人気ブログランキング |

仕事の合間の息抜きSPA

 通訳出張の合間に、体調を整える目的と言う言い訳のもと^^ 大好きなSPA巡りの趣味がここ数年年齢と共に加速しています。苦笑

 もともと、マッサージや室内プール・温泉・SPA施設が大好きで、訪れる国では必ずマッサージやSPA施設を利用します。
自分で予約して良い出張の時には、なるべく時差ボケ解消にもなるので、室内プールとサウナがあるホテルを選択するように
しています。(ドイツFrankfurtだと立地も良くプールも充実なMaritim Frankfurt 、 Duesseldorfだとホテル日航が定宿です)

 最近、これまでのSPA巡りでも感激したのが、南チロル地方のイタリア側MeranにあるQuellenhof と AlpenschluesselというSPA
リゾート。山奥になりながら、沢山のプール、サウナ、フィンランド式のサウナパフォーマンス(タオルや葉の束を回したり、体に当ててくれながら、
アロマ水をサウナ石にかけてサウナ内で蒸発なせながらのパフォーマンス。どっさり一気に汗をかきます!)ワインの産地なのでワインも楽しめ、
国境沿いなので、イタリア・オーストリア・ドイツの全て良いとこどり
e0084001_13083491.jpg
e0084001_13075687.jpg

 
 ここは、乗馬場も野外と室内にあるので、乗馬も楽しめちゃいます。しっくりゆっくりしたいときはAlpenschluesselに滞在すれば、18歳以上の
大人のリゾート。毎日ソムリエによるテイスティング・勉強会があったり、ミュンヘンの日本人鉄板焼きレストランで修業してきたドイツ人による
鉄板焼きディナーも頂けたりで、とにかく飽きさせないSPAリゾート。

 そんなSPAリゾートに負けないのが、神戸サウナ&SPA!いや~、久々に日本のSPAで感動。先日、急遽神戸出張が入り、帰りがけに3時間弱
ぽっかり時間が空いたので、ドイツ人主人も絶賛していた三宮の神戸サウナ&SPAへ。
 
 http://www.kobe-sauna.co.jp/

 2700円とちょっとお高めですが、タオルは使い放題だし、パジャマも着くし、とにかく清潔。お風呂は小さくとも、ギリシャ風でジェットバスも多種、
スチームサウナには、ローズ塩というアロマたっぷりのお塩を持ち込んで塩パック。ドライサウナでは、30分に一回も!女性で上手すぎるサウナ職人の
女性が、フィンランド式サウナパフォーマンス。(アロマ水を石にかけながら、タオルを回すタイプでした。最後には、マリメッコのサウナ布で一人3回、熱風をかけてくれます)これがこみこみで何時間いてもこのお値段。

 仕事で神戸に行く楽しみが増えました^^ 次回の出張は6月中旬。香港経由でキャセイのラウンジに寄れるので、ラウンジ内のSPAが
楽しみです。最近、キャセイにする楽しみの一つなんですが、名物の小ぶり担々麵に無料の有人マッサージだけでなく、バスタブを利用できる
専用のSPAルームをジュリークのアメニティに囲まれて利用できるというもの。これを今回は利用したいなと企みながら、準備の資料読み込に
追われています。
 
 
e0084001_13101900.jpeg

 ドイツ人主人は、日本秘湯の会の温泉にリフレッシュ休暇中。福井の温泉で10個目を達成(3年で全国200以上の秘湯の会登録温泉旅館のスタンプ(1人1泊で1スタンプを10個集めると1泊2食どこでも選べて無料!)!もう3年で2冊目達成という、単独バイクでスタンプ帳を差し出したドイツ人に旅館ご主人もびっくり、大喜びで楽しんでいるようです。そんな温泉好きSPA好き日独夫婦な私達です^^

https://www.hitou.or.jp/

 

 




