「ほっ」と。キャンペーン

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by aoyadom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:お出かけ( 86 )

  最近、なかなかUP出来ない放映前のTVの仕事が続ています。
放映前に撮影現場などで撮った写真などは、勿論、ネット公開を固く禁じられているからです。

 ちょっと前までロケ班通訳として詰めていたのは、羽田空港。
ドイツから空港設計のプロが来て、羽田空港の全てを覗き、検証するという番組でした。

 そのロケもグアムからの仕事帰り、トランクだけ入れ替えて翌日羽田へ。
ここの所、ちゃんと休んでいないので、7月梅雨明け時期を狙い、大好きな石垣行きを
計画しました。

  
e0084001_16155368.jpg

   (石垣島のシュールな地元中学生による標語看板)

  残念なことに、スカイマークさんは成田空港から一切撤退したし、幻の成田~石垣直行便は
今やどのエアラインもやっていません。石垣への直行は羽田から大手日系2社のみ。

 そこで、成田が便利な我が家は考えました。どうすっぺ~と。
今まで日系2社、バニラはじめ、LCCも全て試しましたが、なるべく成田経由で安く効率的に
石垣に行きたい!となると、

  成田~那覇をLCCを使い、那覇から先は日系2社で石垣まで乗り継ぐ。
これが、LCCターミナルに成田から着いちゃうと、めっちゃ遠くて時間がかかるから、
LCCでも通常のターミナルを使用しているジェットスターが一番乗り継ぎが早い。

 しかし、連携しているJALの乗り継ぎを買っても、通しでチェックインは成田からできず、
(荷物もね)一度到着ロビーを出て
JALでまたチェックインし、保安検査場を通らなければダメと今電話で言われました。
(逆もしかり) 

 と言う事は、乗り換えに1時間くらいは一応見ないとだめかなと。
でも、他のLCCを使うより那覇のターミナルでの乗り換えを考えると断然楽です。
ジェットスターは、那覇でのターミナルが日系2社と同じと言う利点だけではなく、
成田~那覇も本数も多く、選択幅も広い。なので、その後の乗継便も選択しやすくなります。

 で、結論は、行きGK305 成田~那覇 11時10分~14時10分
  乗り継ぎ RAC(JAL系列)705 那覇 15時45分~17時ちょうど石垣着

         帰りJTA610  石垣~那覇 12時15分~13時15分
  乗り継ぎ GK304 那覇~成田 14時50分~17時25分

  で、一人往復3万円ちょっととなりました。7月のハイシーズンで今取ったので
御得な方ではあります。ジェットスターさんのセールを上手く利用していれば、もっと
安く取れましたね。同じ時期の日系2社の羽田~石垣の直行が片道で3万するので、
善しとして、どんなんだったか、またご報告します。

 これで、ジェットスターとJALが通しでチェックインできるようになれば一番楽なんだけど
なあ。マイレージや特典航空券は相互で使用できるのに、是非!何とかして欲しいです。

 でも、LCCと通常のエアラインを乗り継ぐ時は、荷物はいちいち
取り出さないといけないし、LCCでは荷物預けで別料金もかかるから、
基本小さな荷物だけで身軽に旅する事が必須ですね。

  それでは、石垣での休みを夢見て、またまたドイツ・イタリア出張へ出かけてきます!
今回はお二人だけのウェディング(イタリア・アマルフィ-)と新婚旅行(ドイツ)
を通訳Mがプロデュースしつつ、同行通訳の出張です^^

   
人気blogランキング>へ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!

          
[PR]
by aoyadom | 2015-05-31 16:16 | お出かけ
 ドイツ研修が終わり、一瞬の日本滞在で仕事を片付けた後、
3泊でソウルに行って参りました^^ 風邪を引いてしまったので、お野菜一杯の
サンパプ、干しタラのスープに癒されましたあ。

