「まさか!ここはドイツですよ!!」物語

  今回のドイツ出張でもいろいろありました。 
でも、まずは最も私の中で印象深かった話を。

 私の高校時代の恩師(日本人女性)が体験して聞かせてくれた話なのですが、
彼女が近所の激安スーパーに行った時の事です。

 そのスーパーは都市部のちょっと郊外にあって、
まずそこで日本人、いやアジア系の人に、先生は今まで10数年
殆ど会った事がなかったと言います。

 その日は、店内に入った瞬間に混雑するレジで、レジ係の女性に英語で
捲し立てているアジア人女性二人が直ぐに目に入り驚いたそうです。

 店内は騒然。先生も唖然。何とその女性二人が「日本人の方ですか?」と先生まっしぐらに
駆け寄ってきて、

 「お店に入る前に他のお店で買って来たもの(5000円相当)の袋を店内の外、入り口脇に
置いておいたら、買い物している間に盗まれたんです!
ドイツ語でお店の方に言って頂けますか?」

 と言う・・・。

 先生「お店の外に置いておいたのですか?お店の人に声を掛けるとかはなく??」
 
 日本人女性二人「だって、まさか、ここはドイツですよ!!ドイツでこんな事が起こるなんて
あり得ないじゃないですか。だから、声は掛けなかったですよ!」

 
 先生「ドイツだからと言うのではなく、日本だって同じじゃないですか?何も言わず、ただ荷物を
その辺に置いておいたら、盗まれてしまっても仕方ないんじゃないですか?」

 
 日本人女性二人「日本だったら、絶対にないです。誰もそんな事する人はいません!」

 先生「本当にそうですか?なぜそう言い切れるのですか?」

 日本人女性二人「何か大事なものか、とにかく何かが入ってて、持って行ってはいけないと
思うからです!」


 先生「それは、爆弾か劇薬が、そう言う危険物が入っていると言う事ですか?」

 日本人女性「(無言)・・・。とにかく、日本ではあり得ないです!」 
 
 何でも日本はこうだと、言い張って比較した所で、日本はどうだと声高に主張した所で、
海外と言う全く事情も文化も違う所で、一体何が変わるのでしょうか。
違う場所に立って、そこで生活、もしくは一時的にでもその土地で生きるという事は、
そこの文化や状況を受け入れ、判断しながら、その土地に馴染み、自立していくと言う事なのです。

 先生はとにかく其の二人のためにレジ係の人にドイツ語で再度伝えてあげましたが
レジ係の人にすれば、「はあ~??」ですよね。と、私は推測します・・・。

 最後に、申し訳ないけれど、お店も先生も対処するすべはないと告げて、
二人から去る前に、先生はふと思い、二人に聞きました。

 先生「お二人はご旅行でドイツに来られたのですか?」
 と聞くと、

 日本人女性二人(推定20代半ば)「いいえ!ビジネス出張です!」
 と憮然としながら、はっきりと答えたそうです・・・。

 ビジネス出張で海外、しかもヨーロッパに来る女性二人が、其の程度の認識だった事に私は
本当に驚き。

 先生は、そんな穴場の激安スーパーを見つけた二人に驚き。

 その後、先生は自分の買い物を終え、車に荷物を積んでいる最中にお店を振り向くと
お店外の入り口付近で(荷物が盗まれた付近でしょう・・・)呆然と口を開けて座り込む
二人が見えたそうです。

 合掌・・・。

 ドイツ=日本と同じ様な安全な国 神話は未だ健在なのでしょうか?

 最近、まあ、私のドイツ盗難事件もありましたが、(過去ブログ参照)
今回も実は他にも盗難事件があり、最近のドイツでの盗難・犯罪率の増加は
国内において深刻な問題になっています。

  次回は、今回も遭遇した盗難事件についてご報告します・・・。

  決してドイツだけが盗難が多いわけでも少ないわけでもなく、
海外どこに行っても、普段の生活とは違うんだと言う意識をしっかり持ち
自分の身は自分で守れと言う事でしょうね。私は本当にここ最近の出張で痛いほど
実感しております。

 
  とにかく、とにかく皆さんにとって素敵なクリスマスでありますように!

e0084001_1343214.jpg

                     (義理母の家の窓際デコレートです^^)


 


