こんな感じの壁掛けオブジェ

e0084001_2058265.jpg


先日、主人と個室ダイニングへ行った時に
壁に掛けられていたオブジェ。ガラスの中に和紙、
そのガラスの上に黒い鉄製のオブジェ、
その真ん中に流木がうまく合わさっている。
私のツボ、モダンジャパニーズ、
ど真ん中って感じで、とても素敵だったのです。

 んー、どなたか似たような感じでも良いので、
購入出来るお店を御存じでしたら、教えて下さい!
[PR]
トラックバックURL : http://mitzi.exblog.jp/tb/3542972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by augendeskuekens at 2006-05-31 23:42
う~似たようなの、分かりません。でも素敵でmitziさんのおうちにもとても似合いそうです!とても高そうですが・・。
個室ダイニング、なんだかロマンチックですね。和食ですか?いいなーーと日本食シックがますます進行している私です。(;´д`)
Commented by のび太 at 2006-06-01 06:00 x
おしゃれですね。でも残念ながら店がわかりません、、、。どこにあるのでしょうか?
Commented by aoyadom at 2006-06-01 22:11
augenさん>このダイニングは和食です^^
さてはIWASEさんでAUGENさん火がついたな~!笑
このオブジェ、鉄、使っている所が、
ちょっと高そうですよね・・・。
何となく、リビングに合うかな~と
思って、今日も一日
買っても居ないのに
掛ける場所を考えていたアホなワタクシでした。
Commented by aoyadom at 2006-06-01 22:13
のび太さん>雰囲気・サービスはとても良いのですが、
お料理は至って普通です。
チェーン展開しているので、お近くにあるかも。
忍宴と言う和風個室ダイニングのお店です。
奥様は雰囲気的に喜ばれるかも!
Commented by haruurara-net at 2006-06-01 23:28
素敵なオブジェですね。。
きっと、aoyadomさんのお家にピタッとはまるのでは?
以前、宮本亜門さんの沖縄の御自宅を拝見したときに
大きな流木?オブジェがリビングにあったのですが
大きいものなのに、そのお家にものすごくはまっていました。
Commented by jukali_k at 2006-06-02 07:28
私も、どこで手に入るのかは見当もつきませんが・・・
それにしても、掛ける場所を一日考えていたというaoyadomさん、なんかお茶目でかわいい(失礼!)ですね〜
Commented by aoyadom at 2006-06-02 09:54
haruuraraさん>宮本亜門さんのご自宅、拝見なさったのですか?!いいな~!!TVで彼、よく紹介しているので、素敵だなあ~、どの辺なんだろう?本部かな~?とかいろいろ想像していました。ちょっと、私、どうやら、流木にとりつかれているみたい。
Commented by aoyadom at 2006-06-02 09:57
jukaliさん>鉄のオブジェを作っている方にも聞いたのですが、
ちょっと彼の方向性と違うみたいで駄目でした。
お店に行って聞いてくるしかないかな。
全く同じのって、何か技がないですよね・・・。苦笑
一つ事、気になると、それしか見えなくなっちゃう所が
あって、ん~、ちょっと子供みたいでお恥ずかしいです・・・。
Commented by mikisuke-de at 2006-06-02 15:37
すごいステキなオブジェ!もちろん【どこで買えるか】なんて見当もつきません。こういうのって一点ものでしょうから、高いんだろうなあーーーー、と、無粋なことばかり考えてしまいます。
Commented by aoyadom at 2006-06-03 00:51
mikisukeさん>私も値段や購入店を
お店に聞きに行きたいのですが、怖くて
なかなか行けないうちに高知に来てしまいました。
オブジェの事は忘れてしまいそうな位、
高知はお魚が美味しい!!
Commented by nong0506 at 2006-06-08 22:16
このオブジェ、まじカッコいい!
これがツボのaoyadomさんもカッコいい!
Commented by aoyadom at 2006-06-13 10:57
nongさん>nongさんもこのオブジェ
好きそうですよね^^
是非、こういう感じで
見かけたら情報お寄せ下さいませ!
by aoyadom | 2006-05-31 20:58 | 好きなもの | Trackback | Comments(12)

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by Mitzi
プロフィールを見る