「ほっ」と。キャンペーン

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by aoyadom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

甥っ子が来ています

e0084001_2023259.jpg



更新が大分ご無沙汰になっておりますが、皆さんお元気でしょうか?

  更新がままならないのは、この甥っ子が只今初来日中なのです。
16才、義理兄の長男です。

 単独初来日の翌日には、地元の祗園祭りで山車を引かせ、
今日は世界一の直立大仏、牛久大仏へ。

 ドクター・ペッパーに感動したり、若いママが多いと私の田舎で驚き、
成田空港の大きさ・清潔さにビックリしたり。

 そして、日本のファションセンスや物価の安さにも、もちろんポジティブに感動。
これは最近、ヨーロッパからの旅行者には特に多いですよね。

 感動所がなかなか予想外だったりして、面白い。
また甥っ子日本旅、詳しくアップします(^-^)
人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
  
[PR]
by aoyadom | 2008-07-27 20:02 | 小話

疲れちゃう一言

  例えば、美容師の方が職業を聞かれて、

 A: 「ご職業は?」

 B: 「美容師です」

 A: 「じゃあ、髪の毛ちゃんと切れるんですよね?」

 って言われたら、聞かれた美容師Bさんは超脱力だろう。
だって職業が美容師だもの、髪を上手に切れてなんぼで、美容師と名乗っているのには
違いないから、聞かれるまでもないだろう。
料理人が料理出来るんですよね?と聞かれているのと同じ事だと思う。

 私は不思議な事に年に数十回と同じような質問を受ける。
 

 A: 「ご職業は?」

 B: 「独語通訳です」

 A: 「じゃあ、ドイツ語はペラペラにしゃべるんですヨネ~?」

 B: 「はい、仕事ですから、話せます」

 更によくあるのは、

 A: 「英語もペラペラに話せるんですよね~?」

 B: 「独語通訳ですから、ドイツ語が専門です。英語は日常会話位で
専門ではありません・・・、独語通訳ですから。」

 こう言う質疑応答、日常茶飯事。最近、妙に脱力してしまいます。

 きっと私の人間としての修行が足りません。きっと・・・。

 
 そんな妙に疲れちゃった時、私は家に帰ってから料理に没頭する。
私のオリジナルカレー。キャベツを塩コショウとごま油で炒めたものを
添えて、カレーと一緒に食べると言うだけのものですが、サラダが要らなくなるし
シャキシャキと、食が進みます^^ 

  
e0084001_2341276.jpg

 (↑カレーの具は市販のルーに、玉ねぎとニンニクのみじん切りを大量に炒めたものと
ニンジン、牛肉、ジャガイモ、エリンギ、しめじ、ヨーグルトの以上)


 人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!

  
[PR]
by aoyadom | 2008-07-10 23:42 | 仕事
  人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!




 
e0084001_10121190.jpg


 ピザ釜は無事完成。しかし、ドイツ人相方は日々進化させて
行っていて、釜へのピザ出し入れ専用・木の巨大しゃもじを
木板から、自分で削りだしたり、そこにイニシャルまで刻んだりと
もう止まらない・・・。

 先日、生地を6枚分用意して
焼いてみた。しかし、何と言っても初釜。

 ようやく3枚目にしてパリッと行ったんだけど
最初はうまく中に入らなくて、無理矢理カルツォーネになってしまったり
途中熱さが足りなくなってしまったり・・・。

 粉に大変詳しい、元大手菓子メーカーの研究職の人に来て貰ったので
いろいろアドバイスしてもらえたのがよかった。やはり初釜は24時間
ずっと火を起こし続けて炊き続けないと、なかなか馴染まないから
仕方がないと言う。

 
e0084001_10173934.jpg


 まあ、何とか食べれたし、なるべく休みの日には
火を炊いて、釜を馴染ませながら、美味しいピザが焼けるように
私は生地を工夫してみようかな。
美味しいものにありつくには、まだまだ修行が足りないようで。苦笑
でも↑の写真は3枚目のピザで大変好評でした^^
[PR]
by aoyadom | 2008-07-09 10:18 | 我が家

石垣島 「案山子の宿」

  
 人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!


  石垣で一番予約が取り難いと言われて長い
「案山子の宿」。以前は川平の方にあったのですが、
(そこは今ゆうなやサンと言う宿になっています)
数年前より空港近くの「宮良」と言う所にお引越し。

 
e0084001_10171826.jpg


  http://www009.upp.so-net.ne.jp/kakashi/
  宿HP 

 敷地も広くなり、緑一杯のお庭に直ぐ目の前がビーチ。
空を見上げると大きく飛行機が見えるのも、またいい感じ。
上の写真は、宿泊棟。全部くっついているように見えますが、
それぞれのお部屋が独立したコテージで2階が寝室、