# by aoyadom | 2019-06-09 09:10 |

ドイツフットケア FUSSPFLEGE フースフレーゲ

ドイツフットケアと聞いてピンとくる人や、すぐにイメージが沸く方は日本では
まだ少ないかもしれません。

e0084001_21412954.jpg
e0084001_21402895.jpg

私も通訳業のかたわら、整形靴マイスターのドイツ人主人と知り合った時に、彼らのマイスター学校の必須科目に
「フットケア・フースフレーゲFusspflege」があることを知って、整形靴で足靴を支えるだけでなく、ケアとしても
角質や爪変形をきちんと整えてこそ、足を総合的に見れるマイスター・国家最高資格だというコンセプトと徹底した
足に対する教育システムに感動したのがきっかけ。

ドイツの方々は、自分の行きつけのフットケアサロンが地元にあり、髪を切りに行くように、4~6週間に一度、爪切りや角質を整えに
フットケアサロンに通います。20002年からは糖尿病患者の足を医療的にケア・処置することを主目的に全日2年3000時間の座学・演習を必修として
国家資格化してPodologe(ポドローゲ)となり、

民間資格Fusspflegeフースフレーゲとの両方になりましたが、糖尿病を持つ方の足ケアとして保険適用になるのが前者Podologeで、
自費で気軽に受けられるのが、後者Fusspflegeフースフレーゲというイメージです。

私は整形靴までは今からでは時間的にも極められないけど、整形靴・整形・足・靴という世界の通訳をするにあたり、フースフレーゲを深く知った方が
通訳しやすくなすと思ったのと、技術的にも興味があり、2003年にドイツ国内の診療所にて資格を取得しました。

それから足の解剖学や足部変形理論など徹底的に頭に入れ込み、去年は小児靴アドバイザーの資格(WMSというドイツ政府認定の子供靴協会
日本人初の小児靴アドバイザー)をドイツにて取得して、ちょっと学びがひと段落したような。

少しケアのサロンの方を本格的に始動しようかなという気持ちになってきました。(今までは通訳業にかたわら、ネイルサロンさんでやらせてもらったり、
人数を限定してのサロン展開でした)

主人の整形靴マイスターは巻き爪矯正ワイヤーのライセンス講習もしていますから、巻き爪でお困りの方、
手術などの外科的治療をどうしても避けたい方などのフォローもしています。

そして、ケアだけでなく、根本原因はどこにあるの?という皆さんの足のお悩みも、足部変形・靴適合や靴下適合に行きつき所が多いです。
総合的に足の悩みにお答えして、ケアから靴のアドバイス、足変形や痛みを緩和する専用のマイスターインソール作成など、解決策を提案できる。
そこがドイツでもなかなか無い環境で、ご提供しているのが、私達Gut zu Fuss の強みです。

そんな環境を日本にも小児~お年寄りまで安心してサポートできる方々を増やして広めていけたらいいなと、そんな活動もしています。
http://jagss.jp


もちろん、学びと技術のスキルアップはずっとずっと続くのだけれど、(今月は顧客様もお連れして世界初のドイツフットケア国際トレーニングに行ってきます!)
ケアもしっかりご提供していきますので、気になる方は是非ご連絡くださいね。

ご予約・お問い合わせはこちらまで^^
https://aoyado.wixsite.com/mysite/blank-1



# by aoyadom | 2019-06-08 11:45 | ドイツから

内股は可愛いの?欧人が不思議がる日本女子歩き方傾向★歩き方と靴を見直そう!★


e0084001_08375374.jpg
 日本に来日する外国人の多くに(特にヨーロッパ系)、「なんで日本人は、特に女性は内股でチョコチョコ変な風に歩くの?」と聞かれることは以前
ブログで書いた通りなんですが、それが、先日出張先のドイツでも以前日本旅行をしたことのあるタクシー運転手さんに
「なんか日本人って足とか歩き方に特徴があると言うか、変だよね。それは日本で一番気になった。ははは~」
指摘されました。私が靴と足&ドイツフットケアの通訳者として研修を主催しているなんて一言も言っていないのに。苦笑

 よ~くシュミレーションして考えても、内股で歩幅が均等に綺麗にまっすぐ歩けると思いますか?
歩幅は短くなり、不安定で、しっかりと真っ直ぐ歩けません。歩行に必要な筋肉も均等に使われなくなります。