  人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
トラックバックURL : https://mitzi.exblog.jp/tb/11846694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by akberlin at 2009-12-26 14:10 x
「ドイツは日本並みに安全」神話、まだまだ健在でしたか・・・。日本とは言っても、出かける時に鍵をかけることがないようなところから来られたんでしょうかね。東京ならそんなことする人、いない(=かなり少ない)と思う・・・。
Commented by toramutti at 2009-12-26 21:33
「違う場所に立って、そこで生活、もしくは一時的にでもその土地で生きるという事は、
そこの文化や状況を受け入れ、判断しながら、その土地に馴染み、自立していくと言う事」に心から激しく賛意を表明です。
ごめんなさい、その日本女性お二人をビジネスにで外国に出すということが、そもそも危険だ、と思ってしまう私です。
もちろん、日本では、とか言いたくなること、たーくさんあります。でも、それを声高に言うのには言う方法があると思います。
先生、大迷惑で大変だったなぁ、と思いました。
Commented by チャオ at 2009-12-27 10:53 x
なんてタイミングなんでしょうか?!
昨日、私、梅田の阪神百貨店で、なんと財布をすられたところです。
残念ですけど、今回は私の不注意が招いた事態だと分かっているだけに今後の為に反省するしかありません。
現金はさほど入っていませんでしたが、クレジットカード2枚に
キャッシュカード、免許証と、面倒なものが困りますね。
この不景気の年末、おまけに週末というスリにとってとても都合のよい場面でバカな私は見事に餌食となりました。トホホ・・・・・
でも、年末で良かったと思う事にします。悪い事は今年の内に。
大晦日から寒いソウルに行ってきます。
サムギョプサルには私から宜しく伝えておきますね。(笑)
Commented by kasumix at 2009-12-28 00:30
20代女子まだまだ認識が甘いですなぁ。
日本だって近頃はうかうかしてられないってーのにね。
正座させて、こってりお説教してあげたいですな
Commented by HIGU at 2009-12-28 06:35 x
日本人にとってドイツは真面目でルールはしっかり守るお国柄という印象がずーっと根強く残っていると思います。その二人もイタリアなどのラテン系に行くのならば少しは用心したのかもしれないのですが、ドイツなら大丈夫だろうと感じてしまったのでしょうねぇ。
それにしても彼女達の認識の甘さにびっくりですね!!呆然としてしゃがみこんでる姿も、ドイツ人にとってはわけのわからない理由で怒鳴り続ける彼女達もすべて日本の「恥」に思えます。
Commented by elfarran_in at 2009-12-29 10:39
ふふふ、母も無事に10日間の旅行から
とても重たい思い出のお土産をたんまり持って
帰国しましたよ。
口を酸っぱくして言い聞かせたのが、
治安はいいけど、財布と荷物には
気を抜くなと、言い聞かせました。
さすが、綺麗好きと評判のドイツは街がゴミもなくて
美しい!!と感動の嵐な旅だったようですが
特にクリスマスマーケツトでは、財布に注意するように言い聞かせましたので何事も無く帰国いたしました。
ただ、最終日のバーデンバーデンのホテルで
荷物をロビーに放置したまま、皆が買い物に
出かけたのにはビックリした・・と申しておりました。
ホテルの方に預けるでもなく、ロビーに放置プレイ・・
いくら高級保養地とはいえ、やはり日本人って
危機管理能力が低いな、と驚きです。
何事もなくてよかったです。。。。。苦笑。
キケン度数の認識、って難しいですよね~
どんなに気をつけていてもキケンは向こうからも来るし。
注意しすぎる、と云うことはありませんよね。
それで楽しさが減ずるなんて事はないと
私は思うんですが・・・・難しいですね。
えらい事で巻き込まれた先生に同情ですw
Commented by kiri at 2009-12-30 01:50 x
安全神話、自立、阪神百貨店でのスリ、お国柄、若さ、危機管理能力…、いろいろ納得できます。私は、おととい買った自転車が昨日すでにタイヤに穴を開けられて、今日は買ったお店の老夫婦から「災難だったんだから、修理代はいらいよ」「ひどいことがあるね」と言われました。ヒドい出来事と、とても優しい自転車店の老夫婦の、両方に出会えた年の瀬でした。
Commented by クララ at 2009-12-31 00:01 x
驚きですね~
しかも ビジネス???
何のビジネスでしょうかね
日本でさえ、そんな お馬鹿な事はしませんね(笑)
