ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by aoyadom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0084001_13563786.jpg


 私の大好物の一つに山菜類があるんですが、
親友が越後湯沢の旅館にお嫁に行ったので、ここぞとばかりに
「山菜の季節に行くから呼んで~!」と、主人と山菜採りも兼ね、
親友の旦那様の実家に宿泊。

 写真↑が今回初めて食べた「こしあぶら」と言う山菜。翌日の午前中、スキー場脇の
雪が溶けた辺りにたくさん生えていました。細い木の頭の部分にポッと生えていて
それを摘み取るのですが、一つの木のうち、一つは緑を残してあげないと
木全部が死んでしまうので、ちょっと注意。
ドイツでは山菜は薬草としてお茶になったりしてしまうので、日本の様に
天ぷらにしたりお料理としては食しません。でも、相方は大好き。
このこし油の天ぷらに感激していましたし、山菜取りにも夢中。

e0084001_1356502.jpg


 ↑こちらは、私達の夕食を準備中の旅館の女将。親友の義理のお母様が
お父様と一緒に前日に私たちのためにたくさん採って来てくれました。
こし油、こごみ、ぜんまい、木の芽等々。

e0084001_13571032.jpg


 宿泊した「丸田屋」さん。由緒ある日本家屋で落ち着きます。
お部屋はシンプルな畳の和室で、お掃除が行き届いていて清潔。
温泉はありませんが、歩いて直ぐの近所に温泉施設あり。


e0084001_13573162.jpg


 泊まった晩のお夕食。山菜三昧。これに豚の味噌漬けやカニ、
お刺身なども付き、お腹一杯!さすが魚沼が目と鼻の先だけあって
おコメが美味しかったなあ。翌日の和朝食ではご飯を3杯も食べてしまった
ワタクシ・・・。

e0084001_13574277.jpg


 これで、驚きの1泊2食付一人7000円です。
スキー場(ナスパ)や温泉もたくさんあって近いし、夏はハイキングも最高。

 来年もきっと山菜採りにお邪魔する事間違いなし!

 越後湯沢 丸田屋さん
 http://www.street-voice.com/marutaya/

人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!

 余談ですが、ユニクロのブラトップ(ブラとキャミの一体型)に
はまっています。1500円とは思えない丁寧な作りと素晴らしい着心地。
もう3着買っちゃった。激しくお勧めです。
[PR]
by aoyadom | 2008-05-27 14:19 | お出かけ
e0084001_20345567.jpg


 リンクの一番上にある
「まいにち酒飲み」のkasumixさんの
肉欲の日々~・・・と言う題名の記事を見てから釘付けだった、このお店。
新大久保にあるサムギョプサル専門店、韓国家庭料理トマト。

 本場韓国でも、この石の一枚斜め板で頂ける所は、そう多くはありません。
脂がほどよく下流に落ち、最下流にはキムチが乗っているので、
豚の三枚肉の脂がしみて美味~!

 kasumixさんが言う通り、路地裏に入り口があり、少し見付けにくいけど、
入ってしまえば清潔で、そこは韓国そのもの!
ボッサムやウイキョウで味付けした手間の掛る豚足などサイドメニューも充実!
火曜日のサムギョプサル半額デーと言うのもあり、
韓国人学生などでごったがえ、行列でした。六時前に入って正解。

 サムギョプサルを頼むと、韓国と同じ様にきちんとエゴマの葉っぱも
ネギサラダも付いて来るし、言う事なし。

 ただ一点言わせて貰えば、サンチュじゃなくてサニーサラダだったのが残念。
そんな事はまぁ、どうでもいいやと言う位、箸は進みます(^-^)
只今サムギョプサル仲間募集中!

 kasumixさん、いろいろ美味しいインフォ、ホントありがとう~!
大きな仕事をやっつけた後にはサムギョプサルだわ、と実感。
大きな仕事の前、前夜祭でも良いかも。

 結局いつでもいいの・・・。
LOVEサムギョプサル♡

人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!