 内股で歩くことによる膝関節・股関節への負担がどれだけ大きいか、将来姿勢や歩行にどれだけ影響するかは、医学的に研究結果としての
統計が出ています。ですからドイツでは出生後健診で股関節の角度を全ての子供が超音波で検査されて、角度以上が認められば、立位になる前に
カエルちゃんの開脚の様な矯正パンツを保険適用で着用となります。

 日本は脱ぎ履きが多い文化だから、草履文化だからと言葉をよく耳にしますが、もう床で靴で生活するようになって何年たつのでしょう。
そして、日本には独特の「上履き」と言う学校指定靴の文化・または制度があります。
ドイツでは特に第二次世界大戦の反省から、学校などの公的機関から指定として半強制的に同じものを着用する、
皆が同じものを購入しなくてはならないと言う事は法律で禁止されていますし、当たり前のこととして有り得ません。
特に足を痛めるような固定性も保護性もなく、歩行をきちんと促してくれないようなバレーシューズのタイプの物、
固すぎる女子高生の通学用指定靴、学校内がお手洗い用のサンダル、またはプラスティック製・来客用スリッパを校内の上履きとする・・・等々、
この様な物はドイツまたはヨーロッパにはまずなく、皆が自分に合った靴を自由に選び、室内靴と外靴を使い分けています。

そしてドイツが世界統計で見ても世界一、一人当たりの平均靴所有数が多いのは、
快適に、そしてその場所に場所に合った靴をきちんと選択して着用すると言った
文化がしっかりと根付いているからでしょう。
 
 しっかりとした脚軸に大切な、幼児健診での股関節超音波チェックを日本が必須項目としてないのなら、
せめて後天的にそうならない様な歩き方と靴の履き方、ここからの啓蒙が大事だと
ドイツ整形外科靴マイスターなどの専門者は口々に言います。

 ドイツでは、自分で歯を磨かせるように、親が子にきちんと靴の脱着と紐結びを教えて幼稚園に入園させるのが一般的。
日本も段々にそうなり、踵をちゃんと収めて、きちんと紐を締める(または折り返しのマジックできちんと足の真ん中を固定する)
履き方が出来る様に日々、通訳M、最近は石垣島や沖縄でも講演会等で奮闘しています^^

 各地で皆さんとお会いできる日が来ますように!


e0084001_13195582.jpg
http://feetback.jp ㈱フィートバック

http://jagss.jp 日独小児靴学研究会
 
人気blogランキング>へ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!

# by aoyadom | 2018-05-04 10:58 | 小話

日本の常識、ドイツの非常識

皆さん、お元気ですか?

またまたこのお題で考えさせられる事が起こってしまい、ドイツ人相方が憤慨しております。苦笑
レストランなのにピザを手で食べるとか、そんな可愛いことではありません!🤣

まぁ、日本の常識と言ってしまうと、違うよと言われそうですが、なぜか良く日本各地で遭遇するのは、

≪公共で唐突に爪切りでパチパチ爪を切り出す人≫

ドイツ人相方は、20年前に来日した直後に池袋のハンバーガーショップで遭遇して言葉を失い、私と一緒になってからは、石垣行国内線の機内で彼氏の鼻毛を切るカップルが隣席、機内で爪切りは良く遭遇。

今日は、物凄い揺れの船内で、急にパチパチ爪を切り出すおっさんに遭遇。

ドイツではまず見かけないし、衛生的にも許されないでしょう。そして爪ヤスリ・ファイルを持ち歩くことはあっても、爪切りはお風呂場や洗面所に置いてあるもので、持ち歩かないとのこと。

いやいや、これは見ていて気持ちのよいものではないし、切った爪が自分の方に飛んできて目などに刺さったりしたら本当に危ない。
他人の爪が自分の目に実際に刺さった方を知っています。

皆さん、見かけたら止めて貰いましょう!

