ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by aoyadom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0084001_23101830.jpg


石垣のアップをサクッとしようかなと思っていた矢先に、今日は急なお仕事。

これぞ役得!
そうこなくっちゃ。ウフフ^^

 今日のお仕事はドイツ系菓子メーカーにて、ドイツ人マイスター、
それも世界チャンピオンに寄る日本向け新作の
試作を都内スタジオにて。去年にも某百貨本店にて、彼のデモ&トークショウの
通訳でお会いしているので、大変やり易いお仕事でした。
そしてメーカー側の方も、私が通訳者として来てくれて良かった
と通訳冥利に尽きる一言。

 そしてこのメーカーの生菓子は、フランクフルト時代に
よく友人とフランクフルトの直営カフェで、
お茶しながら食べていたので、本当に親しみのある
老舗メーカー。社員の皆さんともフランク&ドイツの話で盛り上がったり、
また折々に気を使って頂き、大変親切にして頂く。

 今回は、日本人アシスタントさんの間に入っての通訳。

 自分では普段絶対に買えない様な高級菓子材料や、
(ドイツ産サワーチェリーの漬けたやつとかね)
試作過程で出た余剰分をツマミ食い(^-^)
う~ん、幸せ。
スタジオのある表参道の路面店でも、2度もお茶&ケーキをさせて頂きました^^
目で催促していたかしらん・・・??

 この写真の作業は、マイスターが新鮮なパイナップルに所々穴を開け、
バニラビーンズを刺している所です。
私にとってもお菓子作りの良いヒントを頂いた一日でした。

 人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2008-06-26 23:10 | 仕事

ハワイ総括

e0084001_1871687.jpg


 Hawaiiに着いて翌日はランチクルーズだったのですが、
ランチクルーズより楽しみにしていたのは、翌々日の絶景ポイント
「マカプウ岬」へのトレッキングツアー。
参加者約20名で、この快適小型バスで出発。
途中現地ガイドさんに、
「昔、家田荘子さんってハワイで長い間現地ガイドをやっていたんですよ」
と聞き、先日彼女を西銀座デパートのキティちゃん売り場で偶然見かけ、
私の友人と殆ど3人きりで、長い間買い物していたのをふと思い出す・・・。

e0084001_1874496.jpg


 ↑この写真の山に登りました。片道約40~50分かな。
筑波山のコースと似て、ゆったりとした上り坂。
しかし、その頂上に着いた時の絶景は筑波山を遥かに超えていたのは
もちろん言うまでもなく。

e0084001_188952.jpg


 ハワイのこのワイキキ側は1年を通して約8割以上の日々が
晴天だそう。この日もからっとした気持ちの良い天気でした。
石垣島のクラブメッド川平の小高い山から見る景色に似ていたけれど
何が違うかって、海の色でした。

e0084001_188365.jpg


 ↑俗に言う、「ハワイブルー」ってカクテルにしてもカキ氷にしても
とても人工的なブルーで、ほんとかよ~??って思っていたけれど
息を呑む青さ。これが、ハワイブルーなんだなとしばし無言。

e0084001_1884936.jpg


 ↑もう一つこの日感動したのが、全米Nr.1ビーチにも選出された
「ラニカイビーチ」。柔らかい白浜のビーチが続き、海の色はホワイトブルーと
でも言ったらいいのかな。何とも表現しがたい優しい色の非常に美しいビーチ
でした。ここで次回はゆっくりしたいなとしみじみと思いました。
バスは一瞬の見学停車。

e0084001_1891527.jpg


 ↑最後にハワイ滞在中一番美味しかった食事。
メーカー側主催、ヒルトンでのディナーパーティーでは
フレンチのフルコースで、こちらはメインディッシュ。
お肉も柔らかく、海老もぷりっぷりでした。

  本当にいろんな意味で意外だったハワイ。
自腹で行った事がなかったけれど、今回の招待旅行で
ハワイの良さを教えて頂いたので、今度は是非小規模の素敵な宿に
滞在して、プライベートで行って見たいな。

 人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2008-06-24 18:23 | お出かけ
 
e0084001_11382843.jpg


 人生初のチャイナエアーでホノルルへ。
足がぐ~んと伸ばせるEXIT SEATになったのは良いものの、
食事の選択が「チキンかビーフ」に驚き。
なんで2つとも肉系なのよ~!
そしてチキンは、「鳥皮」と表示して欲しかったくらい、皮しか見当たらず。
海外フライトで、腹ペコ現地入りしたのも人生初。


e0084001_1192581.jpg


 そんなんで腹ペコ状態の早朝にホノルルに着き、
今回はヒルトン ハワイアンビレッジのタパタワーと言う
いくつかある宿泊棟の一つに3泊、弟とツインルームに宿泊しての招待旅行。

 久々の?いや初?の団体旅行&かなりキツキツのスケジュールで疲れたけど
ホテルのお部屋からの眺望で癒されました。
そして、いつもは自分がお客様を案内する立場なので
何から何までやって頂くのは、本当に新鮮&かつ感謝。

 しかし、ガイド業はしないワタクシでも、
旅行会社の方やガイドさんと組んで仕事をすることは多々あるので
彼らの動きがいちいち気になる。笑 
そしてある意味素人じゃないと、なぜか添乗員の方に見破られました。
でも、本当にメーカー側・旅行社共に
素晴らしい仕切り。メーカー側Aさん、H急・かばさん、お疲れ様!