しかも、海外では、手に持っているものでさえ 奪われるのに・・・
幸せな方もおられるものですね
私は、鍵をつけていた 自転車ですら 日本ですが、無くなってしまいましたよ(号泣)
Commented by minegi at 2009-12-31 22:32 x
ふ~む、平和ボケといっては言葉が悪いですが、油断しすぎといいますか・・・。先生も掛ける言葉を選ばれたのでしょうね、さぞ大変でしたでしょう。奇しくも、阪神百貨店で財布をすられたチャオさんと同じ大阪におりますが、仕事柄本を貸しております。で、その本を、『自転車の籠に入れたまま、買い物してたらなくなってた!』という類のケースが多いこと。世知辛い話ですが、安全はまず自分の心の中に種をまかないといけないのですね。
Commented by aoyadom at 2010-01-04 10:26
akberlinさん>ドイツは安全神話、まだ一部ではしっかり健在の様です。東京だったら、ホントこんな事して、取る人はいないなんて
叫ぶ人いないよねえ・・・。
Commented by aoyadom at 2010-01-04 10:30
toramuttiさん>そうなんですよ、私もどんなビジネスでどこの会社がこの2人を海外出張に経費かけて出したのか、それが不思議でたまらなく、先生に聞いたんですけど、どんなお仕事かそこまでは聞かなかったと。私も15の時に初ヨーロッパで生活をし始めた時は、いろいろ日本と比べたり愚痴ったりしていました。
でも、そんな事ばかり言っているんだったら、なぜドイツに来たのか、母国に帰国すればいいだろうと言う事なんですよね。
母国の人ばかりで集まってドイツの悪口大会になっている人達を
見ると、気持ちも分かる反面、悲しくなります。
Commented by aoyadom at 2010-01-04 10:34
チャオさん>大丈夫ですか?!日本では強盗と言うより、巧妙なスリが多いですよね。でも、今頃はおなか一杯サムギョプサルを食べて満足&満足でご帰国かな?最近ソウル1万円ツアーが目白押しで、バリに長期休暇でもう直ぐ行くって言うのに、どうしよっかな~と今日程を真剣に検討中。チャオさんはどこのツアー使いました?個人手配かな?
Commented by aoyadom at 2010-01-04 10:35
kasumixさん>ホント、じっくり正解の常識をみっちり講義してあげたいです。どうしてそんな女子が出張費を使ってドイツに来れるのか、不思議で仕方ないのです!
Commented by aoyadom at 2010-01-04 11:53
HIGUさん>ドイツ人にしたら、相当??だったと思います。
自己責任って言葉がやたら氾濫しているけど、でも、これこそ
自己責任。なぜお店の責任に転化しようとするのか、
お店に助けてもらおうとするのか、そもそもそこが間違っています。
スペインやイタリアは気をつけろと有名ですが、ドイツも、もう同じです。それ以前に、世界の常識を教えてあげたいですよね。
Commented by aoyadom at 2010-01-04 11:59
elfarranさん>お母様充分満喫&楽しまれた様で良かった!
是非是非お母様の戦利品をアップして下さい^^
ホテルのロビーや日本土産店の入り口や床に置きっぱなしで
置き引きにやられるって良くあるんですよね。
何もなくて本当に良かったけど、団体旅行客パワーって言うのは
どこの国でも一緒で、また団体で居る事で、安心してしまうんでしょうね。
Commented by aoyadom at 2010-01-04 12:01
kiriさん>私達が住んでいる地域にもその様な方がいるんだと
思う優しさに触れた時って感動ですよね。
本当に混沌とした荒れた世の中になってきている今、
自分も自然に人に暖かみを与えられる人間になれたらなと
思います。
Commented by aoyadom at 2010-01-04 12:02
クララさん>本当に不思議でしょ、何のビジネスで来て、
ちゃんと仕事して行ったのか・・・。うちの相方も
この田舎ですら、鍵をかけた自転車を2台盗まれ、
最後はサドルだけ盗まれると言う寂しい経験をした
日本在住ドイツ人であります・・・。
Commented by aoyadom at 2010-01-04 12:42
minegiさん>自転車かごって本当に危険ですよね。
図書館の本って、
ただで借りたものとは言え、皆の税金で成り立っている
皆のための皆の所有物。故意でなかったとは言え、
扱いには注意して頂いて、大事にして欲しいですよね。
by aoyadom | 2009-12-26 12:02 | 小話 | Trackback | Comments(18)

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by Mitzi
プロフィールを見る