1に体調、2に綿密な打ち合わせ、3に度胸!

  タイトル、そのまま実感した
昨日のお仕事。

 私の職業はフリーランスのドイツ語通訳者であります・・・。
もちろんそれを分かって、お客様も依頼されたのですが、
会議の冒頭で、私の直接のお客様ではない
同席者の日本人の方が、
「英語でお願いします」

 頭の中、真っ白。も~っちろんドイツ語で全て準備して
頭はドイツ語で臨戦態勢、目の前、ドイツ人。

 お客様も、他の日本人の方々も、ドイツ人も
一瞬、あっちゃ~って顔していましたし、私に限っては
顔面蒼白どころではなかったはず。

 それでも何とか80分強の会議を乗り切ったのは、
担当者様との事前の対策会議兼綿密な打ち合わせ。
ドイツ人がどう出てくるかを予想しながら、資料と照らし合わせて
みっちり打ち合わせしたので、英語でも何とかなったのでしょう。(きっと・・・)

 次の他社との会議は英語の通訳さんが入っていたのにも
関わらず、打ち合わせがうまくいってなかったようで、
スムーズに進まなかったと聞きました。

 スキルや語学力も大切ですが
臨機応変に対応出来る度胸と、綿密な打ち合わせ、そして過度の緊張の
中でも急に正露丸が必要になったりしないと言う
体調管理。この3か条、私の仕事をする上での信条でございます。
そして昨日、しつこいようですが、ほ~んとに実感いたしました。

 いよいよ、来週からまたドイツ出張。
いつもコメントを下さるbusukeさんもはまっている?!
新ワインFEDERWEISSER。また飲めるかと思うと
楽しみ^^ 今頃はきっと赤バージョンも出ているでしょう。
赤の方が出回るのが通常2~3週間遅いです。

 この写真の新ワインは、先週帰国したの宝石関係のドイツ出張にて
イーダー・オーバーシュタインの目抜き通りのオープンカフェで
とてもフレッシュなものを頂きました。一杯、3ユーロ弱だったかな。(450円位)
飲み終えると、どろっとした濁りがグラスの底に残るほど
どぶろくっぽい感じ。そして発酵途中なので、微炭酸、マスカットの香りが素晴らしい。
ほ~んと飲みやすいので、(ワインと炭酸とヤクルトとマスカットジュースを割った感じ)
気をつけないと悪酔いします・・・。

 イーダーの中心街は山に囲まれた谷になっていて、山の斜面に彫られた
洞窟修道院も有名だし、イーダー名物の炭焼きステーキも
超美味だし(原石輸出入の関係で何千年も前にブラジルから伝わった
と言われているシェラスコみたいなステーキ料理)宝石博物館も充実です。
そしてレストランなどで食べる料金が都市部より断然安い!美味しい!
(ステーキ450グラムでサラダ、ポテト付きで約16ユーロ・2400円だった)

 イーダーの各家庭には、このステーキ料理(シュピースブラーテンと言います)
の専用の薪オーブンが庭か室内に必ずあるんだから、ビックリします。
私が懇意にしている宝石彫刻家の一家は、庭とリビング両方にあって
いつも美味しいステーキをご馳走してくれます。

 ホント、日本のガイドブックには載っていない、隠れたドイツの名所です^^


 人気blogランキングへ
気が向いたら↑をぽちっと押して下さい^^

 

 
e0084001_1246633.jpg
e0084001_12462276.jpg
[PR]
Commented by Y at 2006-10-13 18:09 x
いや~すごいですね~。英語でやったとは。尊敬します。さてさて、もうひとつ尊敬するのは、450グラムのステーキを食べたこと。通訳は、胃袋も強くないといけないのね。来週待ってます。
Commented by pino-white at 2006-10-13 18:21
かっこいいですね~***
aoyadomさんってやっぱり仕事のできる大人の女性って感じ!
この写真・・・aoyadomさん、モデルみたいじゃないですか~♪