 
[PR]
by aoyadom | 2008-05-22 20:34 | 外食

インポートカーshow@ 幕張

e0084001_065410.jpg


インポートカーshowに仕事で今日から来ています。
明日・明後日は一般入場日。

私が通訳するブースはポルシェやメルセデスベンツの
チューニングパーツなど、ドイツ車全般のチューニングを専門に扱っている会社です。

幕張開催ですが、昨年に続きドイツ人ゲストのリクエストで、
宿泊先は汐留のパークホテル東京。
ここは非常に外国人に人気のあるホテル。

地上25階にロビーがあり、チェックインしながら、
東京タワーを眺められると言う絶景のデザインホテル。
つかの間の役得を満喫(^-^)
 

 人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2008-05-17 00:06 | 仕事

またまたBBQ

e0084001_17215518.jpg


 GW中は急なテープ起こしの仕事が入ってしまったり、コレぽんメール翻訳
夜中の電話会議等々、
様々な事が重なってしまったので、(来週からインポートカーショウが始まるのです)
どこに出かけるのでもなく、GW明けにドイツ人の友人を招いて我が家の
新しいBBQスペースでPARTY。
いつもの様に、豚の厚切りステーキを中心に、にんにくヨーグルトの
ギリシャソースは主人の手作り。

e0084001_17221665.jpg



 今、庭にBBQスペースを工事中ですが、BBQは出来るようになって、
後は並立するピザ釜を残すのみ。先日友人のJ○A関係者から
藁や切り草を分けてもらって、釜の丸い屋根部分の粘土に混ぜる材料が
全て無事揃いました。完成まではまだまだかな。とにかく全て土台の
コンクリートを砂利と混ぜる所から手作りです。

 そして写真の大きさのビールをドイツ人達それぞれラッパ飲み。
まあ、何本もいちいち持ってこなくて済みます・・・。

e0084001_17222842.jpg


 この晩の私のお皿。庭の竹の子を掘り、直ぐ皮を剥いて
その場でアルミホイルに包み、蒸し焼きにしました。そして抹茶塩で。
これがドイツ人にも大好評で、私も感動。
もう一回くらい食べれるかな?

 もし皆さんのおうちにBBQの定番!みたいな物があったら
是非教えて下さいね。

 人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2008-05-11 17:31 | お料理

冠婚葬祭を体験する

その国の文化を肌で感じる。

 そのためには、やはりその国の冠婚葬祭に出席するのが
一番だと思う。

 外国の結婚式に出席するのは、
今や珍しい事ではないと思うが
結婚式でのマナー、贈り物の仕方など、
お国によって様々だと思う。

 日本式に披露宴、お祝いを現金で包むと言うのは
ヨーロッパ人にはなかなか理解しがたい。
大抵、こう言うのもがお祝いとして欲しいかも・・・とリクエスト
があったり、聞いたりして、それを贈った上で
結婚式やPARTYに出席する。

でも、最近では
もう引越しも済ませたし、一通り持っているから、現金で
貰えると有難いと率直に言ってくれるカップルもあるし、
親しい親戚・友人などからは現金を貰ったりする時も
ドイツではあるけど、皆が式場の前で現金の入った袋を
受付で渡すと言うのは、もちろんない。

 なので、私達の結婚式(日本)では、当時円高・マルク安と言う
のもあり、マナーを説明した上で、ドイツ人ゲストは
一律・幾らでいいよと
事前に安い金額で揃えて貰った。2次会も会費制と言うもの
不思議だったようだが、こちらも事前に説明して無事終了。

 ドイツでは、(ヨーロッパの他諸国も同様だと思う)
パーティーを主催する側が全額を負担し、会費制と言うことは
まずあり得ない。ゲストはプレゼントなどを持参するのみ。

 それに対して、お葬式はと言うと、
私は幸にも、まだドイツでのお葬式参列体験はないので
実情・習慣等分からず。

 ただ、以前友人が、ティーパーティーにお呼ばれした際に
手土産にパンジーを持っていったら、
「私は好きだから良いけど、ドイツでは
お墓周りに植える物だから、お土産には
贈らない方がいいわよ。」
と言われたそう。

 そんなワタクシも嫌と言うほど、ドイツ人ゲストや相方から
菊の花をプレゼントされている。
何度、仏花と説明した事でしょう・・・。

 こんな記事を書いたのも、今晩急にお通夜が入ってしまい、
ドイツ人相方と、近所のドイツ人の女友達、
在日ドイツ人2人組みで
行ってもらうことになった。

 私は明日告別式に参列する。
2人ともよく知る、皆共通の日本人の友人だったのだが、
相方も、もう一人のドイツ人の友人も仕事の関係で
告別式には出れないので、
「その「おやつ」に友人(独)と行く!」と
ワタクシのドイツ人相方・・・。
告別式には一緒に参列した事はあるけれど、
私が同伴しないでのお通夜は初めて。

 何度言っても、「おやつ」の意味も分かっていないのに
「おやつ」と繰り返す主人に、非常に不安なワタクシ。
しかし相方達が行く事で、故人も
「ドイツ人でもちゃんと友人と駆けつけて来てくれたんだ!」
と天国で少し驚いて笑って、そして喜んで
くれるといいなと願っている。

人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!


  
 
[PR]
by aoyadom | 2008-05-07 08:50 | 小話