 一日は韓国人作家の友人とあるプロジェクトの打ち合わせで、
後はのんびり。一緒に行くはずだった友人と娘ちゃんが北朝鮮情勢で見送ったのが
残念でしたが、娘ちゃんが一緒の事を考えると母としては当然の決断だったと思います。

e0084001_1130936.jpg


 ソウルに行くと必ず食べるもの。今となっては、日本では少なくなってきましたハニートースト。
ふんわりのトーストにキャラメルソースがけを三清洞の一角にあるカフェで頂きました。

e0084001_11301046.jpg


 もう、ミュージカル・舞台類も結構見ているし、(今回も2本見ました)
ミョンドンは待ち合わせと両替位に行く感じで、宿は動きやすい・そして美味しい韓国定食屋さん
などが集中するインサドンの新しいホテル・AVENTREE JOGNOへ。
とっても綺麗で、便利で、インサドンのど真ん中。最高の立地にCPで感動しました。

 そんなインサドンから歩いて10分くらいの所に三清洞サンチョンドンと言われる
古い韓屋が立ち並び、そこがポップなカフェやブティックになっていたり、
美味しいイタリアンやご飯やサンも多い素敵な地区があります。
宝石美術館・現代アート美術館など、時間を掛けて見て見たい美術館も目白押し。

e0084001_11301138.jpg


 次回はもっと時間をかけてこの辺りを散策してみようと思います。

 悪かろう・安かろうのエアアジアの恒例の遅延祭り、しかし往復12000円(全てコミコミ)で
行きましたが、前後余裕を持ったスケジュールで正解でした。しかし、無理が祟って
機内で航空中耳炎に・・・。

 激安フリープランでソウルに行く方法、幾らでもお教えしますが、勇気と覚悟と忍耐力と
時間が必要であります!

 
人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 
[PR]
by aoyadom | 2013-04-14 11:30 | お出かけ
e0084001_1726227.jpg


 2年ほど前に新しく出来た7棟ほどのビーチヴィラ。
お部屋前には専用のビーチチェアーやビーチベットもあり、
バリには珍しい白浜も直ぐ目の前に広がります。

e0084001_17262376.jpg


 お部屋は至ってシンプル。ソファーもあり、ベット奥には書斎机も。
贅沢を言えば、椅子が室内に、もう一つ椅子が欲しかったかな。
室内でルームサービスを食べた時などに椅子が一つしかなかったので困りました。


e0084001_17262491.jpg


 国立公園内に建てられているのもあり、貴重な木を切ったり、
植物を持ち帰ったりと言う事が禁止または厳しく制限されています。
それもあり、こんな木に親切な建て方。素敵だなあ~^^


e0084001_17262416.jpg


  ビーチ沿いのヴィラには珍しく大きなバスタブ付きも選んだ理由。
熱すぎるくらいのお湯もたっぷり勢い良く出ました。別個に固定式立ちシャワーもあり、
室内には洗面台シンクが2つ。2人一度に歯磨きなど終らせられるのはいいですよね。

 ビーチヴィラには直ぐ脇に朝食からランチ~夕食まで取れる絶景のレストランもあり、
マングローブのビーチに浮かんでいるような素敵なレストラン。

 夢のような朝食やBBQディナー、素晴らしいアクティビティー類も続いてアップします^^

 人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 
[PR]
by aoyadom | 2013-01-30 17:26 | お出かけ
  新年初のフライトが満席で(成田~チャンギSQ)3人席の窓際主人・真ん中私
通路側の私の隣席日本人男性(推定30代前半)が、
なぜか熱心に鼻をほじる人で、うちの独主人が釘付け。
主人はわざとじっと見て、やめさせようとしているのに、
その男性はなんと丸めたり、飛ばしたり、
その様子を主人に実況中継をされて、床にもたくさん落としていたので、
彼の前を通る事も出来なくなり、私は石の様にエコ真ん中席で固まり、
すっかり機内食までも食べれなくなった通訳Mです。

 何だか石垣便では彼氏の鼻毛を切る彼女が隣席だったし、
本当に飛行機隣人運なしの我々です・・・。

 そんな過酷なフライトも乗り切り、バリ・デンパサール空港から車で約5時間。
ようやく念願の場所に到着。

  私に取っては宝石の様に大切にしたいリゾート。
THE MENJANGANのビーチ ヴィラ。

 バリ島、西部国立公園内の中に開発を許され、広大な敷地内にまずは
レセプション棟のバリタワーと呼ばれるこの建物。チェックインとレストランを
兼ねています。

e0084001_18443776.jpg


 チェックインのためにソファーに座り、美味しいフレッシュなスイカジュースを
頂いていると、目の前にレストランが。

 ここで後日、夕日の時間に食べた生パスタは
最高でした。ただし、トマトソース系のパスタは食べてはいけません。苦笑
なぜか、砂糖が入りあんかけ状態のソースでした。麺が美味しかっただけに
旦那めっちゃしょげていました・・・。

