ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by aoyadom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

  今回のドイツ出張でもいろいろありました。 
でも、まずは最も私の中で印象深かった話を。

 私の高校時代の恩師(日本人女性)が体験して聞かせてくれた話なのですが、
彼女が近所の激安スーパーに行った時の事です。

 そのスーパーは都市部のちょっと郊外にあって、
まずそこで日本人、いやアジア系の人に、先生は今まで10数年
殆ど会った事がなかったと言います。

 その日は、店内に入った瞬間に混雑するレジで、レジ係の女性に英語で
捲し立てているアジア人女性二人が直ぐに目に入り驚いたそうです。

 店内は騒然。先生も唖然。何とその女性二人が「日本人の方ですか?」と先生まっしぐらに
駆け寄ってきて、

 「お店に入る前に他のお店で買って来たもの(5000円相当)の袋を店内の外、入り口脇に
置いておいたら、買い物している間に盗まれたんです!
ドイツ語でお店の方に言って頂けますか?」

 と言う・・・。

 先生「お店の外に置いておいたのですか?お店の人に声を掛けるとかはなく??」
 
 日本人女性二人「だって、まさか、ここはドイツですよ!!ドイツでこんな事が起こるなんて
あり得ないじゃないですか。だから、声は掛けなかったですよ!」

 
 先生「ドイツだからと言うのではなく、日本だって同じじゃないですか?何も言わず、ただ荷物を
その辺に置いておいたら、盗まれてしまっても仕方ないんじゃないですか?」

 
 日本人女性二人「日本だったら、絶対にないです。誰もそんな事する人はいません!」

 先生「本当にそうですか?なぜそう言い切れるのですか?」

 日本人女性二人「何か大事なものか、とにかく何かが入ってて、持って行ってはいけないと
思うからです!」


 先生「それは、爆弾か劇薬が、そう言う危険物が入っていると言う事ですか?」

 日本人女性「(無言)・・・。とにかく、日本ではあり得ないです!」 
 
 何でも日本はこうだと、言い張って比較した所で、日本はどうだと声高に主張した所で、
海外と言う全く事情も文化も違う所で、一体何が変わるのでしょうか。
違う場所に立って、そこで生活、もしくは一時的にでもその土地で生きるという事は、
そこの文化や状況を受け入れ、判断しながら、その土地に馴染み、自立していくと言う事なのです。

 先生はとにかく其の二人のためにレジ係の人にドイツ語で再度伝えてあげましたが
レジ係の人にすれば、「はあ~??」ですよね。と、私は推測します・・・。

 最後に、申し訳ないけれど、お店も先生も対処するすべはないと告げて、
二人から去る前に、先生はふと思い、二人に聞きました。

 先生「お二人はご旅行でドイツに来られたのですか?」
 と聞くと、

 日本人女性二人(推定20代半ば)「いいえ!ビジネス出張です!」
 と憮然としながら、はっきりと答えたそうです・・・。

 ビジネス出張で海外、しかもヨーロッパに来る女性二人が、其の程度の認識だった事に私は
本当に驚き。

 先生は、そんな穴場の激安スーパーを見つけた二人に驚き。

 その後、先生は自分の買い物を終え、車に荷物を積んでいる最中にお店を振り向くと
お店外の入り口付近で(荷物が盗まれた付近でしょう・・・)呆然と口を開けて座り込む
二人が見えたそうです。

 合掌・・・。

 ドイツ=日本と同じ様な安全な国 神話は未だ健在なのでしょうか?

