「ほっ」と。キャンペーン

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by aoyadom
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0084001_1018364.jpg


上野アトレ内のアフタヌーンティーで二人以上でアフタヌーンティーセットを頼むと、
選べるセットケーキ3つが、一人4つに!

紅茶もポットサービスで二回まで選べる!

平日のみ1013までのキャンペーンだけど、同業者と最近厳しいね〜と言いつつ、
ゆっくりしてしまいました♪

これで1575円はお得!!CP命のオンナであります~^^

そして、CPと言えば、最近、つくばでエクササイズがあると、
その後のご飯に通っているお店。「おにぎりカフェ クレマチス」

筑波大生のアパート街(春日)の中にあるので、私にとっての馴染みのエリア。
学生から小さなお子さんと一緒の家族連れ・近所のおばあちゃんまで、すご~くお客さんの幅広し。そして、素晴らしい回転率。

私の中で美味しさ・雰囲気・量どれを取っても、おにぎりカフェNR.1!

玄米と白米が選べるし、おかずも美味しくて量も◎
デザートも手抜きなしの手作り。
食にうるさい友人も感動してた本日昼・つくばランチ。

近所でこんな素敵なおにぎりカフェが出来たら毎日でも通うのに。
今新米の季節に入り、益々美味しいおにぎりカフェ^^
http://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080201/8010631/



人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 
[PR]
by aoyadom | 2012-09-16 10:18 | 外食
  バリが大好きで、過去何度となく通っています。
そして、大抵お気に入りになった所を数箇所繰り返し泊まり歩いてきました。

 お気に入りのVILLAの一つのSPA.で、ペディキュアをしていた時の
ネイリストとの会話を、友人とチャットしていて急に思い出しました。


 ネイリスト 「いつも一緒にいらしてくれるパートナーの方はご主人ですか?」

 私 「そうですよ、ドイツ人です。」

 ネイリスト 「結婚してどの位ですか?」

 ここからは一通りいつもよく聞かれるような質問で、自分達は日本で仕事を通じて知り合い、
彼はもうその時には日本で就業していた事、子供はいないこと、
結婚して何年目になることなどをお話しました。

 そうすると当然の様に、「それでは、貴方は日本人なのだから、あなたがご主人の両親に
仕送りしているのですよね?」と聞くわけですよ。

 私はものの10分位の会話で、客である立場の人に
金銭的な事を聞いてくることと、質問の内容に対する答えがYESであるのが
当然であると信じて疑わないセラピストに唖然としつつ、

 「ん?何で私が仕送りするんですか?私達がドイツの義理の両親に誕生日やクリスマスに
プレゼント代わりなどにお金を貰う事はあっても、
私達、ましてや私から金銭を送金するような事はありませんよ。」

 セラピストの彼女は、ドイツが先進国で豊かな国である事もよく分からなかったのか、
とにかく女性であっても、男性であっても、日本人だったら、相手の家族に仕送りを
するのが当たり前だと思っているようでした。なので、私の答えにはかなり疑問だったようで、
苦笑しながら、顔が?だらけ。

 「どうして仕送りしないのですか?」と再度聞かれたので、

 私 「送金してと頼まれたり、必要だなと思えばやったかもしれませんが、そう言われた事も、
必要だなと感じたこともないので、私が日本から義理の両親に仕送りした事はありません。」

 そう言われても、彼女は納得したような感じではありませんでした。
かえって余計に不思議顔されて、黙られてしまう始末。

 日本はODA資金の多くを東南アジア諸国に経済・財政援助と言う
形で協力してきました。
 
 そのことやバブル時代の日本人の金銭の使い方などが、
いつの間にか日本人であれば、金銭的援助をするのは当たり前と
思われているのかもしれません。

 私の周りでも、どうしてもアジア諸国の人と付き合うと
金銭的に頼られてしまったりすることが多かったり、仕送りが前提として
条件で出されたりしてしまうという話をよく聞きますが、
大抵が日本人男性、そして相手が日本以外のアジア諸国女性の場合でした。

 あ、でも作家の岩井志麻子がタイ人男性に要求され貢いでいたなと
思い出してみたり。彼女も言っていたけど、結局は、お金を持っている人が
出して当たり前、出して貰って当たり前と言う感覚がまだ根強いのでしょう。

 しかし、お金を持っている人が全てで、それを頼ってしまうのも当たり前と
考えてしまうならば、成長はありません。これぞ援助の悪循環。
もちろん成長を妨げている環境も問題ですが、日本人が、金銭的に頼られる存在であるならば、
金銭的だけでなく、発言力もあり、しっかりと自分達の存在を示す事も大切なんじゃないかと
最近のニュースも見つつ、考えさせられた今日この頃です。

  
e0084001_13355894.jpg


  ↑ちなみに、そのペディキュアを受けたスペースの写真が出てきました~苦笑

 
 人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 

 
[PR]
by aoyadom | 2012-09-09 13:37 | 小話