そして、イーダーというのは・・
ドイツのどのへんにあるんでしょうか・・(すみません無知で><)
来週はドイツでその新しいワイン堪能してくださいね~^^
Commented by aoyadom at 2006-10-13 18:53
Yちゃん>いやいや、「MITZIさんはよく食べ良く飲みますね~。」
と感心されるさすがの私でもこのステーキは三分の一残してしまいましたよ・・・。でも、本当にジューシーで美味しいの!
来週、どこでご飯しよっか~?!^^
Commented by aoyadom at 2006-10-13 18:56
PINOさん>職業柄(黒子的な役割なので)
黒が多いので、そう言う風に一瞬見えたのかな。
絶対目の錯覚です、モデルさんに失礼です・・・。恥
イーダーはフランクフルトの南西、もう
フランスのアルザス地方に近いです。
しかし、フランクフルトの中央駅から直通電車で1時間半くらい。
素敵な所ですよ^^
Commented by busuke at 2006-10-13 19:50 x
うわぁー、本場のはこんなににごりが入ってるんですね。
私の飲んだテンゲルマン1,99ユーロのはそれに比べたら全然あまちゃんでした。
それにしても、英語での通訳も出来ちゃうなんて。。。す、すごい。
本当に事前の打ち合わせ、綿密な下準備、日ごろからの体調管理があっての本番ですね。
Commented by Sette at 2006-10-13 23:16 x
お久しぶりです!お忙しそうですね~!言葉が変わってしまっての通訳、お疲れ様でした!そういうことって良くあるんですか?そのお1人のために英語になっちゃったんですか?
Federweisser試してきました。美味しかったです。来年も飲むぞ~!(笑)
そしてまたドイツに出張なさるんですね!お気をつけて行ってらっしゃいませ♪
Commented by mikisuke-th at 2006-10-14 02:43
通訳の方がしっかりご準備なさっているのに、突然そんなことを言うなんて!でも、それに対応できちゃうスキル&心身の強さ、さすがです。
ドイツのワイン用グラス、懐かしい!ミュンヘンの市場で、よく蜂蜜ワインを飲んだのを思い出します。濁りワインもおいしそう!
Commented by augendeskuekens at 2006-10-14 10:40
mitziさん、やっぱりすごいお仕事されてますね!私もこちらにいるので言語の壁の大きさは物凄く感じています。難しいことばかりです。しかもこうゆう交渉ごとや会議ではどうしても言語の強い人のテンポ・気迫に負けて悔しい思いをすることが・・恥。
そうそう、私なら緊張に弱いので正露丸必要になりそう!試験勉強でも胃腸がやられるくらいで情けない・・。
来週からまたの御出張頑張ってください♪私は今日岩瀬さんに行ってきま~す!(昨日試験が終わって次の試験に向けての気分転換♪)
Commented at 2006-10-14 11:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by のび太 at 2006-10-14 12:49 x
お疲れ様です。
英語、ドイツ語、想像できます。頑張る姿嬉しく思いますよ。
お身体大切に!
Commented by aoyadom at 2006-10-14 19:11
busukeさん>スーパーで売っているのは、やはり輸送の関係とかで若干鮮度が落ちるのかな。それとも透明な感じの種類が
ぶどうによりけりであるのか。飲み比べしてみたいな。
英語の通訳はね、かなりしんどかったよ・・・。ドイツ語で言いたい
もどかしさ、一杯で本当に辛かった。
Commented by aoyadom at 2006-10-14 19:14
Setteさん>ドイツから戻られたのですね、お帰りなさい!!
美味しかったでしょう~、新ワイン。本当に季節物の、贅沢品です。
この時期と、白アスパラの時期、クリスマスのがちょうの丸焼きが
私は大好き。
英語の通訳は、その人一人のためって訳でもなく、
結局英語わかる人が多かったから、その方が良かったんだけど、
ドイツ語の通訳として行って、本格的な会議通訳を英語で
急遽させられたのは、2回目・・・。(10年前に一度)
何とか切り抜けたのは奇跡に近いような・・・。
Commented by aoyadom at 2006-10-14 19:16
mikisukeさん>あ、このグラス、お土産リストに入ってたっけ?笑
私も今度買って来ようかなと思っているんです。
主人は趣味じゃないって避けてるんだけど、やっぱりいいんじゃないかと^^蜂蜜ワインってシャトーカミヤ(茨城県・牛久市)で飲めるんだけど、ミュンヘンのはどんなん??
Commented by aoyadom at 2006-10-14 19:19
augenさん>今頃、FRA.岩瀬かしら?!いいな~~!!
