「ほっ」と。キャンペーン

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by aoyadom
カレンダー
 人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!



e0084001_239962.jpg


  美味しそうでしょ~、このプリン^^ 

 通訳後の思いっきり真っ白になった疲れた
脳みそちゃんのご褒美に、つくば・サロンデサンのプリンは効きます!
脳みそトロリーノ状態でございます。

  本日は、電気関連機器~それも、電子力発電所などに設置する
絶縁監視装置についての商談・新製品のプレゼン通訳で、
プレゼン事前資料は機密保持のため無くて、その分野私は経験なし
(お客様も、通訳者が電機分野でも「これ~絶縁監視装置」に関しては、
殆ど専門の方は居ないから、こちらでもフォローするので、と分かっていらっしゃった)、
精一杯準備して行ったけど、苦しかった。

 しかも5時間近くの通訳が休憩・交代要員なしで延長だったので、頭パンク状態・・・。
そして、このプリンに駆け込んだわけです。

e0084001_2391054.jpg


 プリンの前のメインはこれでもか、大きなメンチカツ。
外側はパリっとしているのに、ふわふわの焼き上がり。
デミソースもきちんと手をかけている、しっかりしたお味。勉強になります!

 しかし、今日の収穫は、ドイツ人のお客様が
「室内に入る時に室内スリッパに履き替え、トイレでもまた別のスリッパに履き替え、
日本は何度もスリッパの履き替えというものをするんだね~」と妙に不思議がっていた
のを聞かれた事。改めて考えさせられたけど、やっぱり私の答えはいつも同じ。

 うちの靴職人のドイツ人旦那もこれは、よく来日ドイツ人ゲストに説明しているのですが、
(私も同じ様に説明させて頂きました)

 衛生的に言ったら、トイレがタイル敷きや素材が変わっている場合などは、
水分を含んで専用ブラシなどで清掃するから、スリッパが変わっていた方が
別な床部分に余計な雑菌・ばい菌を運ばないし、衛生的に理にかなっていて、いいんだよと。


  ↑ 納得ドイツ人ゲスト!

 しかし、どのスリッパも、裸足で履いてしまったら
水虫にうつるリスク高!と言ったら、こちらも妙に納得していましたとさ・・・

 

 来年位にプロライスを取りたいな~と夢見る
アマチュアボクサーemoticon-0146-punch.gif通訳Mでございました。

[PR]
# by aoyadom | 2013-08-05 23:09 | 仕事
   
e0084001_11131477.jpg


ご無沙汰しています!あまりの湿気に、ドイツから持ってきたテープが
日本の湿気に耐え切れず、溶けておりました・・・。

 そんな事にもめげず、本日は、競輪選手、杉本君の競技用靴のご依頼
自宅で受けて通訳いたしました。

  一度、我が家での採寸チェックは終えていて、彼の足木型も完成し、
今日は仮靴チェックです。

 前足部に負担が集中する競技で、裸足で履かれるので、
使用するマテリアルのチェックも念入りに。

 
  仕上がりチェックの際には我が家に競輪自転車持参での、
実際の動きとのチェックです(*^^*)

  彼は元アイスホッケーの日本代表選手でありながら、
大学卒業後は競輪学校に入学~今は現役で選手
として活躍しています。

 業界で最後一人だけ残った高齢の競輪選手ご用達靴職人さんが亡くなった所、
困り果てて私達を頼ってくれました。

そのおじいさんの御遺志をご縁で日本在住、古民家在住^^の整形外科靴マイスター
継いで行くんだから、これも面白いな~としみじみ。

 おじいさんに頼んでいた他の選手も、今は既製品を何とか合わせ、
間に合わせて居るそう・・・。

 
 マイスターも自分が自転車フリークなのもあり、マイスターも徹底的に研究済み。
楽しみながら仕事しています。かなり完成が楽しみ!

  

 人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!