e0084001_184438100.jpg


 ここのリゾートの象徴的な建物バリタワー、バリの伝統建築に則り、我が家の築120年古民家の
様に木組みで、釘を1本も使用していません。1階部分に写真1枚目の絶景野外レストラン、

 
e0084001_18443994.jpg


 2階&3階部分も室内に大きな開放的なレストラン、
タワー中心部のこの可愛い階段をずんずん上がっていくと、
最後は下の写真の絶景景色。先に見えるのが、リゾートの専用ボートで45分で
到着するシュノーケル・ダイビングスポットのムンジャンガン島です。

  今回、こちらのリゾートを選んだのは、2年ほど前に新しくビーチヴィラに
滞在したかったのと、一つのリゾートでジャングル&ビーチ乗馬が楽しめ、
なおかつシュノーケル&ダイビング、これまたカヤックまでも出来ちゃう事!

 私達夫婦の趣味が全て揃った上で、独立ヴィラもあり、リラックス出来る夢のようなリゾート。
ビーチヴィラなのに大きなバスタブがあった事と、WIFIフリーも選んだポイントでした。
お部屋の前はまさしくビーチで、専用のチェアーやガセボ(東屋)も。

 大人なリゾートの雰囲気も保ちつつ、子供がいてもでも充分楽しめる構成。
欧米のお子さん連れファミリーが多かったのも納得です。
敷地内は、サファリパークのような2階建てのバスが常に巡回。
バリでも絶滅危惧種が見れるバードウォッチングやサイクリングも。

 ヴィラやアトラクション・お食事の様子もまたご報告します^^

 日本語サイト:http://www.themenjangan.jp/

  接客が素晴らしいマネージャー ゲルゲルさんは日本語もお上手、
支配人はドイツ語圏スイス人のナイスガイ!リコさん。

人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 
[PR]
by aoyadom | 2013-01-28 18:44 | お出かけ
 茨城に陸と川、両方楽しめて、きちんと教えてくれるこんな場所があったなんて。
茨城で生まれ育ったのに、今更ながら最近知って、何気に感動しつつ、
思いっきり楽しませて貰っている場所。

  
e0084001_18584090.jpg


 子供から大人まで、障害者も健常者も皆一緒にアクティブに楽しめる素晴らしい環境です。

 河川敷の清清しく美しい景色。乗馬レッスンを受け、河川敷を外乗も良いし、水上からカヌーで河川敷を眺めるもまた違った風景を満喫できます^^

  
e0084001_18594689.jpg


 乗馬とカヤックの2つを小貝川で楽しめてしまう、関東近辺でこれだけ自然と向きあえる場所はありません。

 10月13日には大きなイベントも!是非皆さん一度お散歩がてら訪ねてみては?^^
  
  http://kokaigawa.com/

  人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
 

  
[PR]
by aoyadom | 2012-10-11 19:00 | お出かけ

蛍狩り@船山温泉

e0084001_9274039.jpg


 この時期の船山温泉は、蛍が見ごろなので、去年感動してから、1年に一回は来たいねと
今年も来る事が出来ました。

  初めて訪れた時のレポート http://mitzi.exblog.jp/4977988/

 我が家から車で移動すると、飛行機移動だったらバンコクに到着するのではないかと思うほど
遠方なのですが、宿にうるさいドイツ人相方の中で、ベストな温泉旅館の様です。

e0084001_9274036.jpg


 お庭が綺麗なのはもちろん、素敵な入り口から宿に入ると、音と言う音が川のせせらぎ以外、
一切ないように静かです。それは、7名様以上のグループと小学生以下のお客様は取らない、
カラオケもコンパニオンも一切なし、チェックインは13時からチェックアウトは午前11時、
お布団も夕食後からチェックアウトまで引きっぱなしです。