 
e0084001_10435080.jpg


1階はリビングにバスタブ付お風呂、ウォシュレット付トイレ、ミニキッチン
そしてハンモック付のベランダも^^

 
e0084001_10441648.jpg


 宿泊は2泊以上の受付と言う宿の趣旨が宿に着いて本当に良く分かりました。

 
e0084001_10373011.jpg


 
e0084001_1021174.jpg


 相方はベランダのハンモックを占領。布ハンモックでやっぱり網より気持ちいい。

 
e0084001_10382519.jpg


 宿泊等の脇には食事を取るダイニング棟。
ここ↓で他の宿泊客の方達と朝・夕食を共にしました。

 
e0084001_10365277.jpg


 これは↓ある日の和朝食メニュー。和食・洋食が毎日交代です。

 
e0084001_112826.jpg


 
e0084001_1039743.jpg


 ある日のお夕食。量もたっぷり。ゴーヤチャンプルに海草サラダ、ジーマミー豆腐
お豆とトマトのスープ。
もりもり食が進みました。メインは何と!!

 
e0084001_10413048.jpg


 そう、石垣牛のステーキ。お箸で食べやすいように
脂身等があらかじめちゃんと切ってあるので
脂身を横に分けちゃった後の写真ですいません!

 また何と言ってもここの宿の名物はお食事も有名ですが、
たくさんの動物たち。犬に猫に陸亀に豚にもうたっくさん。

  
e0084001_1046299.jpg


 奥にまだ緑のパッションフルーツがたくさん生っているのが分かりますか?
美味しそう!でも、お庭の動物たちは皆、綺麗に手入れされていて
柵の中にいるので、苦手な人でも大丈夫。

 庭中央の東屋には、おしゃべりオウムちゃんもいて、
「は~い、案山子の宿でございます!」と電話の受け答えのマネまで・・・。

 
e0084001_10483676.jpg


 2日目の晩はお夕食は宿ではなく、市内の有名居酒屋「ひとし」にて。
と言うのも、ここの石垣牛炙り寿司が食べたかったのと、案山子の宿さんの
メイン料理は、お肉・お魚と日替わりなので、この日はお魚がメイン。
肉星人の相方の事を考え、ひとしを速攻予約。

 
e0084001_10504871.jpg


 予約は必須です。地元の人もお夕食代わりに来るし、値段も安め。
写真取るの忘れちゃったけど、まぐろ専門居酒屋と言うだけあり、
まぐろ握りの盛り合わせも安く美味しかったし、
石垣牛炙り握り(一貫200円)には相方相当感動していました。

 
e0084001_10535814.jpg


 石垣の87号沿いには、多分石垣ではここだけだったんじゃないかな。
(6月17日現時点で) もうミニマンゴーが売り出されていて、
(おっとう農園さん)試食用にと、完熟のミニマンゴーを
袋一杯に持たせてくれて感動。案山子の宿のお客さん達におすそ分けしても
食べ切れなかったほど。安くて本当に良心的な農園です。
「こんなに貰ってくるなんて、そこの農園の常連さん?」と宿のオーナーがビックリ
したほど。いえいえ、実は初めての利用。ただ3箱ほど送っただけ。
かなりおまけもしてくれて、後に那覇空港でマンゴーの値段を見てビックリ・・・。
ミニマンゴー(中には中玉もあり)好きなの選んで2キロ(約20個入ります)
で4000円弱でした。石垣の人が食べて、劇甘!と感動していたほど、甘かった。

  
e0084001_10564882.jpg


 これは、案山子の宿のお母さんの手作り紅芋ドーナッツ。
サーターアンダギー。
主人が美味しくて一瞬で食べてしまったら、またおかわりを揚げてくれました。
市内や土産屋で買う物より、あっさりしていて美味しい。油がいいのかな。

 まだちょっとアップしたい事は残っているのですが
長くなってきましたので、また次回^^
そんな事より9月の再訪までしっかり働かなくては・・・!

 

 

 
[PR]
by aoyadom | 2008-07-05 10:21 | お出かけ
  今回の石垣は、急に決めたマイルの旅4泊5日。
いつものティンガーラさんが取れず、オーナーの奥様が
お勧めだった近所の「ぷかぴ~」さんへ。
石垣島は山原地区、川平の手前です。宿のある表の通りには
有名なカフェ「カリブ カフェ」があります。

http://www.pukapii.com/
 宿HP

 
e0084001_179390.jpg


 私達は建物奥にあるコテージルームと言う
リビングとバルコニー付きの独立した離れへ。

 
e0084001_17101373.jpg


 奥に見えるのがコテージルーム。
2食付でオフシーズンだったせいもあり、一人1万円しなかったかな。
この宿はわんちゃんOKの宿です。トリミングもしてくれるみたい。
犬好きにはたまらない宿です。看板犬のラフテーもお行儀良く可愛かった^^

 
e0084001_17114758.jpg


 宿のリビングからの眺め。調度梅雨明けが明日からと言う
日に到着したのですが、翌日は素晴らしい眺めでした。

 
e0084001_17132732.jpg


 石垣のペンションには珍しく、大きなバスタブも付き。
至る所、本当に綺麗に清掃されていて、(犬臭い匂いは全くなかった)
トイレは有!ウォシュレット。(←これ、私には重要)