  
[PR]
# by aoyadom | 2013-07-26 11:18 | 仕事

季節の贈り物

  最近細々とした自宅での翻訳作業が多い通訳Mです。

 そんな時は、翻訳の合間のストレス解消に、突然お料理したり
ネットでリサーチしている最中に美味しいものを見つけて、
そのお料理の材料注文したり・・・。

 ここ数年毎年この時期にお取り寄せしているニセコべジさんの
ホワイトアスパラガス。絶品です。

e0084001_1394920.jpg


 なぜここのホワイトアスパラガスが絶品かと言うと、
極太ホワイトアスパラが日本でも流行っていている昨今、今主流のハウス栽培ではなく、
ニセコベジの朝採りホワイトアスパラは、頑なにヨーロッパの伝統である
露地栽培を地道に守り続け、
北海道喜茂別の福井農園から、午前中に発送されるんです。

 露地栽培のすごさは、大自然の恵みである澄んだ空気と清流、
そして何といっても燦々と降り注ぐ太陽の力をいっぱい浴びた土で
栽培された大地の恵みそのもの。

 アスパラは、ビタミンA(カロチン)、B1、B2、C、E、葉酸、アスパラギン酸、ルチンなどを含み、
利尿作用により余分な塩分を排出してくれるので、腎臓や高血圧の予防、動脈硬化の予防、
疲労回復、滋養強壮、美肌効果、貧血改善にも効果がある優れたベジ。

 ホワイトアスパラガスは1年の今の時期にしか食べられない旬の味。
私は通訳Mオリジナルのベーコン&オニオン入りハーブサワークリームソースで頂きます。

 一緒に写っちゃっているのは、今年初挑戦の石垣島・幻の泡盛「宮の鶴」で
漬けちゃった庭の梅酒!めっちゃ豪華で、蔵元の仲間のお母さんに怒られそうですが、
今から飲める時期が楽しみです。

  こんな事を同時進行しながら、翻訳作業。

 翻訳の合間に肩凝った~とストレッチしながら、ボクシングジムにも行きつつ、
タイガーキックも休まず、運動しすぎでたまに接骨院に通いながら、
美味しいものを食べたいがために運動漬け、アホな通訳Mの日常であります・・・。

  人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!

 
[PR]
# by aoyadom | 2013-06-13 13:09 | お料理
 ドイツ研修が終わり、一瞬の日本滞在で仕事を片付けた後、
3泊でソウルに行って参りました^^ 風邪を引いてしまったので、お野菜一杯の
サンパプ、干しタラのスープに癒されましたあ。

 一日は韓国人作家の友人とあるプロジェクトの打ち合わせで、
後はのんびり。一緒に行くはずだった友人と娘ちゃんが北朝鮮情勢で見送ったのが
残念でしたが、娘ちゃんが一緒の事を考えると母としては当然の決断だったと思います。

e0084001_1130936.jpg


 ソウルに行くと必ず食べるもの。今となっては、日本では少なくなってきましたハニートースト。
ふんわりのトーストにキャラメルソースがけを三清洞の一角にあるカフェで頂きました。

e0084001_11301046.jpg


 もう、ミュージカル・舞台類も結構見ているし、(今回も2本見ました)
ミョンドンは待ち合わせと両替位に行く感じで、宿は動きやすい・そして美味しい韓国定食屋さん
などが集中するインサドンの新しいホテル・AVENTREE JOGNOへ。
とっても綺麗で、便利で、インサドンのど真ん中。最高の立地にCPで感動しました。

 そんなインサドンから歩いて10分くらいの所に三清洞サンチョンドンと言われる
古い韓屋が立ち並び、そこがポップなカフェやブティックになっていたり、
美味しいイタリアンやご飯やサンも多い素敵な地区があります。
宝石美術館・現代アート美術館など、時間を掛けて見て見たい美術館も目白押し。

e0084001_11301138.jpg


 次回はもっと時間をかけてこの辺りを散策してみようと思います。

 悪かろう・安かろうのエアアジアの恒例の遅延祭り、しかし往復12000円(全てコミコミ)で
行きましたが、前後余裕を持ったスケジュールで正解でした。しかし、無理が祟って
機内で航空中耳炎に・・・。

 激安フリープランでソウルに行く方法、幾らでもお教えしますが、勇気と覚悟と忍耐力と
時間が必要であります!