今度は岩瀬風お好み焼きと豚の角煮食べてみてね。
ホント美味しいよ。岩瀬さんは、試験勉強の合間にはもってこいの
憩いの場所だと思います^^
私も出張中の憩いの場所だもん。一人でも行くし。
sugenさんが言うように、通訳者って、テンポ崩しちゃうと
厳しいかも。気力・度胸・テンション・テンポは一定に
持って行くのがコツかもしれません。
Commented by aoyadom at 2006-10-14 19:22
鍵コメさん>ドイツの鉄道は、時間帯が遅くなければ
女性一人でも荷物があっても大丈夫ですよ。
昔と違って、荷物を手伝ってくれる紳士的な男性は
減りましたが、自分から乗り込む時に手伝ってくれませんか?
と言えば、大抵は笑顔で手伝ってくれますし、
もし不安だったら、一等車のドイツユーレイルパスを買って
一等に乗ると良いでしょう。そうすれば、予約しなくても大抵
座れるし、特急も全て乗り放題、
変な人も脇に乗って来ないし、いちいちチケットを
買わなくて済むから、初心者には特にお勧めです^^
Commented by aoyadom at 2006-10-14 19:24
のび太さん>英語が出来る人には恥ずかしくて
聞かせられないくらいの現場だったように思い返されます・・・。
この幸運、いつまで続くか、お客様をとにかく大事に、
一つ一つ慎重にこなしていくだけかなと思います。
Commented by elfarran_in at 2006-10-15 00:10
あぁぁぁ飲みたい~~!!もう写真を見ているだけでメマイが
しそうです(@◇@) イーダですねφ(..)メモメモ←また(笑)
Commented by MOMO at 2006-10-15 03:54 x
MOMOも一に体調、ニに胃袋、三も胃袋でMitziさんをお待ちしております。敗者復活戦だわ~!!!
あ・・・MOMO、450gのステーキ、南アフリカで全部食べた!!!ライオンだからね・・・
風邪で遠出ができないので、今年はまだNeuerWeinもZwiebelkuchenも食べていないんです。バイクツーリングがてら、Pfalzで飲み食いしたいMOMOですから。
早くしないと、ちゃんとしたワインになっちゃうよね。
Commented by aoyadom at 2006-10-15 10:31
MOMOさん>MOMOさんはとにかく
体調整えて、次の食事に万全で
来てくださいね!どこかワイン居酒屋かカフェで
新ワイン一杯引っ掛けてから食事に行きましょうか^^
Commented by aoyadom at 2006-10-15 11:49
elfrranさん>本当はラインかモーゼルの川沿いのワイン町に行かれると、本当に樽から酌みたてのフレッシュな新ワインが飲めます!私のお薦めは、BERNSKASTEL KUES と言うモーゼル川沿いの町。ワイン農家・居酒屋だらけの古い素敵な町ですよ。
Commented at 2006-10-16 08:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lychees at 2006-10-16 22:45 x
ワインと炭酸とヤクルトとマスカットジュースを割った感じ・・
すごくそそられます!ワインの味はよくわからないけれど、なんだかこれなら私もいけそうな気がする!
Commented by aoyadom at 2006-10-17 09:13
鍵コメさん>一等に乗っていれば深夜でも
そんなに怖がることはないと思いますよ。
ドイツだけ回るのでしたら、ジャーマンレイルパス
の1等の期間限定でばっちり。
楽しみながら計画立ててください^^
Commented by aoyadom at 2006-10-17 09:15
lycheesさん>ちょっとワインはよく分からないし、
苦手・・・、でもアルコールは嫌いじゃないんだけど・・・
と言う方!、これは飲めると思いますよ^^
現地ドイツでしか飲めないのが残念なんですが、
山梨で11月に出るらしいので、報告いたします!
Commented by nong0506 at 2006-10-17 12:31
突然の危機を乗り越えたaoyadomさんを尊敬!
にしても、イーダー・オーバーシュタインは気になります。
写真の女性もね(笑)
Commented by aoyadom at 2006-10-28 11:02
nongさん>今回の旅行同行も
イーダーに行って来たのですが、
お天気に恵まれたし、充実でした^^
写真の女性は相変わらずまた肉&ワインを堪能してきました。笑
by aoyadom | 2006-10-13 12:20 | 仕事 | Comments(26)

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by Mitzi
プロフィールを見る