了解して欲しいと
話がありました。

 彼の脇には、彼の以前のパートナーの10代の
娘さんもドイツから一緒に来日して
同席していました。

 彼の話の途中で突然その娘さんが
おいおいと泣き出してしまったのです。

 「え、反対なの??どうしちゃったの??」
と焦る私に娘さんが、「ちょっと外に出て来る」
と言って外に。

 少し時間が経って様子を見てくると
小さい手紙に何かが書かれています。
それを日本人の私のお客様に渡して欲しいと。
それから私はお父さんがやっと自分の大好きな人に
巡り合って一緒になってくれることが
本当に嬉しくて感動して泣いているから
心配しないでくれと皆に伝えてくれと言っています。

 手紙にも「不安に思うことがたくさんあるかも
しれないけど、心配せず、私達家族の一員になって。
私は、お父さんがこんなにも心から愛している
貴方と言う女性に会えてとても幸せだと分かるし、
本当に良かったと思っているの。お父さんが愛している人は
私も同じように愛せる。」

 と言う様な事が書いてありました。私は思わずその手紙を
見て涙、涙。席に戻ってきた彼女はまだ泣き止まず、
また私も貰い泣き。
後にも先にも仕事中泣いてしまったのは私もこの時だけです。

 現在、ご家族は日本人の私のお客様を新しい家族に迎えて
ドイツで一緒に暮らしています。
今でもその方とは連絡を取ったりしていますが、
本当に忘れられないお仕事となりました。

 もちろん、日本のご両親は彼の真剣な
お気持ちと彼女の一途な思いに打たれ、
理解してくれて今は応援してくれているそうです^^

 そんな事を思い出しながら、お風呂に入った
本日でした。

 写真は愛用の入浴剤!
ぴか一はクナイプの風邪用ユーカリと
WELEDAのBABY用
クリームバス!
端のニベアは液体は魅力的だけと(蜂蜜とミルク)
効果はイマイチでした・・・。

e0084001_2216433.jpg


人気blogランキングへ
気が向いたらぽちっと押して下さい^^
[PR]
トラックバックURL : https://mitzi.exblog.jp/tb/3211457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by youhaus at 2006-04-13 01:26
すごくいいお話。
読んでいて、私もウルウルしちゃいました。
こんな人生の大きな転換期に立ち会えたMitziさんも素晴らしいですし、
Mitziさんの存在があってこそ、今の皆さんの幸せな生活がある訳ですし。
以前、ある一流ホテルのコンシェルジュの方が、同じような経験をされた話を聞いたことがあります。
相手を幸せに出来るお仕事って、いいですね。
Commented by busuke at 2006-04-13 02:44 x
とても良いお話に私もウルウルです。

人の事とは言え、こういう大事な席に立ち会えたのも何かの御縁ですよね。

私もホテルの披露宴のアルバイトをしていた時、同じように泣いてしまった事あります。
新婦のばあさんが亡くなってしまった後の結婚で、親族の席にはおばあちゃんの写真と席が用意されてあって、新婦の挨拶の時に私も一緒にホロリ。印象深い披露宴でした。
Commented by jukali_k at 2006-04-13 04:37
ご自分で決められた仕事上の原則をつらぬこうとする姿勢にも感銘を受けましたが、それを超えて、お客様と心を通い合わせたエピソードには、aoyadomさんの暖かいお人柄がとっても良くあらわれてるな、と思います。
私自身は語学が得意でないのですが、必要にせまられ、通訳をした経験があります。バングラデシュの教育支援NGOの代表者から、日本の学生達へのメッセージでした。教育を受けたくても、生活のために働かなくてはならないバングラデシュの子供たちの現状とともに、日本の恵まれた環境で学ぶ若い人には「そのチャンスを活かしなさい」と訴えかける彼の話を訳しながら、途中、涙で声がつまり、話を中断させてしまいました。ディスカッションの後に、NGO代表者の方から「僕の言葉を真剣に伝えてくれてありがとう」と言われ、またまた涙・・・。
通訳としては失格だったと思いますし、今後また同じような機会があるとも思いませんが、通訳という仕事が、単に言葉を伝えるという以上の重みをもつことを身をもって知る、良い経験だったと思っています。
今後もぜひ、お仕事のお話を聞かせてくださいね!
Commented by のび太 at 2006-04-13 06:22 x
心温まるいい話です。aoyadomさんはいい出会いをされていますね。出会いを大切にしたいものです。
Commented by kana at 2006-04-13 11:42 x
涙がぽろぽろこぼれてとまりません。
Commented by mikisuke-de at 2006-04-14 06:26
通訳のお仕事というのは事務的なものばかりなのかと思っていましたが、こういう人生の局面に立ち会うこともあるのですね。その方も、aoyadomさまを信頼しているからこそ、依頼されたのでしょう。
Commented by aoyadom at 2006-04-14 18:45
youhausさん>私もこの席に同席できて
幸せでしたし、
本当に良い経験になりました。
これからもお仕事で素敵な出会いがあるといいな
と思います^^
Commented by aoyadom at 2006-04-14 18:47
busukeさん>実は2人、今日本に一時帰国中で
明日一緒にランチです^^ 
これもご縁ですよね~。
ホテルでの結婚式なども感動な人生の一場面が
覗ける素敵な職場ですよね!
Commented by aoyadom at 2006-04-14 18:49
jukaliさん>コメントありがとうございます^^
jukaliさんのお話に私も思わず目頭がじ~んと
熱くなってしまいました。素晴らしいな出会いに
感動的なお仕事だったんですね!
学ぶところが多い、素敵なエピソード
ありがとうございました!
Commented by aoyadom at 2006-04-14 18:50
のび太さん>普段の生活にしろ、仕事にしろ、
出会いは一つ一つ大切にしていきたいな~
と改めて思う今日この頃です^^
Commented by aoyadom at 2006-04-14 18:52
kanaさん>私もあの場面を思い出すと
いまだに胸が熱くなるんです。
コメントありがとうごいます!
Commented by aoyadom at 2006-04-14 18:54
mikisukeさん>よくもこんな未熟な私に依頼してくれたな~
と思いますが、自分も大変勉強になった忘れられない
お仕事で、受けることが出来て本当に幸運でした。
Commented by 田舎者 at 2006-04-14 23:39 x
まるでドラマのような話に涙しました。手紙にしたためた彼女の思いに…。
人生の物語に立ち会える仕事って大変ですが、頑張って下さい。
追伸。いまだ娘が3歳の頃初めて父親に当てた手紙をこっそり持っています。
Commented by zonnebloem at 2006-04-14 23:53
素敵なお話ですね~、じ~んとしてしまいました。
>私は、お父さんがこんなにも心から愛している貴方と言う女性に会えてとても幸せだと分かるし、本当に良かったと思っているの。お父さんが愛している人は私も同じように愛せる。