 
人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 
[PR]
# by aoyadom | 2013-04-14 11:30 | お出かけ
 ドイツ医療研修ツアーに参加される皆様への注意事項

 1、3月のドイツはまだまだ寒いです。
そして、ベルリンは石畳が多いですし、
観光日も歩きます。歩きやすい革靴のウォーキングシューズを
持参すると良いでしょう。(ランチはホテルランチを予定しているため、スニーカー&ジーンズは
NG)

 2、ただ、天気は変わりやすいのでヤフー 世界の天気(インターネット)
などで直前にベルリンの天気をチェックして、しっかり荷造りしてください。

 3、ホテルには環境を配慮して、歯ブラシ・リンスは基本的についていません。
持参しましょう。ボディーソープ・シャンプーは付いています。スリッパも有料です。
ホテルには、素晴らしい室内プールとサウナ・ビューティーサロンなどのSPA施設が
付いています。使用料は宿泊者は無料ですが、サウナセット(バスローブ・タオル・スリッパ)
は1度に付き5ユーロほど発生します。個人清算でお願いします。
枕チップはドイツでは基本必要ありません。ただ、タクシーやレストランなど(朝食以外)
では必要になります。

 4、ドイツのサウナは基本的に混浴で水着の着用は衛生上絶対にNGです。
水虫・白癬菌対策のために、サウナ内にタオルが敷きっ放しになっている事もありません。
サウナ用の長いタイルを、サウナ内で座る際に、
自分の肌が触れるところには必ず足先まで敷いて、決して汗を
サウナの木の上などに垂らしてはいけません。ミストサウナはこの限りではありません。
付属のビューティーサロン(マッサージなど)は予約制です。
希望者は通訳に申し出てください。

 5、ホテル朝食は6時半からです。コーヒー・紅茶などは給仕係の人に申し出てください。
無料です。ありがとうはダンケです。その一言を忘れないようにしましょう。
そして、朝食ルームに入った際に部屋番号を聞かれると思うので、英語でいうか、
部屋のキーを見せましょう。

 6、ドイツは室内がセントラルヒーティングで大変暖かいので、
乾燥します。乾燥対策を十分に。
(湯船にお湯を貯めて寝る・洗濯物を室内に干す・保湿クリームなど)
また、湯船を使用される際は、シャワーカーテンは必ず、バスタブの中に入れましょう。
水浸しになります。お湯の出し忘れににも要注意。ホテルから莫大な修理金を請求される場合があります。

 7、アジア以外の国、特にヨーロッパでマスクをして外を出歩きますと、
細菌保持者と誤解され、大変奇異な目で見られ、質問されたり、トラブルに
なったりします。ドイツの場合は、ミュンヘンオリンピック時代のテロや赤軍時代の教訓で
法律的に野外または公共機関で顔を布やマスクなどで
隠してはならないという法律もあります。医療機関で実習中に
されるのは構いませんが、外ではなるべくご遠慮お願いします。

 8、実習中に必要な手袋・エプロン・マスクなどは日本よりご持参下さい。
お写真を撮りたい場合は、必ず通訳か日本側スタッフに撮影前に
一声お声がけをお願い致します。また、日本の現場にてドイツ製矯正器具を使用なさっている方で、
ご質問がある方などは、是非データと一緒にお持ち下さい。

 9、ドイツはお水が高いですし、(ビール・ワインは安いです)
ホテルの冷蔵庫のお水も高いので、
近所のスーパーなどをご案内します。上手に水分確保してください。

 10、海外保険には必ず加入し、両替も日本で済ませてきましょう。
研修途中で両替する事も出来ますが、パスポート持参で記入も多く、
どこの銀行で出来るわけでもなく、大変時間が掛かるため。
クレジットカードはVISAかMASTERカードが多くのお店で使用できます。
JCBやAMEXを使用できる店舗はかなり少数です。

