ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by aoyadom
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

  まだ番組名は言えませんが、とあるTV番組のロケ同行で
ドイツ・スイス
に7月末より数日前まで、約2週間行って参りました。 

 今年は東京モーターショーにドイツ車メーカーが1社も出展されないので、
車メイン&長期療養休暇だったワタクシには結構長い冬の時代の到来な
勢いでした。

 そんな中のご依頼。当初はリサーチャーとしての依頼だったのが
「やはり日本から撮影隊と現地に飛んで下さい」と言われた時には、
リサーチの成果を認めて貰えたようで、嬉しかったなあ。
私が大分前にプロデューサーにポロっと言った鯉ネタも採用されたようで^^

 ネタは、海外で人気な「日本物」または
「日本通」な方!


 今回は、ブログ繋がりのヨーロッパ在住の方々に大変お世話になりました!
この場を借りて心より感謝申し上げます。


 ディレクター自身も、撮影で初対面のブロガーの方と
話に夢中な私を見て、「二人って今日初対面なんだよね?ブログの繋がりって凄い!」
と本当に驚いていました。


 そんな撮影で訪れたのは、FRA.近郊のドイツ人が作る豆腐工場とか、

 山間地に突如として現れる鯉博物館とか
 
 
e0084001_15534973.jpg


 そこの展示物を見て爆笑中のディレクター
 
 
e0084001_155656.jpg


 年に何度も定期的に新潟を中心に鯉を直接買い付けに行っているだけあって、
日本紹介の数々のコレクションもバラエティーに富んでいて、素晴らしい!

 私的に一番頷けたのは、「穴子丼」の蝋模型。うちの相方の大好物。
本当に、来日したドイツ人ではまらなかった人を知りません。 

 今回は長く激しいお仕事だったので、最後の最後で、私の身にもトラブルが。

 多分、疲れもあり、集中力に欠けていたのでしょうね。

 スタッフの方と二人、ある晩、FRA.市内のNHホテルの脇で、日本料理屋
岩瀬さん向かいにあるタイ料理レストランにタクシーで向かったのです。
その日は他のスタッフと分かれて、2人だけのご飯。

 自分達の宿、FRA.のSASからNHホテルの前に降ろしてもらって
隣のタイ料理屋さんに行き、レストランの座席に
座った瞬間に日本携帯がないことに気付いたのですよ!!
 
 私、通常、赤いコンパクトな日本携帯と、プリペイドのドイツ携帯と
ヨーロッパでは2つを使い分けているのです、めんどくさい事に。

 
 でもね、日本携帯って番号500番近く入っているし
仕事上、ちょっと有名な人の電話番号も入っているしで、かなり慌てて。

 
 でも、よ~く考えたら、ドイツ人や外国人そんなの見ても分からないから
逆にドイツで失くして良かったのかしらなんて諦めモードに入っていたわけ。遠い目・・・。

 もちろんレストランに座って直ぐ気が付いたから、タクシーの中だろうと思い、
ホテルの前のタクシー乗り場にも戻ったし、
スタッフの方に携帯を鳴らして貰ったんだけど、2回は普通に鳴って留守電、3回目は
電源を切られていて。


 領収書はきちんと貰っていたから、タクシー会社に電話したけど
私達の乗ったタクシーはもう今晩は上がってしまって連絡付かないとか
もう、なしのつぶて。

 ほんと、料理に集中できなくて、残念。きっときっと美味しかったはずなのに。
(有名店で一度行ってみたかった所)

 そして、大事なのは、ワタクシ、シラフでございました。
失くした時点でお酒は一滴も入っておりません・・・。


 結局、翌日、ロケ用に借りていた自分達のロケ車の運転手(トルコ系ドイツ人)と
仲良くなっていたから、昨晩こうこうでって
言ったら、私のショックな姿を見かねたのでしょう。
彼、タクシー会社と運転手を脅してくれて、
私の携帯を取り戻してくれたのです!!


 運転手にタクシーで届けさせるって名目で
20ユーロ払わなければならなかったけど、まあ、仕方ないか。
やっぱりタクシー運転手が持っていました。
ドイツ人はみんな豚だ、日本はお金持ちだ、自分はドイツに25年居るけど
ドイツ人は大嫌いだし、ドイツも嫌いだし、なぜかドイツではタクシーしか職がないと
ずっと15分くらいの道中、愚痴ってばかり。
「だったらどうしてドイツにいるのよ?」と聞いたら逆切れした、
全く気分の悪い初老の外国人運転手でした。

 

 うちの旦那、ドイツ人よって言ったら鼻を豚の様に慣らし始めてどうして豚と結婚したんだ?!日本人はいいやつなのに!とか言うし、
そんなやつとの馬鹿げた討論にどうでも良くなって、確認せずさっさと下りたのが
いけなかった。

 しかし、奇跡でした。ハンブルグ生まれのドライバー「エロル」君。
両親はトルコ人であっても、ドイツ生まれ、ドイツ育ちなので、ドイツにおける
外国人の立場、辛さ、よく分かってくれていました。本当にありがとう!

 今回は、そんなんで、本当に行く所、行く所、人に助けられた
出張でした。

 また来週には別件でドイツ出張ですが、其の前にもう一丁くらいアップできるかな。

 暑い日が続いていますが、皆さん、お体ご自愛下さい^^

 
人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!



 

 
[PR]
by aoyadom | 2009-08-12 16:11 | 仕事