素敵なサプライズ

e0084001_16183795.jpg


以前にも書いたのだけれど、エッセイスト・戸塚真弓さんが言う様に、
「花屋の数はその国の文化度を表す」って言えてるんじゃないかなって思う。

 日本にも日本独自のお花や庭園文化など美しいものはたくさんあるのに、
お花を贈るとなると、送別会やお誕生日など特別な時に限られてしまう様な気がする。

 そして、気軽に立ち寄れて、1000~2000円位でちょっとした可愛い花束をまとめてくれるお店が
残念ながら日本には本当に少ない。
そんな中での駅中「青山フラワーマーケット」の登場は本当に嬉しかった。

 なので、私も相方もお食事やお茶に御呼ばれする機会があって、通る駅に青山~があると、
必ず小さな花束を手土産にする。

 青山~が無い頃の、うちに来るドイツ人ゲストは、必ずと言って良いほど、皆が皆、
駅中キオスクで仏花を買い求め、私への手土産に仏花菊を持ってきたっけ・・・。

 写真の可愛いひまわりは、うちに初めて来てくれた日本人男性ゲストが我が家の
ホームパーティーの手土産に持ってきてくれたもの。

 相方に駅から車で連れられて、我が家に到着した彼は、庭で出迎えた私の顔を真っ直ぐと見つめ、
「初めまして。」と一言にっこりと言うと、この元気なひまわりの花束を手渡してくれた。

 素敵なサプライズ。

 記念日などを除いては、日本人男性ゲストから貰う初めての花束。
こんな風に気軽にお花を贈れる男性って、心から素敵だなと思う。

 彼とは初対面なのに、ずっとずっと前から知っているような嬉しい出会い。
きっと、「たくさんのユーモアと知性を兼ね備えた本当に魅力的な人。」
と、長年一緒に仕事を共にしている相方から何度も聞かされていたからだろう。

 ご自身が医師と言う職業であると同時に、2度も癌を克服されて、
現在は金髪、ギター片手(笑)に、診療と執刀を行う日々。

  本当は私が励まさなくてはいけない立場なのかもしれないけれど、
何だかご病気の事より、何気ない馬鹿話ですっかり盛り上がって、
たくさん飲んでお話して、私が先生の笑顔に元気を貰った。

 このひまわりの様に。

 <人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!

 
 
[PR]
by aoyadom | 2010-09-03 16:18 | 小話

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by Mitzi
プロフィールを見る