 11、ドイツは日本と同じ状況で、喫煙できる所が少ないです。
喫煙者は、必ず喫煙スペースで(大抵野外)携帯灰皿を持参するのも良いでしょう。

 12、ドイツまたはヨーロッパでレストランにてピザを食べる場合、テイクアウトの
立ち食いでない限り、フォークナイフで食べるのがマナーで手で食べるのはマナー違反
または子供がすることとみなされますので、ご注意なさってください。
また、ナイフフォークは基本的に自分の顔に近づけて食べる(顔をお皿の方に持っていかない)と
綺麗に食せると思います。

 13、スイスエアーはエコノミークラスでも23キロの荷物が2個まで機内預けに出来ます。
ただし、1個の荷物を必ず23キロ以内に収めなければなりません。
お土産を多く考えている方は、スポーツバックなどを折りたたんで持参すると良いでしょう。
また、水分を含むものなどをトランクに詰めるのに、ジップロックを多めに
持参されると大変便利です。

 14、マイレージを貯めている方は、ANAのマイレージカードまたは
ルフトハンザのマイレージカードをご持参下さい。

 15、ホテル内はWIFIフリーです。PCまたはスマートフォンをご持参なされば無料でインターネットに接続できます。

 16、日本から電気製品をお持込になる場合、
(ドライヤーはホテルに付いています)差込口の貸し出しは
ホテルでは行っていませんので、ご自分でドイツの差込・電圧に
合う状態でご持参なさってください。電池などの消耗品は、
ドイツで購入すると大変割高ですので、日本から持参なさってください。
携帯の充電器に関しても、海外使用の物を購入なさり、また別途に
ドイツ用の差込プラグを購入する必要があります。

 以上、皆さんが元気でベルリンにお着きになって
素晴らしい研修になる事を心より祈り、通訳・お手伝いさせていただきます。


 同行技術通訳 通訳M
 

 と言う事で、来週からしばらくデュッセルドルフとベルリンに出張に行って参ります!

 人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 
[PR]
# by aoyadom | 2013-03-11 09:17 | 仕事

お気に入りドイツ土産

e0084001_15424316.jpg


12月にベルリン・テーゲル空港のルフトハンザ ワールドショップで見つけた
湯飲みタイプ(マグではなく、取っ手はついていない)のカップです。

 お手頃値段で、調度手に収まる使い安いカップ。

 最近、お客様に良く可愛い~!と注目される我が家の新顔カップです。
ちょっと嵩張るけど、空港で帰国出国前にさくっと買えるし、3月の出張で買い足ししよう!

人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 
[PR]
# by aoyadom | 2013-02-07 15:39 | 日本&ドイツの名品・珍品!
e0084001_13281393.jpg


 ザ・ムンジャンガンはその名の通り、野生の鹿と共存する国立公園内リゾート。
早朝にビーチレストランで朝食を取っていると、必ず毎朝鹿のの親子がゆったりと通り過ぎて
行きました。

 そんな風景に癒されていると、隣の某アジアの国から来られた女性グループの
一人が、私達がまだ直ぐ脇で食べているというのに、床に寝そべって自分の姿を撮影し始めるじゃあ
あ~りませんか!それでは、飽き足らず、上着を脱ぎ、水着で直ぐ横のビーチで
通り過ぎる鹿をバックに撮影会。夜は夜で、やはりヨーロッパ大陸の元共産圏から来た方々が
水着で食事をし、そのまま撮影会。場所をわきまえず、
究極のマイペースは、元共産圏で急にお金持ちになった方々に多いような気がするのは
私だけでしょうか。そして、もちろん食欲減退です・・・。