 最近、まあ、私のドイツ盗難事件もありましたが、(過去ブログ参照)
今回も実は他にも盗難事件があり、最近のドイツでの盗難・犯罪率の増加は
国内において深刻な問題になっています。

  次回は、今回も遭遇した盗難事件についてご報告します・・・。

  決してドイツだけが盗難が多いわけでも少ないわけでもなく、
海外どこに行っても、普段の生活とは違うんだと言う意識をしっかり持ち
自分の身は自分で守れと言う事でしょうね。私は本当にここ最近の出張で痛いほど
実感しております。

 
  とにかく、とにかく皆さんにとって素敵なクリスマスでありますように!

e0084001_1343214.jpg

                     (義理母の家の窓際デコレートです^^)


 


  人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2009-12-26 12:02 | 小話


e0084001_2014692.jpg

 こんな工房で、皮のスペシャリストのマエストロに教授してもらえるなんて夢のよう。
e0084001_2074559.jpg

 こちらは、フィレンツエはサンタクローチェ教会内にある、イタリア屈指の皮専門学校。

 教会内と言うのが何とも幻想的。気軽に中は見学できますし、ショップも並立されています。
70代は悠に超えているであろうと言う熟練の職人さんが皮にブランド名の刻印を押している
作業横を通れたりと、新鮮。

 何と言っても相方がドイツ人整形外科靴職人なので、普段から、靴、皮に対するこだわりはもちろん、
靴の量が半端じゃない我が家。

 出張合間に友人に会いたくて、ふと一人で出かけたフィレンツエ
だったけれど、皮専門学校を発見して、すらりと入ってみれば、
ショップマネージャーに急に中をじっくり案内して貰えたり、ドイツ人相方の話、
日本の皮業界の話で盛り上がり、大変充実しました。

 念願のウフィッツイ美術館では、天使の彫刻に釘付け。午前中一杯では足りず。再訪を固く決意。
 

e0084001_20171129.jpg


 何より5年以上もフィレンツエで女性一人、ウェディングコーディネーターとして
イタリア人を束ねて奮闘&活躍している友人J
(リンクにHPあり)が元気そうで安心。そして彼女のお陰で美味しい・充実の4日間になりました。

 食い気ばかりでなく、今回はイタリア女子に囲まれた行った豪華SPA体験は忘れられぬ思い出^^
イタリアサウナは男女混浴と言う点では同じだけど、ドイツと違って水着着用なのですね。
日本に近くて入りやすかった。

 「フィレンツエ田舎便り」chihoさんに紹介して頂いた市内のB&BもCP素晴らしく、
また滞在したいな。市内中心部にある由緒あるVILLA、でも設備は新しくて居心地抜群!

 話が前後しますが、まだまだヨーロッパ報告続きます。
お付き合い下さい^^

 
人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 

 
[PR]
by aoyadom | 2009-12-22 20:01 | 仕事
e0084001_11423511.jpg


e0084001_12214264.jpg



  仕事後にお邪魔した義理の両親の家にて。
とても美しく家中をクリスマス一色にデコレートしてます。

 決して派手ではなく、昔からコツコツ集めたお母さんお気に入りの
オーナメントたち。自分で手作りしたツリーの焼き物もあるし、
クリスマスマーケットで見かける、近所の職人さん手彫りの可愛いクリスマス用木工品も。

 そんな暖かいリビングを見つめながら、クリスマスのご馳走、
ゲンゼ ブラーテン(あひるのロースト)とドイツ風ジャガイモ団子、漬け合わせに
赤キャベツの煮込みを。

 赤ワインを飲みすぎた夜でした。
ドイツに出張に出向く度に、私のリクエストを作って待ってくれている
義理母に感謝。息子はいつか連れて来るからね~(苦笑)


  人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2009-12-21 11:42 | お出かけ

e0084001_12221762.jpg


JAL407便成田-FRA.
こちらは前菜。アルザスの白ワインに合わせて頂きました。


e0084001_1132010.jpg


炊きたてのご飯とハンバーグをメインに。食べ過ぎ、寝過ぎの行きフライトでした。
食事やサービスは抜群に素晴らしいJALビジ。
シート自体はフラットだけど、スターアライアンス系や外資系の方が
隣席との仕切りがちゃんとしていたり、プライベート感がありますね。
コスメポーチが配られないのが残念でした。


人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2009-12-21 11:32 | 仕事