 ツインのお部屋ですが、かなり広め。
室内はとても落ち着いたインテリアで清潔に保たれています。

e0084001_1194062.jpg


 バスルームに入る手前のBARコーナーに
コーヒーメーカーが。無料で本格的なハワイ産コナコーヒーが飲めるのは
嬉しいサービス。冷蔵庫には何も入っていなかったのですが、
敷地内にABCストアーがあるので、大丈夫。
24時間何でも気軽にお買い物できます。

 このヒルトン、もう、いろんなタワーが混在していて
一体、総宿泊数ってその位なんだろうって・・・。
私達の招待ツアーだけでも650人近く居たのです。
本当に広いホテルですが、敷地内でなんでも出来ちゃうので
便利。レストランも充実しているし、ブランドショッピングから
コンビニ買い物まで、全てヒルトン敷地内で済んでしまいます。
↓の前記事写真ではボケボケになっていたベランダからの絶景。
お部屋から眺めるワイキキビーチです。
e0084001_1195441.jpg


 しかし、本当に自由時間が殆どないスケジュールで、
早朝にハワイに到着し、チェックインできる時間まで
ビッチリ観光&昼食。この絶景も眠くて眠くて
ようやく写真に収めたという感じ。
e0084001_1111024.jpg


 今がマンゴーの最盛期と言うハワイ。ガイドさんに、「ほら、あそこにも!」
と度々言われながら、バスの車窓から
普通に庭先にゴッソリなっているマンゴーを羨ましく眺めていたんだけど
不思議や不思議、ホテルの朝食でも、どこに行ってもマンゴー出て来ない!

 同じグループの女性に、「マンゴー、マンゴーって
言われているのに、どこ行ってもマンゴー出て来ないですよね、
もうホント不思議。何だか悔しくなってきた。」と言ったら、翌日ガイドさんに
聞いてくれました。

 実はマンゴーは漆科の植物で、肌の弱い日本人は
10人に一人くらい手や口の周りがかぶれる事があるんですって。
それがあるので、ホテルなどでは決してフレッシュマンゴーをカット
した物は出さないそうなんです。

 Fさん聞いてくれてありがとうございました!原因分かってすっきりしたけど
悔しいから、ABCストアーに行って買ってきて食べました~。
でも、小さなパッケージで4ドルは何だか割高に感じたし、甘さはイマイチ。
そして帰国前日の夜、皆中心部のショッピングエリアで買い物にいそしむ中、
私は一人、いや、同じツアーのおじ様がお一人、
ワタクシに同行したいと言う事で、2人で
地元のスーパーを探す旅へ。中心街(DFSがある辺り)から徒歩15分くらいで
無事見つかり、フレッシュマンゴーをゲット!ついでにドイツサラミや
お菓子、ステーキソースなども購入。
そうそう、今回は、アメリカでしか手に入らない
私の大事なハーブ系睡眠薬メラトニンもABCストアーで購入。
私の時差ぼけ解消薬。後に残らないし、自然派だし
3時間はぐっすり眠れます。

e0084001_1139254.jpg



  特大サイズ2つのマンゴーを
ビニール袋にがっつり包んで、その上からビキニを置いて
特大パット入りビキニに見せかけるべく
万全のX線検査対策を施しパッキング。その甲斐あって、マンゴー無事日本到着。

 しかし帰国後、翌日から行った石垣のミニマンゴーの方が甘かった。
(両方を食べ比べた母談)
いやいや、苦労して買って持って来た事に意味があるのです!

 次回でざくっとハワイ総集編~そしてまたもや石垣の休暇編もアップします^^

  人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2008-06-23 11:54 | お出かけ

ハワイより

e0084001_18105531.jpg


 招待旅行で弟とハワイに今朝までいました(^-^)
ワイキキヒルトンのタパタワー、お部屋のベランダより。

 今、ハワイはマンゴーの最盛期!しかし、どこに行ってもマンゴーが出ない・・・。
この謎は後程!