 大人がただただ、ゆっくりするためのさりげない気遣いに満ちた素敵な宿。
お風呂も内鍵式の貸しきり露天風呂が2つ、露天風呂付きの大浴場が2つで、
全てのお風呂に、必要であるもの全てが揃っているので、浴衣だけ着て手ぶらで
お部屋から出れます。

e0084001_9274094.jpg


 夕食・朝食とも専用の個室で庭を眺めながら。
岩魚の薄造りは忍野八海の湧き水で育った岩魚で全く臭みがなく
庭先の沢で育ててられているクレソンが敷き詰められていて、
それが本当に美味。

e0084001_9274096.jpg


 朝食は、ビュッフェで2種類のお粥(蕎麦粥と抹茶粥)と白米、クロワッサンとゴマパンが取り放題。
その他の食べきれないほどのおかずは、夕食と同じ個室で。
ドイツ人相方が蓋を開けているのは、作りたてのお豆腐。大変美味!

 この写真が宿の沢に育つ、大好きな自家製クレソン。ここに蛍もたくさん現れます。
幻想的な蛍が、沢へ山側へ大きく夜空を乱舞していました。

e0084001_9274071.jpg


 今年は我が家付近でも見られるといいな^^

 そして、船山温泉さん、クレソンはしゃぶしゃぶでお肉と一緒に食べると美味しいのですよ~。
次回は是非是非!


   人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2012-06-12 09:27 | お出かけ

石垣島で裸馬に乗る!笑

 うちのドイツ人の相方は、飛行機や電車の隣席運が非常に悪いです。
泣き叫ぶ子供は日常茶飯事、これは致し方ないことだとしても、今日は強烈でした。

 今回の帰り石垣~那覇では、相方の隣に座ったカップルの女性の方が、
何と着陸直前になって彼氏の鼻毛を鼻毛切りバサミで切り始めました・・・。
私と主人は、お互い通路を挟んで通路席同士。私も目撃。
楽しそうに切る彼女、心地よさ気に切って貰う彼氏。

 隣に人がいるのに出来ちゃうその無神経さに降参。
衛生的に気持ちが悪いのと同時に、(切られた鼻毛はどこに消えたのか??)
機内に鼻毛切りは持ち込めるのでしょうか??
非常に疑問が残ります。
(私は眉毛切りを没収されかけた事があります。決して鼻毛切りではありません。
それとも彼女は自分の眉毛切りで彼氏の鼻毛を切ってあげたのかな。)

 そして、小倉智明の朝の番組でナレーションの女性が、よく「いばらぎ」と言います。
「いばら」です。
「ぎ」ではありません。
そして、先日は、「浅草寺・せんそうじ」を「あさくさでら」とナレーションしました。
そろそろいい加減にして欲しいです。

 そんな事はどうでもいいとして。忘れる事にしましょう。まだGWも始まったばかりだし!

e0084001_17382263.jpg


 今回の石垣。引き潮での名蔵湾乗馬が大きな目的でしたが、
相方の膝の調子がイマイチで、速足もちょこっとだけだったし、
何だか乗り足りない感が残りました。ドライブがてら、たまたま見つけた看板に電話すると、
民宿の親切なおじさんが、「明日午後適当にくればいいさ~」と。
石垣島北部の民宿船越荘にある看板。こちらの庭先で飼っているハッピーちゃん。

 行って見たら、あなたは何だか乗れそうだから、
(乗馬ズボンを着ていったから、格好だけで多分そう思われた・・・)
鞍はいらないよ〜、勝手に乗って走らせて来て〜 何ていうのです。笑
裸馬で乗れって事だよね、おじさん・・・。

 そう言われてもですね、私、まだまだ初心者の域を抜け出していません。
おじさん、浜までは連れてって。でも、鞍ナシってどうやって乗るの?あぶみもないの?
(足をかけるところ) 手綱はあるんだよね?ありました、これは、前回と同じ沖縄の木製馬具使用。


e0084001_17382221.jpg


 このハッピーちゃん(メス12歳)、隣にいるご主人が、お父様から引き継いだ馬だそうですが、
鞍は、今でも残る、沖縄独特の木の鞍しかないんだって。
なので、返ってバランス取るのが難しくなって乗りずらいから、このままの方が良いというのです。