次の日本の常識、ドイツの非常識シリーズは、幼稚園や小学校ではかれている、日本独特の習慣靴、≪上履き≫についてです。これも、ドイツでは絶対に有り得ません。この話は長くなりますから、また(*^^*)

日本の上履き勝手に滅亡運動推進委員長
通訳M


# by aoyadom | 2018-03-31 14:38 | 小話

ドイツの大好きな幼稚園~健常障害者混合幼稚園~ ALSBACHTAL

 
e0084001_09021685.jpg
ドイツでここ数年毎回訪れて施設見学と寄付をさせて貰っている幼稚園がある。それはこちらALSBACHTAL (乗馬セラピーの写真はHPから下記写真は拝借)

e0084001_08505530.jpg

ドイツには日本で言う保健師と言う資格と制度・配置はないので、障害児が通う幼稚園であっても、保健師や看護師は園に常駐していない(提携医師や病院はあり)
ただし、様々な障害を持つ子が園に居るので、その対応に特化した保育士であること、その子の理学療法やセラピーは保険適用で理学療法士が園内の専用リハビリ室で行っていて、またその子たちの日常と遊びに大切な
靴合わと分析・評価に整形外科靴マイスターも定期的に来ていて、理学療法士と一緒に評価しながら連携を取り、保険適用の靴・装具を子供たちに合わせている。
そしてこの様に敷地内屋外には乗馬セラピーを行う施設もあるのです。

 障害の度合いに合わせて、また子供たちと親の希望に合わせてクラスを編成していて、親の着替えと靴揃えが大変だけど、一日中野外で基本過ごす「森組」という非常にワクワクするクラスがあって、そこが素朴なんだけれど、子供たちの動きや天候に合わせて考えられていて素晴らしいのです。

 案内してくれた森組の先生は男性保育士の方で、「森林児童セラピー」と言う分野を専門に学び修了されている保育士で、
外で障害があるなしに関わらず安全にアクティブに遊ばせるためには、その子に合った、そして天候と状況にあった靴というのは大前提で、注意してみてあげていると。長靴から水遊び用、冬靴防水ブーツ、短靴など沢山キープがそれぞれの子供ごとに3~4足、数はもちろん季節ごとに違うけれど、分けられ置いてあります。

 ここには雷や雨が降っても土足のまま逃げられる暖かな避難小屋が2つあって、あまり天気が悪い時は室内靴に履き替える避難小屋2も。

 
e0084001_09032651.jpg
 こちらは急な雨が降った時など土足のままあがれる避難小屋。各児童に合わせて足や背中の位置が微妙に異なる配置に設定済み。すべてのクラスは障害児と健常児混合なので、どのクラスも細かいところにこういった配慮があるのです。

 
e0084001_09033959.jpg
こちらの避難小屋2は、どうしても外で遊べない日の小屋。破棄されるコンテナを再利用して上手に作られている。しかし、セントラルヒーティングで
子供の足を保温している状態で温度管理しているし、きちんと室内履きを履かせている。ちなみにドイツにはエアコンは、ビルやショッピングセンター・ホテルといったし商業施設でないと法的に環境上設置できないし、そういった理由と、床暖房やセントラルヒーティングが進んでいるので
エアコンがある一般家庭や施設はほぼない。

 森組さんは、子供1人に足して最低3足は園内にキープで必要だし、着替えの量も多いし、親の洗濯力と希望で、このクラスを選べるそう。
この幼稚園に対しては本当に見習うところや勉強するところが多くて書ききれないのだけれど、先日の「うちのドイツ人に対して外国人という観念が全く無く想像外だった近所の女の子」の話ではないけれど、小さなころから本当の意味での共存を、差別のない社会を教育としてしっかりと自然に受けていれば、いじめもなくなるだろうし、もしかしたら戦争もなくなるのかな~と思っているここ数年です。

 通訳M


  人気blogランキング>へ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!