これ、すごいセリフですね!ものすごく感動しました。

あと、この間はコメント残して下さってありがとうございました!
また遊びにきますね♪
Commented by ering9 at 2006-04-15 03:53
はじめまして。素敵なお話が聞けて嬉しいです。しっかりした女の子ですね。自分の気持ちを伝えるのを涙ながらに話すとは、何ともいえない光景ですね。すごく感動しました!
Commented by aoyadom at 2006-04-15 09:44
田舎者さん>この「気持ちを手紙にする」って
MAILとは違った重みで素敵に残りますよね。
私も読ませて頂いて、一生目に焼きついて
忘れられないと思います。
娘さん、3歳の時の手紙を大切に持っているなんて素晴らしい!
Commented by aoyadom at 2006-04-15 09:48
zonnebloemさん>
こんな感動的な言葉を貰えるなんて
彼女(私のお客様)も幸せですよね^^
そしてこんなことを書ける10代の娘さんの感受性にも
感動しました。
また遊びに来てくださいね!
Commented by aoyadom at 2006-04-15 09:51
ering9さん>こちらこそ、初めましてです^^
コメントありがとうございます。
ホント、10代とは思えないしっかりした感動的な
手紙の内容ですが、
本人はいたって子供っぽいんです^^
鼻をビービーかみながらヒックヒックしゃくりあげて
泣いているし。笑
それがまた可愛かったです。
Commented by pino-white at 2006-04-15 10:57
遅ればせながら・・・じ~んとして涙うるうるです・・。
このお嬢さんのお話で・・・このお嬢さんを育てられた
方がどんなに優しい方だったのかわかりますね・・
通訳って大変なお仕事だと思いますが・・・
こういう素敵な人生のワンシーンにたちあえることも
あるから・・・すばらしいお仕事だな~って思いました^^
Commented by aoyadom at 2006-04-15 19:32
pinoさん>私もその時、
お父さんの深い愛情で
育った娘さんなんだなあ~と感じました^^
泣いている娘を優しく見守るお父さんの目も
忘れられません。
Commented by kasumix at 2006-04-15 20:57
そのような手紙には、涙してしまいますとも…
心のこもったものには人を感動させるものがあるんですわ
Commented by aoyadom at 2006-04-16 10:25
kasumixさん>手書きで心のこもった
手紙に私は本当に弱いです・・・。
Commented by kojikaism at 2006-04-17 15:15
ステキ!!!
仕事でこんな感動的なことがあるなんて、本当にうらやましい。

誰かのため、なんてなかなかしたくてもできないことだしねぇ。
Commented at 2006-04-17 15:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-04-18 13:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aoyadom at 2006-04-19 14:59
kojikaさん>ホント、誰かのために何かを
って思っていてもなかなか出来ることではないし、
やったつもりでも相手に伝わっていたかどうか
なんて分からない難しい事だと思います。
本当に素晴らしいお仕事に出会えたと出会いに
感謝。
そしてドイツ式フットケアー、大変気に入ってくれたようで
嬉しい^^
バン産商さんで売っている足のクリーム類は
あそこ限定のドイツ製でドイツでもなかなか手に入らない
医療系のものも
多いので、お買い得だし、かなり優秀です!!
私も、もちろん愛用!
by aoyadom | 2006-04-12 22:04 | 仕事 | Trackback | Comments(26)

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by Mitzi
プロフィールを見る