ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by aoyadom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

思わず涙してしまった通訳・・・。

  通訳と言う仕事は、基本的に訳される方の
気持ちに入り込むことなく、言葉に忠実に訳す事が
大切だと常日頃思って仕事しています。
それは、どちらかの側の立場に流されて通訳してしまうと
必ずトラブルになったり、訳が偏って
感情的になってしまったりするからです。

 そうは思っていても一度だけ、通訳中に
お客様の方の気持ちに流されて泣いてしまった事がありました・・・。恥

 それは、日本にて、お客様である日本人女性が、
「実家にドイツ人のパートナーが両親に挨拶に来るので
食事の席に同席して通訳して欲しい」と言う依頼。

 2人は彼が仕事で来日中に偶然浅草で知り合い
遠距離恋愛を続けてきました。その間に彼が再来日したり
彼女がドイツに彼を訪ねたりがありましたが、この度
彼女がドイツの彼の元に仕事を辞めて引っ越すことに。

 そこで彼が彼女の両親に
その承諾と将来結婚するつもりである事を
彼女のご両親に直接、お話に来たのです。

 彼女は元々友達で会ったと言う訳では
なく、お客様としてお仕事を受注しましたが、
事情が事情なだけに、前もって二人が知り合ったきっかけ
などをお伺いしました。

 そして彼女の実家でご両親・ご本人達、
彼女のお兄さんご家族が集まり、
まず彼から自己紹介と、自分が彼女のことを
思う深い気持ち、是非それを理解して
彼女がドイツに来ることを了解して欲しいと
話がありました。

 彼の脇には、彼の以前のパートナーの10代の
娘さんもドイツから一緒に来日して
同席していました。

 彼の話の途中で突然その娘さんが
おいおいと泣き出してしまったのです。

 「え、反対なの??どうしちゃったの??」
と焦る私に娘さんが、「ちょっと外に出て来る」
と言って外に。

 少し時間が経って様子を見てくると
小さい手紙に何かが書かれています。
それを日本人の私のお客様に渡して欲しいと。
それから私はお父さんがやっと自分の大好きな人に
巡り合って一緒になってくれることが
本当に嬉しくて感動して泣いているから
心配しないでくれと皆に伝えてくれと言っています。

 手紙にも「不安に思うことがたくさんあるかも
しれないけど、心配せず、私達家族の一員になって。
私は、お父さんがこんなにも心から愛している
貴方と言う女性に会えてとても幸せだと分かるし、
本当に良かったと思っているの。お父さんが愛している人は
私も同じように愛せる。」

 と言う様な事が書いてありました。私は思わずその手紙を
見て涙、涙。席に戻ってきた彼女はまだ泣き止まず、
また私も貰い泣き。
後にも先にも仕事中泣いてしまったのは私もこの時だけです。

 現在、ご家族は日本人の私のお客様を新しい家族に迎えて
ドイツで一緒に暮らしています。
今でもその方とは連絡を取ったりしていますが、
本当に忘れられないお仕事となりました。

 もちろん、日本のご両親は彼の真剣な
お気持ちと彼女の一途な思いに打たれ、
理解してくれて今は応援してくれているそうです^^

 そんな事を思い出しながら、お風呂に入った
本日でした。

 写真は愛用の入浴剤!
ぴか一はクナイプの風邪用ユーカリと
WELEDAのBABY用
クリームバス!
端のニベアは液体は魅力的だけと(蜂蜜とミルク)
効果はイマイチでした・・・。

e0084001_2216433.jpg


人気blogランキングへ
気が向いたらぽちっと押して下さい^^
[PR]
by aoyadom | 2006-04-12 22:04 | 仕事