# by aoyadom | 2018-02-09 09:11 | ドイツから

ドイツの靴教育~子供頃から紐結び^^~

e0084001_10422297.jpg
  ドイツでは自分で靴の着脱をきちんと出来ないと幼稚園には入園できないという一定の目標・お約束があります。
勿論絶対ではないけれど、幼稚園入園までには日本でもお箸を使えるようにしてあげるにと一緒の感覚です。

 それくらい自然に自分で靴をしっかり履こうという文化が根付いています。
そして、親としてもこの様な靴紐結び絵本などを使って(もっと小さい子用のものもあり)遊びながら教えて行きます。
保育園や学童の様な施設では、段ボールに靴をお絵かきして穴をあけて紐を通して・・・と言う遊び教育を取り入れて練習させて
いる所も多々あるんですよ。

 猫ちゃんブームな日本にぴったりの絵本も!^^
e0084001_10424305.jpg
 子供の頃に合わない靴を履いていたり、何らかの原因で足に問題があるのに見過ごされてしまい、後々に大きな問題となって
足だけでなく歩行まで大きく影響している日本の方を多く目にします。足に関する子供のころからの健診システムも大きく違うのもドイツ。

 このドイツの自分に合った靴をきちんと履こうというのは、見習ってよい文化だなあとつくづく思いながら、
ドイツ靴文化論として講演させて頂いたり、こんな本をよく皆さんに頼まれてお分けしています^^

 通訳M

 
  人気blogランキング>へ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!

# by aoyadom | 2018-01-19 10:52 | ドイツから

ブロンドのおじさんは何人な訳??

  

我が家の靴工房で雷が怖くて動かなくなっているリリーです。
e0084001_15382241.jpg
 このリリーをスムーズに散歩したくてたまらない近所の女の子5歳と先日お散歩に。

 「何か習いごとしていいって言われたら何を習ってみたい?」ってお散歩途中で聞いたら、

 「幼稚園で歌う英語の歌や英語を聞くのが楽しいから、英語を習ってみたい!」

 「そっか~、英語を習って、英語でどうしたいの?」と聞いたら、「外国の人と英語で話してみたいの。」と言うのですよ。

 「あのさ、OOさんって(うちのドイツ人相方を○○さんとちゃんとさん付けで呼ぶ5歳女児)って外国人でドイツ人なんだよ。英語も話せるよ。」って言ったら、
スンゴクきょとんとしているのです。
「え?ふ~ん、そうなの?」って本当に分かっていない模様。外国から来た人って言う意識がないみたい。


 なんだか、彼女の中ではちょっと日本語が下手だけど自分たちレベルで話せるブロンドのおじさんが
いつの間にかずっと通訳Mと隣に住んでたって感じみたいで、
外国人とかドイツ語または英語を話す人って意識がないみたいなのです。

 こういう風に、移民国家のドイツや他国は人種差別などはあまり無く、
小さい頃から様々な国の人と自然に共存しているんだな(ベルリンとか特に)
としみじみ思ったわけで、そして子供の純粋な色眼鏡の無さに笑いと静かな感動なお散歩でした^^

 そして、常磐線にはやはりまだホームの待合所で延々と歯磨きをする歯磨きおばさんがいました・・・

 通訳M

  人気blogランキング>へ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 

 

# by aoyadom | 2018-01-18 15:54 | 小話

焼き鳥とケビン

  なぜか、チェーン店とか大型ショッピングモールが苦手な通訳Mです。
食でも洋服でも雑貨でも個人店でこじんまりしている所が大好き。
なので、ショッピングモールと言うものにはほとんど行かず、年に数回佐野か阿見のアウトレットに行くくらい。

そんな先入観で近所のチェーン系焼き鳥屋さん(大吉)も入ったことがなかったのですが、
「歩いて帰れるし、人も多いし、入ってみようよ!」とドイツ人主人に何度も言われ、数年前に入って以来、
よく足を運ぶようになりました。と言うのも、大吉はお店によって大分仕込み方法やメニューなども違い、
こちらは冷凍ものは一切ないのです。焼きおにぎりもきちんとジャーから熱々の手握りでほくほくの焼き焼き。
カウンターを全てドイツ人で埋め尽くしたこともあるくらい、海外からのゲストにも好評です^^

 こちらの大吉は家族経営で、全てうちの主人が製作したマイスターインソール(整形外科的に足部を診断してその人の足と靴に合った中敷き)を
履いてくれていて、中敷きがないと立ち仕事がつらいともう数年来のご愛用^^

