日本の骨董~長崎から

e0084001_1852971.jpg


  先日、骨董好きのお客様から「Mさんが好きそうだから、良かったら貰って。お世話になったし。」
とプレゼントされたのが、写真の手ふきのアンティークワイングラスと漆のお盆。

 銀座のミキモトカフェで待ち合わせをして頂戴してきたのだが、携帯写真で拝見していたより、
本当に私好みの古加減と、渋い色。

 漆のお盆は傷は付いているから、お嫌だったらと仰られたが、私はそのくらいの方が
味があるし、普段気軽に使えて嬉しい。

 グラスも手ふきだから、それぞれに味わいがあって、微妙に厚さや高さが違うのです。
ワイングラスの土台の色も濃い茶にほんのり赤が入っているような。

 ヨーロッパだけでなく、日本の骨董市にも一人で3~4日じっくりと市を周るお客様。
このグラスとお盆は長崎で買い求められた物だと仰るが、今月もまた長崎骨董の旅に出られる。

 長崎という場所柄、こう言う素敵な日本製ワイングラスが骨董で出るんだろうな。

 どんな時代にどんな方が使っていたのかな~と想いを馳せながら、
使うのが今から楽しみです。
e0084001_1854129.jpg


<人気blogランキングへ
是非↑をぽちっと押して下さい^^
Dankeです!
[PR]
トラックバックURL : http://mitzi.exblog.jp/tb/13602135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ueno-panda at 2010-11-10 14:27
ほんとうに素敵なワイングラスですね。
“ギアマン”て云うのかな・・・?
いつの時代のものでしょうか・・・?
漆のお盆は、脚付きですか?
私もほしい・・・
Commented by at 2010-11-10 16:18 x
アンティークのグラス、素敵ですね。
これもMitziさんの日ごろの行いの賜物ですね。

どこのものなんでしょうね?幕末~明治期に外国から来たものなのか、長崎の職人さんの手になる切子なのでしょうか。

秋の夜長にワイン傾けて愉しんでください☆
Commented by Sette at 2010-11-10 20:23 x
素敵ですね~。ひとつひとつ違うのもまた良いですね。テーブルに付く部分には色が付いていて素敵。ご使用時の写真アップが楽しみです♪
Commented by みねぎー at 2010-11-15 16:48 x
 素敵なワイングラスですね。九州では薩摩切子もありますし、綺麗なガラスが何かしらの形で受け継がれているのですね。大阪では、失われつつガラス工芸の技術を絶やしてはならないと『天満切子』というガラス細工が生まれました。薩摩切子、江戸切子に並ぶような職人技になってほしいと思います。
 にしても、飲み物の味を引き立ててくれそうでうらやましい…日本酒でもOKなのでは?
Commented by さとむ。 at 2010-11-16 09:14 x
こないだちょろっと手にとらせてもらいました。
足の部分が黒くてハイカラでしたね。
あたしは、ぶどうジュース(100%)がいいなあ。
Commented by aoyadom at 2010-11-21 17:26
ueno-pandaさん>私も、もうちょっと頂いたお客様に詳細を聞いたり、資料を見たりして、このグラスの歴史を紐解いてみたいなと思っています^^ お盆は脚付きではないのです。
最近、ドイツでも日本の新潟産「桐箪笥」などを見かけます。
DUSの一点もの専門店などで扱っているようですが、ドイツのショーウィンドーでもしっくりくるし、道行く人々が足を止めて見入っているのに、なんだか私が誇らしげになっているのです。笑
明日からしばらくまたドイツ出張に行ってきます^^
Commented by aoyadom at 2010-11-21 17:28
さ・さん>多分作りを見ても職人さんによる手ふき。厚さや高さがそれぞれ違ったりしていい味出ているんです。
もうちょっと勉強してユックリ調べてみようと思っています。
クリスマス前には帰国するから、これでクリスマスの赤ワインを
ユックリ開けたいな。
Commented by aoyadom at 2010-11-21 17:29
Setteさん>そうなんです、私もテーブルの所に付いている
部分の色がとっても気に入ったのです^^ 深い赤茶色って感じかな。勿体無い病で使わないのはもっと勿体無い気がするので、
ドンドン使ってみようと思っています。
Commented by aoyadom at 2010-11-21 17:32
みねぎ~>仰るとおり、日本酒でも合うかもと私も思います。
シェリー酒を入れて食後を楽しんでも良さそうですよね。
いろいろ使ってみます~!
薩摩切子のアンティークはさすがお高いそう。でも、海外に流れているものもあるみたいで、掘り出し物は海外にあったりするみたいです。そう言うのがたまたま見つかった時って感慨深いですよね。
戦前に日本から送られてきた葉書をパリの蚤の市で見かけた時も、しばらく見入ってしまいました。
Commented by aoyadom at 2010-11-21 17:34
さとむ>貴方は今頃彼の地で、ぶどうジュースでも飲んでいるかな。そう、このグラス、ハイカラって言葉がぴったりでしょ^^
私もそう思うのです。
トルコでたくさん写真を撮って、ブログに報告してくださいね。
楽しみにしています^^
by aoyadom | 2010-11-09 18:11 | 好きなもの | Trackback | Comments(10)

ヨーロッパ&日本~時々石垣島^^を中心とした日独通訳者ライフ


by Mitzi
プロフィールを見る