 ハッピーちゃん、かなり小柄で、恐らく体重60キロ台の方までが馬の事を考えたら
ギリギリだと思う。ロバと余り変わらないくらい細くて小柄。

 性格もめちゃくちゃ言う事を聞いておとなしいので、
普段は子供中心に引き馬か、初心者の引き馬をおじさんがビーチでしているそう。
私みたいな、下手だけど、ちょっと経験者で乗馬が
したいんです!なんて張り切った内地人は初めてだったみたいで、
大人しいから、自由に勝手に乗ってきてって。なので、特に指導とかはしてくれません。

 いや~、でも何もないのは、馬も人も汗はかくし、
お互い汚れるから、大きなタオルを借りて、キルティング代わりに
背中に敷いて、タオルの上に跨って乗ってきましたよ~^^ 
うちのドイツ人相方もそれでも乗っている私にビックリ爆笑。
(ドイツ人はその後、トライアスロン選手と間違えられたりしつつ、ロードバイクで消える・・・)

 おじさんは、勝手に乗って行った私に感心しきり。「乗れる人は違うね~!じゃ~ね~!」だって。
乗れね~っちゅーの。笑 

 「いや、駆け足とかまだきちんとできないし、ただJ◎Aで鍛えられたので、手入れや寝藁をあげるとか、
世話だけはちゃんと出来ます!そこそこ乗ったら戻りますね!
でも戻らなかったらおじさん様子見に来てね!」と必死にアピール。

 アピールしている途中でおじさんは消え、梅雨の合間のむっしとした暑さの中20分位かな、
海岸散歩。途中、リード無しのこちらを見つつ興奮していた犬を見かけたので、残念ながら退散。
無理は禁物。

 散歩途中で帽子が風で飛ばされ、一旦馬から下りて、帽子を拾い、あぶみもステップも何もなしで
ハッピーちゃんに再度またがるというハプニングもありましたが、彼女が大人しい、本当に
いい子ちゃんだったので、何とかクリアー。

 ちょっと怖かったけど、とっても良い経験になりました。
本当に1500円ぽっきりで余りにも安かったし、いい子にしてくれたので、
ブラシ・雑巾を借りて、おじさんが驚くくらい、ハッピーちゃんをきちんと綺麗にお手入れしてから
帰って来ました。

 今度はもっときちんと乗れるようになって、ニンジン持参で^^
ハッピーちゃんに再会しようと誓った通訳M。

 ここも、波ん馬さんと同じで、はみ(金属製の馬の口に入れる馬具)を噛ませない、鼻の上に
木の馬具が当たっているだけで手綱と直結していて、やはり馬はのんびりしていて、
ストレスが少ないように感じました。

 これでまた一つ石垣での楽しみが増えました!
おじさん、おばさん、船越荘の方々、ありがとね。いつでも世話だけでも参上します!

  人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2012-05-01 17:38 | お出かけ
e0084001_10224573.jpg

e0084001_10224616.jpg

昨晩、いつものANA成田ー那覇で一人那覇入り。いつものグランビュー那覇にチェックインし、
電話してあったホテル裏の、ちょうどよい。さんへ♪

一人ご飯もここのカウンターなら平気!とても居心地の良い空間に、
1つ1つの丁寧な仕込みが分かるお料理。
大根サラダを食べたら、包丁の入りかたから、手作りドレッシングで、
お店の凄さが直ぐ分かります。
でも、お値段は500円代中心で、本当に心配になる位CP抜群!


写真はゴーヤとミミガーを薄くスライスして湯がいたのにシークワーサー自家製ポン酢和え。
もう1つはコラーゲン祭り♪のソーキのトマトソース煮。


那覇空港からユイレールで1駅赤嶺駅から徒歩五分、小録ちょうどよい。お勧めです!

これから那覇より石垣へ。
今回は石垣でマングローブカヌーと、海岸乗馬で暴れん坊将軍、
そして小浜でリニューアルした星野リゾートへ。


皆さんにとっても充実のGWになりますように!