 
e0084001_1328131.jpg


 それを抜かせば、静かな日は夢のような朝食でした。
朝食メニューはアラカルトで様々な種類を頼めます。スイカジュースが特に美味。
はちみつも自家製で、美味しい。

e0084001_13281411.jpg


 ビーチレストランの直ぐ脇には、ビーチとマングローブが広がっているんだけれど、
そのマングローブの中に以前あったコテージを吹き抜けにして、湾と対岸の無人島や
ビーチを見渡せるSPAルームや、プライベートBBQガセボ。

e0084001_13281514.jpg


 そこでプライベートBBQディナーを頂きましたが、キャンドルをたっぷり炊いてくれて、
マグロのステーキが美味しい(柚子ポンを忘れた事だけが心残り・・・)素敵なご飯を頂きました。

 総合して、世界中探しても、一つのリゾート内で
乗馬・カヤック・シュノーケル・ダイビング・SPAが
楽しめるリゾートはないような気がします。これからまたビーチヴィラが増えるようだし、
人が多くなる前にまたリピートしたいなと、それに向けてまた元気に働く意欲が沸いている所です^^

  人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 

 
[PR]
# by aoyadom | 2013-02-05 13:28 | その他
e0084001_1726227.jpg


 2年ほど前に新しく出来た7棟ほどのビーチヴィラ。
お部屋前には専用のビーチチェアーやビーチベットもあり、
バリには珍しい白浜も直ぐ目の前に広がります。

e0084001_17262376.jpg


 お部屋は至ってシンプル。ソファーもあり、ベット奥には書斎机も。
贅沢を言えば、椅子が室内に、もう一つ椅子が欲しかったかな。
室内でルームサービスを食べた時などに椅子が一つしかなかったので困りました。


e0084001_17262491.jpg


 国立公園内に建てられているのもあり、貴重な木を切ったり、
植物を持ち帰ったりと言う事が禁止または厳しく制限されています。
それもあり、こんな木に親切な建て方。素敵だなあ~^^


e0084001_17262416.jpg


  ビーチ沿いのヴィラには珍しく大きなバスタブ付きも選んだ理由。
熱すぎるくらいのお湯もたっぷり勢い良く出ました。別個に固定式立ちシャワーもあり、
室内には洗面台シンクが2つ。2人一度に歯磨きなど終らせられるのはいいですよね。

 ビーチヴィラには直ぐ脇に朝食からランチ~夕食まで取れる絶景のレストランもあり、
マングローブのビーチに浮かんでいるような素敵なレストラン。

 夢のような朝食やBBQディナー、素晴らしいアクティビティー類も続いてアップします^^

 人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 
[PR]
# by aoyadom | 2013-01-30 17:26 | お出かけ
  新年初のフライトが満席で(成田~チャンギSQ)3人席の窓際主人・真ん中私
通路側の私の隣席日本人男性(推定30代前半)が、
なぜか熱心に鼻をほじる人で、うちの独主人が釘付け。
主人はわざとじっと見て、やめさせようとしているのに、
その男性はなんと丸めたり、飛ばしたり、
その様子を主人に実況中継をされて、床にもたくさん落としていたので、
彼の前を通る事も出来なくなり、私は石の様にエコ真ん中席で固まり、
すっかり機内食までも食べれなくなった通訳Mです。

 何だか石垣便では彼氏の鼻毛を切る彼女が隣席だったし、
本当に飛行機隣人運なしの我々です・・・。

 そんな過酷なフライトも乗り切り、バリ・デンパサール空港から車で約5時間。
ようやく念願の場所に到着。

  私に取っては宝石の様に大切にしたいリゾート。
THE MENJANGANのビーチ ヴィラ。

 バリ島、西部国立公園内の中に開発を許され、広大な敷地内にまずは
レセプション棟のバリタワーと呼ばれるこの建物。チェックインとレストランを
兼ねています。

e0084001_18443776.jpg


 チェックインのためにソファーに座り、美味しいフレッシュなスイカジュースを
頂いていると、目の前にレストランが。

 ここで後日、夕日の時間に食べた生パスタは
最高でした。ただし、トマトソース系のパスタは食べてはいけません。苦笑
なぜか、砂糖が入りあんかけ状態のソースでした。麺が美味しかっただけに
旦那めっちゃしょげていました・・・。