 明日早朝羽田から石垣です。
我ながらスンゴイ強行スケジュールに、やっぱりキツイかも(>_<)

 
人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2008-06-15 18:10 | お出かけ

ひゅうま君のこと


 私が育った田舎の近所に「ひゅうま君」と言う
年下の男の子が住んでいました。

 ひゅうま君のおうちは大家族。確か上に2人のお姉さん、
下に2人の妹さんが居たと思います。

 ひゅうま君はその名前ゆえ、小学校に行くと
いつもからかわれ、登校する前には自分で自分の
体を庭の木に縛り付けて、学校に行かないと泣き叫び
両親が毎朝木から引っ張り剥がすのが大変だったと
それを毎朝の様に見ていたと言う近所のおばさんに
先日たまたま聞きました。


 注:ひゅうま君は当時一世を風靡していた
漫画「巨人の星」の主人公、「星ひゅうま」にちなんで
名付けられた為。私もその当時は、「星ひゅうま!」
何て言いながら、ライターを目の近くにあてて、
(ひゅうまは精神的に燃えて来ると、目の奥にまで
 炎が灯り、文字通り燃えていた)
ひゅうまごっこをやり、前髪にライターの炎が付き、
前髪半焼と言う馬鹿な事になっていました・・・。

 私、当時、毎朝
ひゅうま君と同じ登校班だったのに、そんな凄い事
どうして覚えていないんだろう。

 その位、ひゅうま君は私の記憶の中では
とっても明るい子で、
町内の子ども会では人気者だったし、
皆をいつも笑わせていました。


 きっと学校以外でも遊ぶ事の出来る
たくさんの友達や、遊び場、つまり彼なりの
逃げ場がたくさんあったからでしょう。

 少し前からボクシングジムに小中学生が
数人来ていますが、とても大人しく、挨拶さえも
きちんと出来ない男の子たち。
でも、ジムに来るにしたがって
少しずつ表情が変わってきているのが目に見えて分かります。

 
e0084001_2333519.jpg

( 友人と男性との練習風景・手前はコーチ)

 これはあくまでも私の想像ですが
何か彼らなりにストレスを抱えていて、
その逃げ場、ストレスのはけ口として
ボクシングジム来ているのか、
あるいは何かに対して強くなりたいと言う願望が
ボクシングを始めると言うきっかけになっているのでは
と思うのです。

 私の田舎や、今住んでいる土地にも
昔よりは減りましたが、まだザリガニ釣りや
糸トンボ捕りが至る所で出来ます。
そして子ども会など
地域の横の繋がりの活動も盛んです。

 そんなひゅうま君の話を聞いた日のは
実家で「三峰様」と言う行事があり、
火から家を守る火難除の神様として有名な埼玉の三峰神社に
町内の殿方の代表が参拝に行った後、神社から持ち帰った
御札に近所の家主が集合し、祈祷して火災から
今年も町内を守りましょうと言う会に、私が実家の母の
代役として炊き出し隊に参加したからでした。

 公民館で殿方のための宴会の準備をし、
豚汁を作り、つまみを用意し、お酌をし・・・なんて
あ~、めんどくさい!何でこう言う時に肝心の母居ないんだよ!
私はもう嫁に行った立場なのにィ
なんて思いながら、実家近くの公民館に向かったのですが
久々に近所の様々な世代の方々に遭遇し
懐かしい話も聞けて、考える事も多く、
こう言う行事も悪くないなあ~と思った夜でした。

  人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2008-06-08 23:04 | 小話

ドイツ人職人の情熱

e0084001_19323117.jpg


 ただ今、我が家のドイツ人職人の情熱の大半は
このピッツア釜に注がれております。

 休日はひたすらこのピッツア釜作り。
もちろん土台のコンクリ練りから、レンガを包む
粘土と切り草混ぜまで、材料を何とか調達してようやく
ここまで来ました。もう始めてから3ヶ月近いかな。

 途中、耐火モルタルの配合を間違えて
モルタルが雨水で溶け出したり、切り草が手に入らない
と言うトラブルがありましたが、モルタル部分は無事修正でき、
切り草は知り合いのJ○Aの厩務員さんに分けて貰いました^^
粘土はネットで購入。

 休日の少ない時間を利用しての作業なので
ペースはゆっくりですが、ここに来て、仕事後や出勤前も始めるように。

 相方ながら本当にマメで感心しています・・・。

 近所の人や日本の友人たちには驚かれるけれど、
ヨーロッパの男性だと自分で何かを最初から作るとか、
ちょっと器用な人だと何年か掛けて家を一から自分で作るなんて
のも結構良く聞くので、あまり珍しい事ではありません。

 まあ、後は私のピッツアの腕を磨くだけです。
頑張ります!
人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!

 
[PR]
by aoyadom | 2008-06-03 19:41 | 我が家