 で、いつもの様に主人と仕事終わりにぐったりしながら飲んでいたのですよ。大吉でしか飲めない
山崎の仕込み水割を。これは実は知られたくない銘酒で、なんと山崎シェリーカスクが入っているブレンドなのにお店で1本700円弱で飲めちゃう!
しかも大吉のみの非売品。昔はローソンで限定発売してたんだけど、マッサンブームから本当に安くて素晴らしいジャパニーズウィスキーが入手困難になりました。泣 
711とかでもミニボトルの良いウィスキーが1000円以下で昔は買えたのですよ~~ホテルでちびちび用に重宝してたのに・・・または海外のお土産にもね^^

 サントリーが大吉の大株主か、経営権を創業者から買ったのか、最近サントリーとの限定コラボが非常に良い大吉で、とにかくまろやかで、飲みやすい。
お料理の邪魔もしません。仕込み水で既に割ってあるから、ロックで。1本で2~3倍飲めちゃうお得感も素晴らしい!

 
e0084001_15124993.jpg
 そんな中、お隣には先輩後輩と思われる女性お二人が座って、「ウィスキー飲む女性ってかっこいいね!うちらもああならなくちゃ!」とか
チラチラと私達夫婦が気になっている模様で楽しく飲まれていました。笑

 そうしたら喫煙に出かけた後輩ちゃんと、トイレに出かけたドイツ人相方が席を立って、カウンターには私と先輩女性が残り。
「話しかけてもいいですか?」とその女性。お店の方も「通訳Mさん夫婦と同じでだいぶうちの常連さんなんです。」と間を取り持って紹介してくれて。

 「もしかしてご主人、ビーグルみたいな可愛い犬を連れて毎朝早朝に駅裏の田圃道をお散歩していませんか?」と。

 「そうですよ、捨て犬だった犬で雑種なんですけど、ビーグルの血は入っているみたいで。主人だと思います^^」

と答えると、「ビーグルのわんちゃんも可愛いし、旦那様も優しそうで素敵で、私の中で旦那様をケビンと勝手に名付けて、あ!おはよう!ケビン!って
毎朝心の中で挨拶していたので、ここ大吉で憧れのケビンに会えるなんてびっくりして!ケビンだ、ケビンだ!とさっきから友達に小声で言ってたんです!」と。爆!

 お手洗いから帰って来た相方に話したら、爆笑しつつ、アンチ亜米利加な独逸人は、「ケビンなんてアメリカ人みたいな名前じゃないからね、
僕は○○だよ~」と自己紹介していました。

 まあ、ブロンドで毎朝犬連れて歩いているのは相方くらいですから、目立つんでしょうね。
地区の班長になっているし、悪いことは出来ません!頑張れドイツ人班長!

 通訳M

  人気blogランキング>へ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 


第2回プラチナブロガーコンテスト









# by aoyadom | 2018-01-16 08:00 | 小話

2018年の旅企画・マイル企画



第2回プラチナブロガーコンテスト

 
 


 2015~2017から出張でほぼ月1または月2ドイツを繰り返していた御蔭でたっぷり貯まっているマイル。合間合間に石垣の家にも通っていたので、ストが多く痛い目に遭ったルフトハンザからは離れ、
JALに統一しJALマイルを徹底して貯めた3年間でした。

 
 ルフトハンザはスターアライアンス系でANAとの共同運航も多いし、とにかくヨーロッパが強い。ANAは成田=デュッセルドルフと言う、ヨーロッパ出張組には魅力的な路線も持っています。しかし、東日本震災以降、放射能が怖いと成田便に搭乗拒否した乗務員達から始まって、ドイツ鉄道と同じくらい乗務員ストライキばかりやって居たルフトハンザには本当に痛い目ばかり合って、成田便はなくなったし、各社どんどん成田発ヨーロッパ直行便が減っているので、成田が近い我が家としては、ANAの成田=デュッセルドルフか、JALの成田=フランクフルトが便利なのです。