e0084001_184438100.jpg


 ここのリゾートの象徴的な建物バリタワー、バリの伝統建築に則り、我が家の築120年古民家の
様に木組みで、釘を1本も使用していません。1階部分に写真1枚目の絶景野外レストラン、

 
e0084001_18443994.jpg


 2階&3階部分も室内に大きな開放的なレストラン、
タワー中心部のこの可愛い階段をずんずん上がっていくと、
最後は下の写真の絶景景色。先に見えるのが、リゾートの専用ボートで45分で
到着するシュノーケル・ダイビングスポットのムンジャンガン島です。

  今回、こちらのリゾートを選んだのは、2年ほど前に新しくビーチヴィラに
滞在したかったのと、一つのリゾートでジャングル&ビーチ乗馬が楽しめ、
なおかつシュノーケル&ダイビング、これまたカヤックまでも出来ちゃう事!

 私達夫婦の趣味が全て揃った上で、独立ヴィラもあり、リラックス出来る夢のようなリゾート。
ビーチヴィラなのに大きなバスタブがあった事と、WIFIフリーも選んだポイントでした。
お部屋の前はまさしくビーチで、専用のチェアーやガセボ(東屋)も。

 大人なリゾートの雰囲気も保ちつつ、子供がいてもでも充分楽しめる構成。
欧米のお子さん連れファミリーが多かったのも納得です。
敷地内は、サファリパークのような2階建てのバスが常に巡回。
バリでも絶滅危惧種が見れるバードウォッチングやサイクリングも。

 ヴィラやアトラクション・お食事の様子もまたご報告します^^

 日本語サイト:http://www.themenjangan.jp/

  接客が素晴らしいマネージャー ゲルゲルさんは日本語もお上手、
支配人はドイツ語圏スイス人のナイスガイ!リコさん。

人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 
[PR]
# by aoyadom | 2013-01-28 18:44 | お出かけ
皆様、ご無沙汰しています。

 久々のアップで、明けましておめでとうございますに
なってしまいました。どうぞ今年も宜しくお願いします。

e0084001_1825983.jpg


 年末年始は殆ど休まずにバタバタと過ごし、1月1週目の週末に東京オートサロンで2日半初仕事。
今年は、過去最大出展者数に入場者数で、幕張は大変な賑わいでした。

 私はドイツから来日したドイツエアロパーツブランドの社長に付いて雑誌社の取材を受けたり、
一緒に会場を周ったり。ここ10年くらいで何度か通訳させて頂いている社長なので、
気心も知れ、自分で言うのも何なんですが、通訳タイミングもとても良かったと思います。
それは、お客様も私の通訳呼吸を気遣ってくれ、
言葉を切ってくれるタイミングを心得てくれているから。有難いです。

 1日目の夜は、輸入担当の日本代理店側責任者と西麻布はキルビル KILL BILL レストラン
として有名は権八へ。週末で大変な賑わいでしたが、90分間限定で、二階のボックス席へ
ご案内して頂き、お客様も大変喜んでくれました。

 あんなに広い店内なのに、ドリンクもお食事も非常に来るのが早いです。
そして、以前よりドリンクのレパートリーやお料理構成も豊かなものになり、
外れない接待場所だなあ~と再認識。お刺身から天ぷら、うなぎ石焼ご飯など何でも
美味しくいただけます。

 13日未明にお仕事終了後、そのまま殆ど寝ずに成田から2週間の休暇へ。
今回は15年のバリ島通いでも初めての西部国立公園内のリゾート THE MENJANGANへ。
それはそれは私にとっては宝石のようなリゾートでした。

 ご報告はまた後ほど詳しく^^

 人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 
[PR]
# by aoyadom | 2013-01-28 18:25 | 仕事