人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
by aoyadom | 2012-04-26 10:22 | お出かけ
  東京モーターショウのとあるドイツブースの施工通訳の仕事を終え、
その足で、そのままソウルへ。下記の記事でも紹介した友人の文学賞受賞PARTYに
出席するためです。

e0084001_91347.jpg


 到着して早々、カルビ専門店へ。立ち食いで、ご飯もなく、ホ~ントカルビ一本勝負な
お店なんだけど、昼夜問わず行列で、つまみの獅子唐が付いたカルビセットが
一人前約1000円(2人前から)。新村のラブホテル街入り口と言うディープな街並みにあるけれど、
目の前は警察だし、夜中でも大丈夫。ジューシーでとっても美味しかった。
(ちなみに写真手前に載っているお肉は2人前。非常に分厚くて、日本の3人前以上はある感じです)

e0084001_913315.jpg


 以前から韓国シャンプーは愛用していて、2泊と短い滞在でもどうしても買いたかったのが
シャンプー。新村のヒュンダイデパートに行ったら、呂シャンプーからメーカーの美青年が
立って、キャンペーンをしていたのです。しっかし、2年ぶりくらいの韓国かな。
美青年が増えたのには驚きだし、女子達もとってもお洒落で可愛かった。そして皆ほっそい!

 とにかく、この呂シャンプーですが、CAをしている友人も絶賛していて、頼まれていたのね。
これが、とにかく一押し、一番新しいシリーズでキャンペーン中だからと、紫&赤キャップを
勧められ。

 これは、育毛増進・地肌ケアを目的としたノンシリコンの漢方シャンプー。
紫シリーズには今までなかった専用のトリートメントも付いています。
赤キャップは、紫の中でも新しく、乾燥用。

 なので、仕上がりはしっとり、サラサラ。泡立ちも抜群です。スカプルケアを主目的としているので、
シャンプーもトリートメントも使用している最中は、メンソール的なスカッとした感触があります。
しかし、洗い流すとアラ不思議、サラサラなのです。そして、匂いも漢方臭くなく、至ってノーマル。

 シャンプーの色は紫、トリートメントは薄い灰色で、泥っぽい感じ。
キャンペーンで、シャンプー2本・トリートメント1本付いて、24000ウォン。
約1700円でした。持って帰ってくるのが液体だから、機内預けになるし、重いし
大変だけど、めっちゃお勧めです!

   人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!

 
[PR]
by aoyadom | 2011-12-05 09:13 | お出かけ

鮭カヌー@那珂川!

  念願の鮭カヌーに11月5日土曜日行って参りました^^

 北茨城は那珂川が、カヌーフリークのメッカだなんて、カヌー好きとしてはビックリで、
それも11月は産卵のために海から登ってきている鮭を見ながらの鮭カヌーが楽しめるという。

 たまたまネットで知って、ずっとこの日を楽しみにしてきました。

 3年前に地獄の西表正月カヌーを経験してから、
(4時間外洋も含むカヌー、2時間ジャングルトレッキング、帰りは船が欠航になるほどの
向かい風の暴風雨の中を泣きながら漕いだ・・・)それがトラウマとなり、
しばらくカヌーはお休みしていました・・・。
今回は川で、外洋に出るわけじゃないし、ゆっくり楽しめるだろうと。

 ちょっと白波が立っている所が少しスリルがあるくらいで、ゆっくり充分楽しめました。

 
e0084001_952398.jpg


利用したのは、STORMさん。常磐道水戸インターから約20分、那珂川沿いにある
カヌーツアー専門店です。
 http://storm.cx/

 写真にはないけれど、鮭が尾ひれを水面に出しながら、上流に登っていく姿や、
何匹ものメスが固まってうようよ円を描きつつ、産卵しているところなど、結構見れましたよお。

 ランチは、その朝採れたてのいくら丼を川辺で。あっさりのイクラで美味しかった。
イクラが苦手な人のために、焼肉丼も作ってくれました。

  インストラクターの男性・山本さんもとっても料理上手で良い方だし、川カヌーに味をしめて、
勝手にカヌー部を結成、そして再訪予定!
とりあえず、11月の大きい仕事とソウル訪問をこなして、次のカヌー部は更に長いルートで
泊りがけかな^^  近くには良い温泉やきれいで安い民宿も。STORMさんの隣は道の駅かつらで、
新鮮野菜もとても安かった。

 今回は10時に始まって、講習・練習・川辺でのランチなども含めて15時終了の
10キロコース。結構軽い感じがしたので、倍でも行けるかなと見込んでいます。

 人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!

 

 
[PR]
by aoyadom | 2011-11-10 09:58 | お出かけ