 で、JALはフランクフルトFRAからデュッセルドルフDUSホテル日航まで無料バスが出ているし。これが快適。ただし以前は帰り日本行き408便のチケットさえ持って居れば前日でも関係なくいつでもバスに乗れたんだけど、現在では行き帰りとも搭乗日しかバスに乗れません。(2017年11月より)
良い時代はバス内でのビールを含めた飲み物サービスも無料でした!以前あったANAのFRA~DUSバスと違って搭乗クラスに関係なく乗れるものJALさんの良い所。今は飲物サービスはないけど、トイレは有り無料WIFI有の快適バス。

 JALさんは有名料理家やスープストック東京・モス・吉野家などとの機内食コラボあり、
フルーツ食もエコでも選べるし(ANAも最近始まりました)楽しい!(写真はJALのHPから拝借・ビジの黒木さん監修の日本食は美味しい^^)

 

e0084001_12471350.jpg

 新年一発目は、スケジュールも良い、ANA成田=デュッセルドルフでドイツ人夫がドイツ出張中。ドイツ人夫はスケジュールのよさでANAさんが多いのですが
エコの機内食が量が少なくてイマイチと言う嘆きが・・・。スケジュールは行きがお昼頃、帰りは夜便なので、ホント便利。で、デュッセルドルフ空港は市内に近いし、空港がコンパクトで到着ロビー右奥に年中空いている便利なスーパーもあって使いやすい。強いて言えば、日本人・韓国人を狙った置き引きヤスリが多い事でしょう。12月の出張でも、駐車場で丁度ジプシー女性スリ軍団が逮捕されていました。ざまーみろです。
 
 JALだとフランクフルトからバスでデュッセルドルフまで2時間。デュッセルドルフに着きたい人はそのタイムロスがあります。
ただ、マイル換算率とか、使いやすさとか、貯めやすさとか、ANAよりいいな~、便利な路線が多く乗継ベストなルフトハンザは成田発がないしストばっかりやってるしなぁ、と思ってのこの3年間。

 しかし、2017秋にはヨーロッパ国内頼みの綱だったJALが加入するワンワールド系のエアーベルリンが
破産申請して、提携がなくなり、ヨーロッパに着いてからの移動が非常に使いにくくなりましたし、2017年度11月よりマイルの換算率とかちょっとしたサービスとか
ホームページの改悪により、何だか非常に使いにくくなってしまいました。そして、成田=FRA.の直行便はJAL407便408便しかなくなってしまったので、アップグレードの席が取りにくくなっていて、満席が多い近頃。エアフラとも微妙に提携を辞めているので、(荷物だけスルーで行くけれど、乗り継ぎがスムーズにできない・一度外に出なければならない)JALのヨーロッパ乗り継ぎが英国航空かフィンエアーを使用するかでないと、スムーズにいかなくなりました。エアフラはストも多いし、融通が利きません。ただ、パリのエアフララウンジはクラランスのフェイシャルが無料で受けれたりお料理が良かったりと、かなり良いです!

 なので、この1年様子を見て、デュッセルドルフ・ベルリンを中心とする通訳Mの出張で、どちらが使いやすいか 
スタアラか、ワンワールドか見極めたいと思っています。ヨーロッパに頻繁に出張に行く皆さん、マイルの貯め方、エアラインの使い分けなど
是非参考意見があったら教えて下さいね。

 まずは、2月には個人手配で3月に廃止される成田=インチョン路線に乗りっ平昌オリンピックにて
フィギュアスケート関連。ドイツ人枠で1年以上前に問題なくかなりの枚数で購入できたのです。
マルセイユのGPファイナルを5日間最前列で見て以来の2度目の観戦がオリンピックとはラッキーです^^

 3月はドイツ出張、今回は私の単独でドイツフットケア関連研修を企画から通訳同行まで。
6月は石垣島調理師会の親分たちを連れてドイツご案内。その間に、またドイツ出張が入る予感もあるし、
貯まった20万マイルをどう有効に使うか思案中。

 今までは高めのエコチケットを購入し、自分のマイルでアップグレードする事が多かったのですが、なんだかそれも無駄な使い方かな~と思い始め、
久しぶりにドイツOL時代に培ったジュエリーやアンティークの知識をフィードバックしたいなと思い始め、(それならパリかロンドンかハンガリー)
色んな路線から消えつつあるJALのファーストクラスを是非体験したい!(成田=FRA.はだいぶ前にファーストクラスは廃止されました泣)と想い、
今からパリのFクラスキャンセル待ちをかけています。ビジネスクラスがファーストクラス並みにシートも機内食も充実してきている昨今ですから、
中東系以外は機材も軽量化され、First自体がなくなってきていますね。