 
e0084001_17153377.jpg


 小さなキッチンも付いているし、バルコニーも広いし、
バルコニーにはちゃんと柵も高く取ってあるので、
お子様連れの家族旅行にも最適の宿かも。

 ただ、私たち、旅行中となると、
もう、本当にがっつり飲むわ食べるわなのです。
ちょこちょことつまみながらゆっくりと飲み
食事を楽しみたいので、お食事の量、特におかずが物足りなかったのが残念。
あと、2品くらい小鉢的な物があると嬉しかったな。
島ラッキョウとかね、ラフテーとか、何でも良いんだけど、つまめるもの。

 
e0084001_17195910.jpg

 
 でも、ここで初めて飲んだ「宮の鶴」と言う泡盛が
とってもまろやかで美味しく感動。
水割りにした時、石垣の水との相性が抜群。
この泡盛はストレートやロックで飲むのではなく、
あえて水で少し割って飲むとまろやかさが増して、より楽しめると思う。

 ボトルの裏を見たら、二件目の宿「案山子の宿」と同じ地区!
これは、行くしかない!と案山子の宿の方に聞いて
蔵元まで行って来ました。

 八重山諸島に来ると、宮古でも石垣島でも美味しい!と
思ったら蔵元に直接行くのが私達。

 この小さい360mlサイズを2本買って宿に戻りましたが、醸造所のお母さんに
今の時期、ちょっと工場見学はできないと言われ、残念。
でも、本当に民家の軒先でやっていると言う、素朴な素朴な醸造所。
地域の村で飲まれる分しか製造しないそう。
なので、市内に出回るのも少量の様なのです。

e0084001_17243961.jpg


 ↑門の石垣の上、「仲間さん」の表札脇に
黒い泡盛のボトルが載っているのが分かるかな。
これが目印。大手泡盛メーカー「請福」の工場裏の地区にひっそりと
佇む石垣に囲まれた昔からの民家。石垣空港からも15分弱の宮良地区です。

 買ってきてその日の晩に、早速1本空けてしまったので、
帰る日に再度蔵元へ。
先日に引き続き対応してくれたお母さんがウレシそうな顔で、
「小さいボトルより大きい方が値段もお得だよ~。また小さいの買うの
もったいないさぁ。」と大きなボトルを勧めてくれてたのですが、
「その通りなんだけど、今日帰るから、荷物に入らなかったら
大変だからさあ・・・」と言うと、小さいボトル
(何とこれ、360mlで350円・・・。申し訳ないくらい安いと思うのは私だけでしょうか)
「また来てくれればいいから、持って行きなさい、いいよォ~」と
持たせてくれたのです。

 何か感動して、思わず涙が出そうになっちゃった。

 桃里地区にある、今注目の宿「Silent Club」のカフェに行った時、
この「宮の鶴」のボトルが置いてあったので、これ美味しいですよねと言うと
今市内の酒屋さん、どこを回っても手に入らないと言う。
そう言えば、市内でも空港でも全く見かけず。
聞けば、醸造所の機械の一部が故障中。それもあって見学できなかったのね。
でも、元来とても小さい蔵元なので、希少価値が高いとおっしゃっていました。

 
e0084001_1738377.jpg


 そのSilent Club内にあるプライベートプールを激写。
私の指入り。(許して!;;) 
バリによくある、崖沿いに、まるで落ちるかの様に
わざと建てられたプールに似ているのですが、
目の前には青い海と山々がバーンと見えて
高台にあるし、息を飲む絶景プールです。
日本で今まで見たプールでナンバー1かも。
大きさがちょっと足りない気もしますが、(多分縦10m位)
まあ、3室だけの宿なので、問題ないでしょう。今度是非泊まってみたいな。


 今回の石垣の旅は短かったけど、
改めて、多くの人の温かさに触れる旅でした。

 マンゴー屋さんでもとっても親切にしてもらったり
ある居酒屋では、部屋でつまみながら飲んでと、
島らっきょの塩漬けをお持ち帰りに持たせてくれたりと
人々の温かさに幾度となく触れた今回の石垣の旅。
そして、隣には、石垣牛のあぶり握り一貫200円にも感動して、
失神しそうになったドイツ人が約一名・・・。

 何度来ても素敵な出会い、美味しい出会いがたくさんあるから
また幾度となく戻ってきてしまう石垣島。
宿も本当にお得で素晴らしい宿が多い石垣です。


 ハワイから帰国して翌朝、羽田から飛び立つと言う強行でしたが
いや、いや、かなり癒された~。

 マンゴーやその他の美味しい話、そして石垣一予約が取り難いと
言われて長い、「案山子の宿」のレポートは次回で^^
噂通りの素敵な宿でした。

  人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2008-07-03 17:40 | お出かけ