ガーネットが導く縁

 
e0084001_5412081.jpg
 

 在独の日系会社でジュエリー担当だったのと、
そこから始まった宝石彫刻家たちとのお付き合いで、
私のジュエリー業界との関わりも17年近くになるのだけれど。

 石を巡る不思議な物語に出会った。
私の誕生石は1月のガーネット。

 その昔、まだ社会主義国だったチェコの友人宅に
訪れたのがきっかけで、産地であるチェコ産ガーネットを
16歳の時に購入。


 しかし、その後に知るガーネットの持つ深い意味と歴史により、
誕生石なのに、所持することを敬遠していた私。
特に人の想いが入るアンティークのガーネットは買わずにいた。

 東欧では、その血の様に濃い赤色により
昔からガーネットは「血族を繋ぐ」と言われ、
王冠などにはめられてきた。
 
 または、戦友に再び会えるとも言われ、
別れの時に贈り合ったり。

 ちょっとここでは、公開できないけれど、
知り合いの知り合いの方が
欧州で購入したカット済みアンティークのガーネットを
日本で加工して写真を撮ったら、
写真からブロンドの笑った女の子がくっきりと浮かび上がっていた。

 あまりにも笑顔で、はっきりと石に写る女の子。
ご本人は、怖がるどころか、
何かいい事がありそうと言っていたそう。

 そんなご本人、聞く所に寄ると、最近かの地での遠距離恋愛が実り
石に導かれるように、渡欧。

 私の思い込みかもしれないけれど、何だかガーネットの意味を改めて実感したのだ。

 これからは認識新たにガーネットに接してみよう。

 人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
トラックバックURL : https://mitzi.exblog.jp/tb/17397712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Sette at 2012-02-20 06:38 x
石も、本当に奥が深いですよね~。色々読み始めちゃうと、結構恐れ多くて躊躇しちゃいます。
私の誕生石はサファイアで、持っているのは安いパパラチアですが、日によって色の見え方が変わるかわいい子で気に入っています。
Commented by sakanatowani at 2012-02-22 06:54 x
こんにちは。コメントはご無沙汰していました。
なんだかちょっと怖いお話ですね。でも「何かいいことありそう」と感じる方には、やはりそう効くのでしょうね。
私の前世の兄というインド人男性に、数十年前にムーンストーンをもらいました。インドでも、石とその人の相性をとても大事なものだそうで、家の近所の占い師の人に見てもらって、その石が私にいいということで贈ってくれたのです。指輪になっていたのですが、ちょうど石の裏の題の部分に穴があいていて、石が常に指に触れているんです。だから相性が大切だと。
宝石にはとんと縁のない私ですが、ガーネットの話で、久しぶりにこの話を思い出しました。
Commented by aoyadom at 2012-02-27 03:38
Setteさん>私は迷信とか言い伝えとかってあまり気にしないと言うか、信じないほうなんですが、やはり石にはそれぞれ表情があって、所有者の想いも宿っていくような気がします。是非そのサファイヤちゃんを可愛がってあげてくださいね。
Commented by aoyadom at 2012-02-27 03:42
sakanatowaniさん>私もルースが手に触れているのは、守護神の役目をするからと効いた事があります。インドの人もとても石を大切にしますよね。そしてsakanaさんが言うように、その人の考え方や想いが、石と共に、良い方向に導いてくれるんだと思います。何事も気持の持ちようですよね^^
Commented by morimoto at 2012-02-27 17:47 x
aoyadomさん、こんにちは。石がついてるアクセにはついつい惹かれてしまってましたが、ガーネットにはこんな意味があるんですね。欧州の人は大きな石のついたアクセを身につけてる気がしますが、きっと誕生石とかじゃなくて先祖代々の宝石だったり、その意味を知って身につけてるんでしょうね。私も調べてから買う事にします。それにしても、笑った女の子が写っていたなんて驚きました。
Commented by aoyadom at 2012-03-06 02:35
morimotoさん>ご無沙汰しています。よくある誕生石の意味だけじゃなく、産地などで語り継がれている意味など、石によって歴史や物語は様々で面白いです。ドイツは、代々受け継がれるものは、家族・親戚などに回ったりして、滅多に売りに出さないので、マーケットに出ないので、フランスやイギリスの様に骨董市があまり充実していません。いいのがあるなと思っても、パリでの買い付け品だったり。身に着けている人は、きっと意味や歴史を理解したうえで大切に装着しているのかも^^
by aoyadom | 2012-02-20 05:31 | 小話 | Trackback | Comments(6)

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by Mitzi
プロフィールを見る