 しかし、私みたいな貯めに貯めたマイルでいつか夢のFクラスをと思っているマイルでのF乗客は多いようで、かなりの争奪戦。
しかし、以前成田=FRAのFクラスがあるころに、急なドイツ出張に行ってもらった夫に私のマイルで行きエコ!帰りFirstを取って挙げて夫は体験済み。
単独で行ってきていいよとお達しが出ましたので、空席が出る事を祈る2018年初頭です。

 色んなマイレージカードを持っていてもマイルが分散してしまい、いつまで経っても中途半端にどこにも飛べないマイル貧乏なあなた!
使用クレジットカードと利用航空会社をなるべく1本に絞り(ヨーロッパはVISAとMASTERが強いので、この2つにしていますが)
JALならクラブA以上のカードにして、ショッピングマイルと言う年間3240円の買い物分マイルが倍にたまるプログラムに加入する事。
これが第一歩かなと思います。

 キャンペーンをマメにチェックするとか、裏技的なモノはもっとたくさんありますが、それは長くなるのでこちらでは割愛して、興味のある方は私会った時にでもコメントでも聞いて下さいね^^

 今後の願いは、20~30年前にあったJALの成田=DUS(30年前) 成田=ベルリン(統一直後2年位)の直行便が復活すれば全て解決・大感激なんだけれどなあ。
ビジネス客・韓国客とも需要はあると思います。だってベルリン直行なんて特に他社にない路線。
他社にない路線と言えば、ルフトハンザが中部=フランクフルトの直行便で成功しているし。
スカイマークにも破産前に成田=石垣と言う夢の直行便があった時期が一瞬(約1年)ありました・・・片道5800円とかだったのに空席ばかりが目立ち、
4時間近いフライトなのに鼻血大サービスものの路線でした。
  
 とにかく今年も上手にマイルをためつつ、ドイツ出張を元気に乗り切りたいと思います!
そして同行するお客様が喜んでくれるドイツ出張と、私だから提供できるドイツ医療研修と、リサーチ準備を頑張ります^^

 通訳M


 
 人気blogランキング>へ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 


 




第2回プラチナブロガーコンテスト



# by aoyadom | 2018-01-14 12:43 |

海外から錦鯉買い付け時期!

e0084001_08041425.jpg
数年前、TV番組の企画で「海外で人気な日本もの」と言うお題の番組があり、私がリサーチで発掘してロケしたこちらのホテル。
https://www.zur-weinsteige.de/ ホテルの中庭には錦鯉が泳ぎ、ミシュランお勧め店にもなっているレストランのテラス席の1席が
庭の水槽下を脇から眺められる半地下状態となっており、素晴らしいお料理と共に幻想的な雰囲気となって居ます。

 ロケしたのがきっかけで、新潟での買い付け模様をドイツのTV局向けに同行撮影したり、通訳したりと言うお付き合いが
続きました。この時期は錦鯉の買い付け時期。

 新潟長岡の駅前ホテルは、外国人で埋まって居ます。日本の錦鯉ビジネスは外国人(特にヨーロッパ系)の売り上げが7割以上を占めていて
外国人買い付けがないともうビジネスとしては立ち行かないと言われている位の錦鯉ブーム。主にヨーロッパもアジアもニューリッチ層に
特に人気です。

 今回体調の関係で都内観光や新潟買い付けは同行できなかったけど、大雪の新潟で毎日鯉養鯉場を周って頑張っている模様。
日本の何が海外で流行っているとか、こんな日本人が海外で活躍しているとか、そんなリサーチが大好きな通訳Mです。
何だかあ!っていうのを見つけた時、燃えます!!^^

 人気blogランキング>へ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 



# by aoyadom | 2018-01-13 08:14 | 仕事

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by Mitzi
プロフィールを見る
更新通知を受け取る