ブロンドのおじさんは何人な訳??

  

我が家の靴工房で雷が怖くて動かなくなっているリリーです。
e0084001_15382241.jpg
 このリリーをスムーズに散歩したくてたまらない近所の女の子5歳と先日お散歩に。

 「何か習いごとしていいって言われたら何を習ってみたい?」ってお散歩途中で聞いたら、

 「幼稚園で歌う英語の歌や英語を聞くのが楽しいから、英語を習ってみたい!」

 「そっか~、英語を習って、英語でどうしたいの?」と聞いたら、「外国の人と英語で話してみたいの。」と言うのですよ。

 「あのさ、OOさんって(うちのドイツ人相方を○○さんとちゃんとさん付けで呼ぶ5歳女児)って外国人でドイツ人なんだよ。英語も話せるよ。」って言ったら、
スンゴクきょとんとしているのです。
「え?ふ~ん、そうなの?」って本当に分かっていない模様。外国から来た人って言う意識がないみたい。


 なんだか、彼女の中ではちょっと日本語が下手だけど自分たちレベルで話せるブロンドのおじさんが
いつの間にかずっと通訳Mと隣に住んでたって感じみたいで、
外国人とかドイツ語または英語を話す人って意識がないみたいなのです。

 こういう風に、移民国家のドイツや他国は人種差別などはあまり無く、
小さい頃から様々な国の人と自然に共存しているんだな(ベルリンとか特に)
としみじみ思ったわけで、そして子供の純粋な色眼鏡の無さに笑いと静かな感動なお散歩でした^^

 そして、常磐線にはやはりまだホームの待合所で延々と歯磨きをする歯磨きおばさんがいました・・・

 通訳M

  人気blogランキング>へ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 

 

[PR]
トラックバックURL : https://mitzi.exblog.jp/tb/26644137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 源史だよ at 2018-01-19 22:26 x
お久しぶりです。
岡山の源史だよ。
Commented by aoyadom at 2018-02-09 09:32
> 源史だよさん
お久しぶりです!げんしくんと会った当時私はまだ学生で、でも日独通訳デビューをし始めた当時でした。だから、げんしくんたちのことも凄くいい経験として印象に残っています^^
by aoyadom | 2018-01-18 15:54 | 小話 | Trackback | Comments(2)

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by Mitzi
プロフィールを見る