「ほっ」と。キャンペーン

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by aoyadom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ガーネットが導く縁

 
e0084001_5412081.jpg
 

 在独の日系会社でジュエリー担当だったのと、
そこから始まった宝石彫刻家たちとのお付き合いで、
私のジュエリー業界との関わりも17年近くになるのだけれど。

 石を巡る不思議な物語に出会った。
私の誕生石は1月のガーネット。

 その昔、まだ社会主義国だったチェコの友人宅に
訪れたのがきっかけで、産地であるチェコ産ガーネットを
16歳の時に購入。


 しかし、その後に知るガーネットの持つ深い意味と歴史により、
誕生石なのに、所持することを敬遠していた私。
特に人の想いが入るアンティークのガーネットは買わずにいた。

 東欧では、その血の様に濃い赤色により
昔からガーネットは「血族を繋ぐ」と言われ、
王冠などにはめられてきた。
 
 または、戦友に再び会えるとも言われ、
別れの時に贈り合ったり。

 ちょっとここでは、公開できないけれど、
知り合いの知り合いの方が
欧州で購入したカット済みアンティークのガーネットを
日本で加工して写真を撮ったら、
写真からブロンドの笑った女の子がくっきりと浮かび上がっていた。

 あまりにも笑顔で、はっきりと石に写る女の子。
ご本人は、怖がるどころか、
何かいい事がありそうと言っていたそう。

 そんなご本人、聞く所に寄ると、最近かの地での遠距離恋愛が実り
石に導かれるように、渡欧。

 私の思い込みかもしれないけれど、何だかガーネットの意味を改めて実感したのだ。

 これからは認識新たにガーネットに接してみよう。

 人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2012-02-20 05:31 | 小話