ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by aoyadom
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

展示会通訳のテクニック指導♪

前記事にある私の代役である後輩通訳が、とても緊張していたので、
お客様を交えて、Facebookで三人のグループメッセージボードを作りました。

私とお客様は長年に渡るお付き合いなので、冗談を交えながらの自己紹介やチャットとなり、
顔合わせの前にメッセージボードでのやり取りは会う前から、少し距離が縮まって
、特に人を紹介する時などは良いですよね。

彼女は展示会での商談通訳はデビューでしたので
商談目的で新規の会社ブースにお客様と入った時の切り出し方などを指導しました。

1.お客様の肩書きを事前にきちんと確認し、会社名と肩書き、
どういう目的でブースに来て、どんな担当者と話したいかを
お客様に名刺を用意して頂きながら、通訳から最初に切り出す。

ちょっとした事なのですが、とてもスムーズに商談がスタート出来ます。

2. 海外と既にお取引がある会社であってお客様の方で差し支えなければ、
他社との取引実績などもサラリとアピールして、冷やかしじゃない商談であることを
分からせる。

ここまでをお客様と事前打ち合わせして、言って良い範囲を確認し、
順序立てて置くと、ブースに入って本格的に商談が始まるに
当たって流れも出来て、またかなりの時間短縮になります。

通訳者はあくまでも黒子ですから、自分はこちらの~社~氏の通訳で、
と言う紹介の切り出しで、求めなけられれば、通訳者が自分から
自分の名刺を渡すことはまずありません。

上記の流れで行く事が私は殆どですが、
通訳みなさん、それぞれ独自のやり方があると思いますので、
これはあくまで私の場合です。

あとは、どんな業種でも、とにかく経験を重ねるのみですよね♪
私も、これからも色々な現場で様々な方とお会いするのが楽しみです。
[PR]
by aoyadom | 2013-10-20 10:53 | 仕事